LECTURE

パラリンピアン 佐藤真海氏 特別講演会

2016/02/22

2月20日(土)、パラリンピアンで2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会のプレゼンターとしても活躍された佐藤真海氏を本校へお招きし、小寺ホールで特別講演会を開催しました。

佐藤氏は早稲田大学在学中の2001年に骨肉腫が発症し、翌年には右足膝以下を切断。しかし、懸命のリハビリテーションを続けられながら、その後は中学・高校と選手だった陸上競技でパラリンピック出場を目指され、走り幅跳び競技で2004年アテネ大会9位、2008年北京大会6位入賞、2012年ロンドン大会でも9位と見事に3大会連続出場を果たされました。また、2013年には国際パラリンピック委員会(IPC)世界選手権大会で銅メダルを獲得され、現在は会社員と競技選手そして育児までもを両立されながら、障害者スポーツの理解と支援を広げる活動に取り組んでおられます。

講演は「夢を跳ぶ」の演題の下、中学校生徒全員を前に始まりました。

前半では、小学生の時に水泳のコーチからいただいた「気持ちで負けない強い選手になれ」の言葉や、中学時代に陸上競技に転向し、勉強でも頑張ろうと「文武両道」に努めたことが今の自分のベースになっていること。骨肉腫で右脚を失い、失意のどん底にあった頃にお母様からかけられ、「私なら乗り越えられる」という今の佐藤氏の信念に繋がっていった言葉、「神様は、その人に乗り超えられない試練は、与えないんだよ」。そして、義肢装具士さんとの運命的な出会いとパラリンピック出場を果たされるまで…。

障害を負われ、再起を果たされるまでの佐藤氏にはつねに周囲にたくさんの人々がいて心震わせられる「言葉」があったことを、佐藤氏はひとつひとつの言葉を選びながら丁寧に語られました。

後半でも、パラリンピックは人間の持つ可能性を教えてくれるとして「自分を信じて、限界のふたを外しましょう!」。2020年東京大会では「大切なことは、ハンディキャップも、ライフステージも、人種も、国籍も関係なく、すべての人に対しての『まなざし』を持つこと」など、より広く深い視点に立った佐藤氏の魂のこもったメッセージが発せられました。

わずか1時間足らずの講演でしたが、聴講させていただいた本校中学生にとっては、特に佐藤氏の10代のお話はリアルな説得力を伴って、彼らの心の奥深くまで響いたのではないでしょうか。

苦難の道を乗り越え、また新たな目標(2020年東京大会トライアスロン競技出場)へと歩み出された佐藤氏。触発された本校生からも障害の有無とは関係なく、将来こんなに感動的な講演ができる人材が出てくることを期待します。

元サッカー日本代表 中田浩二氏のサッカー教室

2015/12/14

前日までの雨も止み、雲の隙間からは青空も見え隠れした12月12日(土)。元サッカー日本代表で現在鹿島アントラーズC.R.O(クラブ•リレーションズ•オフィサー)の中田浩二氏を招聘しての少年少女サッカー教室が、本校人工芝グラウンド・サッカーコートで開かれました。

中田氏はご存知のとおり、Jリーグ鹿島アントラーズからフランスおよびスイスのクラブチームに渡られ、海外でも活躍された後に帰国。再び、鹿島アントラーズの牽引役として活躍してこられましたが、昨年引退。この間に、ユース時代からの日本代表選手を何度も務められて、サッカー日本代表の躍進とともに現役を歩んで来られました。

そんな中田氏が三田の地にやって来られるとあって、当日は地元三田および近隣地域の少年サッカーチームから約130名の少年少女サッカー選手が本校に集合。「皆さん、今日はチャレンジ精神をもってやっていきましょう」とのメッセージを携えて中田氏が登場すると、サッカー教室は早くも熱気をはらみながら幕を開けました。

プログラムはまず子供たちが2人1組に。中田氏もペアを組んでの鬼ごっこやドリブルという、ユニークなウォーミングアップで身体を温めました。続いては、子供たちが二手に分かれてのパスやドリブル。入念な練習からはボールコントロールや連携の基本の大切さが、教わる側にもよく伝わったことでしょう。

そして、教室の後半では子供たちが4つのグループに分かれてのミニゲームが開催。このゲームはなんと!1チームが20人、ゴールキーパーは1人に対して3個のボールを皆が追いかけるという破天荒なルール。最初はどうなることかと思いきや、中田氏も子供たちと一緒になって人工芝の上を駆け回られると、シュートに次ぐシュートがバシバシとキマり、まるでボクシングを見るようなおもしろさでした。

ミニゲームの興奮冷めやらぬ中、ホイッスルが鳴ると教室も終了。「サッカーは日々の積み重ね。皆さんも練習によく励んで目標を目指してください」。そんな中田氏からの最後の熱いメッセージに、子供たちは満面の笑みで応えていた教室となりました。

002013033056065071075080

元宝塚歌劇団トップスター 安奈淳さん講演会

2015/11/24

本校の育友会研修、さらに同窓会主催の第2回ホームカミングデイが共に開催された11月14日(土)。大勢の保護者や卒業生の方々でキャンパスが賑わう中、元宝塚歌劇団星組・花組の男役トップスターで現在女優・歌手の安奈淳さんによる講演が開かれました。

安奈さんといえば、宝塚歌劇団の代名詞ともいえるミュージカル「ベルサイユのばら」のオスカル役を務め、第1次ベルばらブームを巻き起こして一世を風靡されたタカラヅカの象徴のような方。その華やかでまぶしいほどのオーラは、講演が始まり、登壇された瞬間から観客席を一瞬にして包み込んでしまいました。

講演ではタカラヅカ在籍中のとっておきの思い出話をご披露。オスカル役の際に鬘が重たかったことなど、随所にユーモアをたっぷりと交えながら軽快なテンポでお話を進められました。

元々は絵描きになりたかったけれどもご両親に反対されてタカラヅカに入団されたといった秘話も話され、観客席は気が付けば安奈さんのお話のとりこに。一方で、タカラヅカ退団後に見舞われることになられた病魔の話では一時は膠原病で生死の境をさまよわれたり、つい最近も大きな手術をされたりしたことを包み隠すことなく、時には会場の笑いさえ誘いながら淡々と話され、「人間はエネルギーが尽きない限りは死ねない」と奇跡の復活を果たされた現在の心境に触れられるに及んでは、観客席の誰もが深い感動と共感に包まれました。

途中には、なんとアカペラで「すみれの花咲く頃」など3曲を熱唱されたり、講演本編終了後には会場との質疑応答で親が子供の夢を応援する方法やどんな苦難にも日々をくよくよせずに生きることの大切さを語られたりと、まさに安奈さんワールドが全開だった60分間。こんなに素敵で元気のいただける講演に居合わせられたことの幸せと満足感から、会場の拍手はいつまでも鳴り止むことがありませんでした。

オリンピックメダリスト朝原宣治氏による陸上教室

2015/04/04

4月3日(金)、本校の人工芝オールウェザートラックを会場にして、元五輪胴メダリストの朝原宣治氏を招へいしての陸上教室が開かれました。

朝原氏はアトランタ・シドニー・アテネ・北京の五輪4大会に連続出場を果たされ、北京では4×100mリレーで悲願の銅メダルを獲得。メダル獲得時の競技の様子は爽やかな感動を呼び起こして、今なお日本人の心に刻まれ続けています。

そんな特別コーチをお招きしての教室には、朝原氏が現在主任コーチを務めておられる大阪ガスNOBY T&F CLUBから専任コーチの荒川大輔氏(元世界陸上日本代表)と山本慎吾氏(不滅の100m小学生日本記録保持者)も同行され、3人でのコーチングとなりました。

会場には地元近隣地区から小学生14人、そして本校と三田市内の他高校を合わせた陸上競技部の中高生約50人が集合。彼らは小学生と中高生の2グループに分かれ、朝原氏らからの技術指導を直接受けました。

這う、立つ、歩く、跳ぶ、走るという動作を通じて、体幹や体軸を強く意識しながら「身のこなし」を巧みにしていくプログラムは、年齢に関わらず受講生の子供たちの誰もにわかりやすく、その場ですぐに実践できる内容。カエルや馬等の動物の動きを模したり、体重移動のポイントを具体的に指示してもらいながら、受講生たちはわいわいと賑やかに、しかしポイントを着実に理解しながらさまざまなトレーニングに取り組んでいきました。

ウォーミングアップから最後のダッシュまで、飽きることなく学び、身体を動かせた受講生たち。彼らにとってアッという間だった2時間は、当日の曇天を吹き飛ばすような爽快な教室になったことでしょう。

柔道メダリスト 山口 香氏 特別講演会

2015/03/14

3月14日(土)、ソウル五輪女子柔道の胴メダリストで現在は筑波大学大学院准教授として教鞭をとられる傍ら、日本オリンピック委員会(JOC)理事としてスポーツ全般の普及発展にも努めておられる山口 香氏にご来校いただき、特別講演会を開催しました。

中学校生徒全員を対象に「夢を叶えるために」と題された講演は、まずは「スポーツの魅力」から。たとえば、逆上がりができた時の喜びが後に人をスポーツへと導く欲求となるからだと、中学生にもわかりやすいかみ砕いたお話から始まりました。

続く「柔道の魅力とは?」では、柔道以外のスポーツをアイスクリームに、柔道をスルメに例えられ、客席の生徒とコミュニケーションを図りながら講演を進行。今すぐに楽しくなるわけではないが、柔道には毎日の積み重ねの上に頑張った後のご褒美としての大きな感動があること、そして柔道のみならず、スポーツや勉強など感動のタネはどこにでも落ちていてそれを拾うかどうかが大事なこと等を語られました。

お話は佳境に入り、「夢を叶えるために」では、一定レベルの基礎力を身に付けるために自分の欠点と向き合うこと、徹底した準備が必要で強い選手ほど細心の準備を行い、試合では大胆になること、さらに自分の行動を判断・実行・評価するためのリカバー力が必要で答えは自分自身で見つけること等が大事だと話されました。

アスリートらしくハキハキとした口調とテンポのよい進行で、会場全体をグイグイと引き込んでいかれた山口氏。

最後には「柔道から学んだこと」として、世の中には不必要なもののないことやつねにオープンマインドでチャレンジすること、失敗を恐れないこと、負けて学ぶことが多いこと等を話され、グローバル社会で活躍できる人間に求められるものや2020年東京五輪の意義までにも言及。「夢が叶うとはかぎらない。しかし、夢を持つこと、追いかけることが大事」と本校の中学生たちに熱いメッセージを贈られて、あっという間の90分間の講演を終えられました。

わかりやすさの中にシビアさも交えられたお話は、その根底に子供たちへのあたたかな眼差しと期待感がひしひしと感じられ、会場に居合わせた人の誰もに爽やかながらも強い印象を残した講演となりました。

097211222049044228003

前の5件へ

次の5件へ