進路指導

CAREER

進路指導室より

志を育み、明確な目標と将来像を見い出す進路指導を行います。

進路指導の基本は「将来、どのような職業に就いて社会に貢献するか」を考えることです。生徒は各自の興味・関心に基づいて、自分の能力を最大限に発揮できる職業への就き方、そのために志望する学部や学科・大学を具体的に選択していきます。“将来の自分像”を見つめる早期からの多彩な取り組みは、同時に「自分で考え、探求する力」や「自分を表現し、伝達する力」「チームで成し遂げる力」などの「本物の学力」、やがては「社会人基礎力」として「生きる力」に変わっていく力をも身につけることにつながり、その成果は進学実績として具体的な形で表れています。

大学見学

キャリア講演会

大学見学や卒業生の経験談講話

中学の校外学習として難関大学を訪れ、在籍する卒業生から説明を受けます。モチベーションの向上に役立つほか、難関大学を身近に感じ、具体的な目標に設定することで夢の実現に近づけます。

合同進学ガイダンス・進路講演会の実施

高校では、保護者・生徒を対象に進路講演会を毎年実施し、段階的に進路選択の意識づけから目標実現までの実力養成を説明。さらに、合同進学ガイダンスでは、より具体的な進路目標を決定します。

情報収集や学年担任団との個人面談

自分の将来像を考えて日々の勉強に取り組めるよう、早期からの進路指導に力を注いでいます。学年担任団と進路指導部で面談を実施し、複数の教員によるきめ細かな進路指導を行っています。

独自のシステム活用と丁寧な個別指導

定期考査や模擬試験の成績から進路まで、蓄積された卒業生のデータを基に分析し、的確な進路指導を行います。また、小論文や面接などの個別指導にも常時対応するなど、丁寧に指導しています。