PRESIDENT

<通信欄>

STEM教育からSTEAM教育への流れ

2021/06/03

 最近の大学教育では、STEM教育(Science Technology Engineering Mathematics)と呼ばれていたものにAが追加されたSTEAM教育の重要性が頻繁に話題に上がります。Aは芸術と教養(ArtとLiberal Arts)を意味しています。STEMについては、人工知能(AI)やデータサイエンスの今後の発展を考えればその重要性を議論するのは当たり前と思えますが、一方、芸術や一般教養の教育が今更大切ですよと言われても、その理由がよくわからないという疑問の声があがるのではないでしょうか。これには背景があります。ことの発端は1991年に文部科学省の大学審議会(現在の中央教育審議会大学分科会にあたる会議体)から出された答申『大学教育の改善について』を受けて大学設置基準が改正されたことに始まります。この改正により一般教育と専門教育の区分が取り払われたため(設置基準の大綱化と呼んでいます)、多くの大学では専門教育に偏重した組織改組とカリキュラム改革が進み、一般教育を担ってきた教養部などの母体となる組織の改組・解体が進み教養教育が手薄な状況となってしまったことへの反省からAが付け加わり議論されているのだと考えています。

 以上は、日本の大学教育という面からみた教養教育の重要性の再認識であるといえますが、ビジネスをはじめとする実社会における教養の重要性については、元ニューズピックスの編集長であった佐々木紀彦氏が“日米エリートの差は教養の差である”と『リーダーの教養書』という本の序文で、日本人ビジネスパーソンの目先の仕事に目を向けすぎる短絡的な姿勢に警鐘を鳴らし、教養が持つ普遍性、そして『普遍性×時代性』が世代や国や分野を超えたビジョンや理念を生むために不可欠であると述べています。普遍性を教養(A)に、そして時代性を(STEM)に当てはめてみればまさに大学教育で議論されるSTEAM教育の重要性は正論であると感じる次第です。

 さて、話を本学に関係する初等中等教育に移しますと、 “『令和の日本型学校教育』の構築を目指して~すべての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現”という答申が今年1月に中央教育審議会からだされ、義務教育ではGIGAスクール構想を背景とした新たなICT環境や先端技術の活用、多様な他者と協働した探求的な学び、そして高等学校教育ではSTEAM教育など実社会での課題解決に生かしてゆくための教科等横断的な学びが項目として挙げられています。探求的な学び、教科等横断的な学びは新学習指導要領で取り上げられている項目であり、校祖小寺謙吉先生が目指されたグローバルリーダーの育成と世界標準の教育を進めてゆくうえで本学においてもしっかりと取り組んでゆかなければならないものと考えています。一方、これらに該当する科目としては中学では『総合的な学習』、高校では『総合的な探求』が対応しますが、数学、英語などの科目と比べて授業時間数が少ない事、大学入学共通テストの科目の中に含まれないことから、その重要度は低く付録のような科目であると誤解されている方が多いのではないかと大変危惧しているところです。目の前にある大学入学共通テストに目を向けすぎて、社会に出た後にめぐりくる困難に打ち勝ち人生を切り拓いてゆく力の源泉となる探求姿勢の獲得をゆめゆめ疎かにしてはいけないと強く思っております。

 今年3月の中学校卒業式では『考える力、思考力』について話しました。そのポイントは答えを聞くAskの学習ではなく、多面的な情報を集め再構成するInquireの姿勢を身につけることが高校、大学、そして社会に出た後も基本であるとの内容でした。ではどのようにすればこのようなInquisitiveな学習姿勢を身につけることができるのかについては、英文学者の外山滋比古先生が書かれた『思考の整理学』を例にあげて4月の高等学校入学式で紹介しました。この本では大学生が卒業研究論文を書くにあたって、『考える』とはどういうことであるのかを段階を追ってわかりやすく解説されています。まさに『総合的な学習』、『総合的な探求』の目標を達成するに必要なスキルが具体的にまとめられていますので、三田学園の生徒の皆さんにはぜひ読んでもらいたい本です。

 三田学園では文武両道を教育の重要な柱の一つに掲げています。武で筋力を、そして文で脳力を共に鍛えてゆきましょう。