中1 三田学園の歴史・クラブ紹介

2022.04.16 中学2年生

中学1年生が入学してから1週間、学校に慣れるため、中学生としてしっかりスタートするための入校時プログラムを実施していきました。

初めはどのクラスも緊張感が漂い、みんな一言も話さず、教室も廊下も静まり返っていました。

しかしプログラムが進んでいくにつれ、日々仲良く、賑やかになっていきました。

そしていろいろな地域・小学校から集まった244名が、徐々に「三田学園111回生」として1つになってきたように感じます。

 

最終日の今日は、河原副校長から三田学園の歴史を、丸泉理事長から中学校での学びについてのお話を聴き、さらに部活紹介動画を視聴しました。

私立の学校である三田学園は、創設者小寺謙吉先生の思いを受け継ぎ、大切に守ってきた理念や校訓があります。

それを知り理解した上で、自分の目指すものを見つけ、それを実現するために、

この学校で6年間のびのびと学んでいってほしいです。

 

最後の部活紹介は、各クラブが撮影・作成した動画を集めたものです。

練習風景や部員によるユーモア溢れる説明はもちろん、動画のクオリティの高さにも度々歓声が上がっていました。

 

さて、6日間お疲れ様でした!この1週間で友達は増えたでしょうか?

いよいよ来週からは授業が始まります。

月曜日、授業の用意をしっかりカバンに入れて、元気に登校してきてくださいね!!