理念

PHILOSOPHY

教育理念

「知・徳・体」のバランスのとれた全人教育をもって、

高い学力と健全な心身を育み、

将来社会に貢献できる人物を育成する。

三田学園は理想の人物像を実現するために、「知・徳・体」のバランスを重視した全人教育を行っています。
勉学と部活動の両立に努力し、行事等にも積極的に取り組むことで、人としての総合力に優れた生徒を育んでいます。

教育の特徴

知力を育む

新たに導入した三田学園独自のコース制により、生徒一人ひとりの習熟度に応じた指導を実施。6年一貫での計画的なカリキュラムを進められるため、生徒各自の秘めた力を段階的かつ最大限に引き出し、目標に応じて自己実現できるよう、きめ細やかに指導します。

各学年の担任全員で学年を指導。基本的には6年間持ち上がり、生徒一人ひとりの生活面や個性を担任団全員が熟知し、協力しながら希望の進路へと導きます。生徒と教員の距離が近く信頼関係も強まり、家庭的な雰囲気さえ醸し出す三田学園伝統の指導方法です。

グローバル教育はもちろん、アクティブラーニング(主体的・対話的で深い学び)やICT教育なども積極的に取り入れ、「知識活用力」や「主体的学習態度」を養成。また、2020年度からの大学入試改革にも的確に対応できるよう、さまざまな取り組みを始めています。

人間力を養う

「時を守り、場を清め、礼を正す」をモットーに、挨拶と礼儀の修得には特に注力。人格形成の基盤として生徒は日々の基本的な生活習慣を身につけ、何事にも自主的に取り組むようになっていきます。

奉仕=人のために尽くす心を育むために、生徒は日々身の回りの清掃を励行。地道ながらもこうした活動を日常的に行うことで、自分の力を他者や社会のために役立てることの大切さを学んでいきます。

社会通念としてのモラルやマナーを身につけ、常識ある人になれるよう、道徳教育の充実に注力。特に、人権学習ではさまざまな行事や講演会を通じて、生徒は他者を思いやる心を育んでいきます。

体力を培う

「知育」「徳育」とともに「体育」の実践を重視することで、健全な心身を育成。部活動が盛んに行われており、生徒たちは「勉強と部活動の両立は当たり前」という意識で取り組んでいます。

部活動以外でも体力を培うためのさまざまな活動を実施。広大なキャンパスでのマラソン大会や中高一体で開かれる体育大会、充実した施設での体育授業、中学での柔道授業など、機会は多彩です。

100年の歴史を伝える緑豊かな16万㎡の広大なキャンパスには、2万4,000㎡の人工芝グラウンドや最新の設備を完備した校舎が融合。学び、語り合う、かけがえのない時間が流れます。