MEDIA

通信欄

【再開】コミュニティFM 2020年8月番組の収録

2020/08/05

今年2020年の前半といえば、世界中の誰もが真っ先に思い浮かべるのは、やはり新型コロナウイルス感染症に関する出来事に尽きるでしょう。

日本の学校では3月より全国一斉に休校措置が執られ、本校でも以後約3カ月にわたり生徒には自宅待機を指示し、また遠隔での生活&学習サポートを行ってきました(詳細は下段の本校ホームページ特設サイトでご覧ください)。

そして、休校期間が明け、生徒がようやく登校できるようになったのが6月。明後日8月7日(金)には、その登校しての短かった1学期も終了してしまいます。

そんなタイミングで、こちらも中断されていた地元コミュニティFM局・ハニーFM様の番組「ハイスクール特派員登場!」の月例収録が再開されることになり、去る7月17日(金)には本校の高校2年生がスタジオにおじゃましてきました。

今回マイクに向かってくれたのは高2の男子2人・女子2人の計4人。なかには番組出演が3回目という生徒もいて、DJ・戸川さんとの再会には少し感慨深げな表情でしたが、4人とも学校そのままの元気さでトークに臨んでくれました。

話題は、まず休校期間中の生徒たち自身の様子や日々取り組んでいたオンライン授業に関することから。生徒にも教員にも初めての経験でしたが、今回の休校がなければ気付けなかった意外な日常や、複雑だった当時の気持等、当事者の生徒だからこそのリアルな話が次々に飛び出しました。

一方で、学校再開後の日常の話になると、友人や先生に直接会って話せること、以前は当たり前だったはずの「普通の学校生活」のありがたさ等が口々に語られ、学校の存在意義さえ感じられる内容に。

始終笑い声の絶えないなか、三田学園高校生のこの5カ月に及ぶ心境が手に取るようにわかる放送は、明日8月6日(木)。

おすすめです!ぜひ、お聴きください

〜5/31休校期間内三田学園の取り組み

 

■今後のオンエア予定

毎月第1週木曜日放送

8月6日(木) 17:15~17:45「ハイスクール特派員登場!」「休校期間中と学校再開後の日常」高校2年生

ハニーFM(周波数82.2MHz、エリア内人口約30万人)