高等学校の学び

LEARNING OF SENIOR HIGH SCHOOL

進路実現へ向けて、確かな学力と人間力の充実をめざす。

進路実現の学力養成

進路実現の学力養成

高校1年生からクラスが文系・理系に分かれ、2・3年生ではより具体的に再編成されます。理系では理科が進路に合わせて選択でき、文系では習熟度に合わせて数学や理科の時間を確保。電子黒板の活用など、時代に即した授業も展開しています。

充実した補習・講習

毎朝小テストを行い、着実に基礎学力をつけます。週2回の補習やスタディールームでの質問などを通じて生徒は弱点を克服し、応用力を養います。また、 長期休暇中に開かれる講習は、苦手分野の克服や得意科目のレベルアップに活かせます。

平成29年度 高3夏期講習 講座例

講座例は決定次第に公開します。しばらくお待ちください。

大学入試制度改革への対応

2020年度からの大学入試改革で問われるとされている「思考力・判断力・表現力」。アクティブラーニング(主体的・対話的で深い学び)はこれらの力を養う上で必要な、学習への「主体的な態度」の獲得にきわめて有効な手段です。本校伝統の全人教育と併せて行うことで、グループディスカッションやグループワークなどを通じた生徒の「主体性」「コミュニケーション力」の養成にも注力しています。

確かな人間力の育成

文武両道

6年一貫教育で高校進学時にも部活動に打ち込めた経験は生徒の受験勉強時だけでなく、将来「知・徳・体」のバランスのとれた人物になる上でも役立ちます。

海外語学・多文化研修

(高校入学前の)中学3年生と高校1年生の春休みに希望者には海外研修を実施。ホームステイやファームステイを通じて研修生は異国の生活習慣や文化に触れ、生きた英語力と国際センスを磨きます。

生徒会活動

高校では生徒会活動が学校全体に及ぶため、生徒会役員が中心となって球技大会桜陵祭(文化祭)などの生徒会主催行事を本格的に企画・運営しています。

将来を見据えた細やかな進路指導

進路講演会

6年一貫教育で高校進学時にも部活動に打ち込めた経験は生徒の受験勉強時だけでなく、将来「知・徳・体」のバランスのとれた人物になる上でも役立ちます。

進路相談

進路指導担当の教員による進路指導室を常設。学年担任団と合同で個別面談や保護者との三者面談を重ね、最適な進路を提案します。

OBとの交流

医療や研究開発などの各分野で活躍する卒業生から直接話を聴く先輩を囲む会を開いて、生徒は社会をより身近に捉え、進路実現への意識を高めています。

一週間の授業時間数<文系>

  国語 地歴 公民 数学 理科 英語 その他 合計
1年 内進生 6 4 0 6 4 6 8 34
新入生 7 4 0 7 4 6 8 36
2年 6 4 2 6 3 7 6 34
3年 文Ⅰ 9 8 2 0 0 10 5 34
文Ⅱ 8 4 8 2 4 0 2or3 9 5 34or35
文Ⅲ 7 4 2 6 3 8 5 35

一週間の授業時間数<理系>

  国語 地歴 公民 数学 理科 英語 その他 合計
1年 6 2 2 6 6 6 8 36
2年 6 3 0 7 7 7 6 36
3年 理Ⅰ 5 3 0 8 8 7 5 36
理Ⅱ
理Ⅲ

学園での一日

予鈴 読書・
小テスト
第1限 第2限 第3限 第4限 昼休み 第5限 第6限 (第7限) 終礼 最終下校
8:30 8:35~
8:45
8:50~
9:40
9:50~
10:40
10:50~
11:40
11:50~
12:40
12:40~
13:15
13:20~
14:10
14:20~
15:10
15:20~
16:10
15:15~
(16:15~)
18:45