自転車競技部

CYCLE SPORT

今や全国大会出場の常連となった自転車競技部のモットーは、「勝利」というよりも「チームワーク」。そもそもは単独で駆る自転車ですが、しかし一人では良い練習もレースもできません。仲間のために風よけになったり、安全確保のために互いに声をかけたりすることで、仲間の存在を身体で感じることができます。

自転車競技部 スプリント種目 インターハイ出場!!

2016/08/02

高校3年生の末廣快理君がトラック競技のスプリント種目で全国高校総体(インターハイ)に出場した。以下、インターハイへの軌跡である。

 

6/10 大阪府岸和田競輪場でおこなわれた近畿大会にて、スプリント種目に出場。

予選から他を寄せ付けない速さと技で優勝を果たすことができた。

高体連主催の合宿で、さらにその速さに磨きをかけて全国高校総体に挑んだ。

 

7/28 鳥取県倉吉市にある倉吉自転車競技場で、インターハイが開催された。

近畿大会と同種目で、予選は200mのタイム計測から試合は始まった。

このタイム計測で43人中上位12人に絞られる。そこで自身のベストタイムに近いタイムを記録し、9位で予選を通過した。

同日、1/8決勝が行われた。対戦相手は予選4位通過の千葉経済大学付属高校の選手で、今春の選抜大会では勝利したことがあった。しかし、この夏にむけてかなり強化してきたのか、わずかに力及ばず負けて敗者復活戦に回った。

敗者復活戦でも、一瞬の不意を突かれて負けて初戦敗退となった。

 

全国高校総体は終わったが、JOCや国体と全国大会は続くので、今回の悔しさをバネにさらに上を目指して頑張ってほしい。

末廣1末廣2