LECTURE

オリンピックメダリスト朝原宣治氏による陸上教室

2015/04/04

4月3日(金)、本校の人工芝オールウェザートラックを会場にして、元五輪胴メダリストの朝原宣治氏を招へいしての陸上教室が開かれました。

朝原氏はアトランタ・シドニー・アテネ・北京の五輪4大会に連続出場を果たされ、北京では4×100mリレーで悲願の銅メダルを獲得。メダル獲得時の競技の様子は爽やかな感動を呼び起こして、今なお日本人の心に刻まれ続けています。

そんな特別コーチをお招きしての教室には、朝原氏が現在主任コーチを務めておられる大阪ガスNOBY T&F CLUBから専任コーチの荒川大輔氏(元世界陸上日本代表)と山本慎吾氏(不滅の100m小学生日本記録保持者)も同行され、3人でのコーチングとなりました。

会場には地元近隣地区から小学生14人、そして本校と三田市内の他高校を合わせた陸上競技部の中高生約50人が集合。彼らは小学生と中高生の2グループに分かれ、朝原氏らからの技術指導を直接受けました。

這う、立つ、歩く、跳ぶ、走るという動作を通じて、体幹や体軸を強く意識しながら「身のこなし」を巧みにしていくプログラムは、年齢に関わらず受講生の子供たちの誰もにわかりやすく、その場ですぐに実践できる内容。カエルや馬等の動物の動きを模したり、体重移動のポイントを具体的に指示してもらいながら、受講生たちはわいわいと賑やかに、しかしポイントを着実に理解しながらさまざまなトレーニングに取り組んでいきました。

ウォーミングアップから最後のダッシュまで、飽きることなく学び、身体を動かせた受講生たち。彼らにとってアッという間だった2時間は、当日の曇天を吹き飛ばすような爽快な教室になったことでしょう。