空手道部

KARATEDO

部訓は「克己心」(こっきしん)。「己」に打ち克つために心身を鍛えることは、その究極に「他」を守り支えるためにある。そうした教えや礼節を重んじ、なお人間的な鍛錬と成長を最も大切にしながら活動を行っています。上級生と下級生が鍛錬を通じ、お互いを高めることで上位の大会出場を目指しています。

クラブTシャツ

2018/08/29

この夏、空手道部のクラブTシャツを作りました。
冬用のジャージは以前から揃えていましたが、夏用のTシャツは今までありませんでした。字体やレイアウトなど部員全員で一からデザインを考えました。みんなが協力しアイデアを出し合い苦心して作ったものだけに、出来上がった実物を見た時はうれしかったです。すでに愛着が湧いてます。お揃いのTシャツのおかげで団結力を高めることができたからこそ、暑い夏を乗り越えられたと思っています。(中3 森 大輝)

                                                             

夏休みの最後に

2018/08/09

夏休みが始まり3週間近くが過ぎました。先週まで午前中いくつかの講習に参加し、午後から練習をしました。今週から午前中の練習になりましたが、勉強・クラブ活動ともに充実した日々を過ごしています。練習は計画通りできていると思います。猛暑の中、熱中症にならないようこまめに水分補給をしています。

夏休み最後の日に猪杯があります。阪神・丹有・但馬・東播・西播5地区の多くの学校が参加し、県新人大会の試金石となる一大大会です。夏休みの総決算の大会になり、同学年選手との勝負ということもあり、とにかく頑張ります。応援宜しくお願いします。 (主将 高2 岸本誠央)

夏休みへ向けて

2018/07/13

県高校総体空手道大会の教訓を活かすため、この夏休みに何をすべきなのかミーティングでしっかりと話しあいました。
基礎体力の充実、基本の徹底した反復、得意技の錬磨、不得意技の克服などなど、次々に課題があがりました。そして目標を達成するための練習計画を、皆で考えて作成しました。無謀な計画では身体を壊すだけなので、無理をし過ぎないように足元を見つめ着実に一歩一歩前進できる計画を作りました。よく心技体と言いますが、一番大切なのは「心」だと思います。厳しい練習を通して、精神的な部分がもっとも成長できたと言えるように努力していきます。      (主将 高2 岸本誠央)

県高校総体 空手道大会 結果

2018/06/21

6月8日(金)から3日間、神戸常盤アリーナ(県立文化体育館)で兵庫県高校総体空手道大会が行われました。
結果は上級生選手との対戦とはいえ、形競技・組手競技ともに勝ち上がることができず、非常に悔しい大会になりました。反省すべき点が次から次に出てきて、克服しなければならない課題だらけになってしまいました。自分たちでは大会まで一生懸命取り組んだつもりでしたが、それはあくまでも「つもり」でしか無かったのです。他校生は自分たち以上に努力を積み重ねているのです。それが分からず、自分たちだけの独りよがりになっていたことが最大の反省点です。
秋の新人大会は同学年の選手との戦いになることもあり、なお一層精進していきます。
                                                             (主将 高2 岸本誠央)

県高校総体 空手道大会

2018/06/05

いよいよ今週末の6月8日(金)~10日(日)に、兵庫県高校総体空手道大会が神戸常盤アリーナ(県立文化体育館)で開催されます。この大会の覇者は、8月3日(金)~6日(日)岐阜メモリアルセンターで愛ドームでの全国インターハイへの出場権を獲得します。今の実力では正直なところ全国大会は無理ですが、日ごろの練習の成果が出るよう一試合でも多く戦いたいと思います。頑張りますので、応援宜しくお願いします。       (主将 高2 岸本誠央)

前の5件へ