高校1年生

10th GRADE

通信欄

オンライン授業~国語~

2020/06/11

 今日は国語の遠隔授業について紹介します。

 現代文は評論と小説の読解をメタモジを使って行っています。文章を読み、その要約を100字で書くという課題がメイン。読解する際の注意点が示されており、メモをとりながら読み進めていきます。それを参考に100字に収まるように大切な部分を残し、不要な部分を削除の繰り返し。要約をメタモジ上の指定された提出場所に提出すると教員が個別に添削し、修正点があれば指摘してもらえます。最初はうまく書けなかった生徒も、回数を重ねることによりうまく書くことができるようになっています。また、要約だけでなく模擬試験の問題も活用しています。漢字の書き取りや意味を問う問題、選択肢形式の内容一致問題や抜き出し問題など。さらに、少し難易度が高いとされる記述説明問題にもチャレンジしています。どのような思考方法で解答をつくっていけばいいのか教員が丁寧な解説をつくっています。参考にしながら取り組んでもらいたいです。

 古文は文章読解と古典文法、古文単語の内容を織り交ぜながら授業を展開しています。文章読解ではまず自力で読み設問を解けるかを確認。その後、個人の習熟度によって授業課題が選択できるようになっています。文章内容が把握でき設問が解ける人は、さらに詳しく文章を分析し、口語訳をしていきます。そうでない人は内容理解に必要なヒントが段階的に与えられていますので、順次ヒントを読みながら文章を読解。授業後は振り返りシートに自分の理解度や学習内容などを入力し、自己評価を行い送信します。文法内容はスタディサプリや教員の解説動画で学習します。また、古文単語の小テストも実施し、古文読解に必要な基本的な知識も並行しながら習得していきます。

 漢文はまず文章の読み方を学習しないといけません。スタディサプリを視聴し、練習問題を解きながら、読解に必要な知識や規則を学んでいます。

 国語は3つの分野があります。配信形式の授業ではありますが、思考力・判断力・表現力が習得できるように授業内容が工夫されています。