SCHOOL

通信欄

三田学園3days NPO体験プログラム説明会

2018/06/25

社会と人間の関係性を考え、課題を発見し、自らその解決に向けて行動する。そのための絶好の機会として、今ボランティア活動は10歳以上の国民の26.0%が参加•活動しているといわれています(「平成28年社会生活基本調査」総務省統計局より)。

そうしたボランティアの受け皿として活動しておられる団体は兵庫県下にも数多く、「NPO法人 Peace&Nature」様は神戸市北区を拠点に活動されている団体の一つです。

三田学園からほど近い場所で、国際交流をしながら農業体験ができる。地域を知り、そこを通じて社会貢献もできる。そんな好条件から、同団体でのボランティア体験プログラムがこれも神戸市内に本拠地を置くNPOと学生の交流拠点神戸ソーシャルキャンパス」様のコーディネートによって実現。621()、本校高校会議室で説明会が開かれました。

当日は、NPO法人Peace&Nature 代表理事CEOのバハラム・イナンル氏および神戸ソーシャルキャンパス コーディネーターの大福聡平氏ら4名の主催者•関係者がご来校。両団体の概要から実際のプログラム内容までを、すでに活動中のボランティアの方々のご体験談や本校からの参加希望者の自己紹介等も交えながら、わかりやすくご説明くださいました。

1を中心に集まった本校生に対しては、「NPOの活動を体験的に学ぶこと」「学校内ではできない体験に挑戦し、楽しむこと」と話され、最後には「Take Action!Think Globally,Act Locally」と熱いメッセージを残して本校を後にされたNPOの方々。イベントの受け付けはこれから始まるところです。

この記事を読んで関心を抱いた本校生の皆さんは、担任の先生から話を聞き、自分の視野を広げ、行動力を培えるこのチャンスをぜひ活用してください。