サッカー部

SOCCER

「人生で大切なことはすべて、サッカーが教えてくれる」をモットーに、①人との関わり合い、②礼儀と挨拶、③感謝の気持ち、④戦う姿勢、⑤努力する習慣を大切にしています。サッカーを通じ、「心」「技」「体」を磨くことで兵庫県制覇を目指しています。

近年の実績
2019年度 兵庫県高校総体サッカー競技
男子の部 優勝

令和元年 全国高等学校総合体育大会 1回戦 vs 作陽(岡山県代表)

2019/07/30

令和元年7月26日(金)9:30kick off    吉の浦公園ごさまる陸上競技場(沖縄県)

【戦績報告】

 三田学園(兵庫県) 1-1 作陽(岡山県) (PK 2-4)  得点者:石野 蒼

 

【戦評報告】

 立ち上がり、緊張もあってか自分たちのペースをつかめずに、相手にボールを握られる時間帯が

続いた。前半27分、相手チームの左サイドの崩しから、ゴール前に折り返されて、先制点を許す。

0-1で前半を折り返し、迎えた後半10分、FKのチャンスを右後方から石野蒼が左足で低い弾道の

キックを蹴り込むと、相手DFが頭でクリアを試みたボールは軌道が変わり、ゴールマウスへと吸い込

まれた。1-1のまま70分間を終えて、勝負の行方はPK戦に委ねられた。GKの指川大輝が1本

止めたが、作陽のGKに2本止められ、PK 2-4で惜敗。

 三田学園サッカー部の夏のインターハイは1回戦で幕をとじた。

 ピッチで戦った選手や登録選手、沖縄の地へ応援に行った1、2年生全員の心に、この日の悔しさ

は冬の高校選手権大会で必ずリベンジするといった炎が灯った日でもあった。

 

高校サッカー部 2019兵庫県リーグ 第5節 vs 神戸科技

2019/06/22

三田学園サッカー部活動報告

兵庫県リーグ1部 三田学園B VS神戸科学技術A 1-3

得点者 上川晋平

前半ミスが多くなってしまい、そこから続けて2失点してしまう。前半にチャンスがあるも決めることができない。後半切り替えて反撃開始、細かいパスをつなぎ1点をかえす。その後何度もチャンスがあるも同点にすることができない。試合終了間際にコーナーキックから決められてしまう。悔しい結果になってしまった。

次節絶対勝利、応援お願いします。

 

高校サッカー部 令和元年総合体育大会 準決勝 vs 神戸星城

2019/06/22

三田学園サッカー部活動報告

兵庫県総体 準決勝 三田学園VS神戸星城 2-0

【得点者】森山  黒瀬

前半序盤から積極的に攻め得点を狙う。ドリブルからチャンスをつくりPKを獲得し得点をあげる。後半に入り相手のディフェンスを崩し切り追加点。 無失点で試合を終え決勝に進出。応援ありがとうございました。

 

高校サッカー部 令和元年総合体育大会 準々決勝 vs 明石城西

2019/06/22

三田学園サッカー部活動報告

兵庫県総体 準々決勝 三田学園VS明石城西 3-0

【得点者】東×2  廣畑

前半からしっかりとペースをつかみ早い時間に得点する。危ない場面もあったがしっかりと守り得点をゆるさない。その後得点を重ね、最後まで集中を切らさず、試合終了。

応援ありがとうございました。

 

高校サッカー部 令和元年総合体育大会 5回戦 vs 市立尼崎

2019/06/22

三田学園サッカー部活動報告

兵庫県総体回戦 三田学園VS市立尼崎 1-0

【得点者】岩上直生

前半ゴール前まで行くも決めきる事が出来ない、危ない場面もあったがしっかり防ぎ後半へ。後半に入りチャンスが増え、点を奪う。最後まで集中を切らさずに試合終了。

応援ありがとうございました。

 

前の5件へ