NEW STYLE OF LEARNING

時代の劇的な変化に応じて、三田学園では教育内容も進化の真っ最中。
「21世紀型能力」を育むための日々の授業や学びの様子をご紹介します。

三田学園発 社会を支える人たちに感謝の思いを伝えようプロジェクト

2020/05/21

 

新型コロナウイルス感染症拡大という、人類規模での非常事態に今なお置かれている私たち。

日本でも、中学生や高校生をはじめとするすべての子どもたちがこの状況に戸惑い、さまざまな悩みやストレスを抱えながら日々を過ごしていることは想像に難くありません。

一方で、検査や治療等、感染症対応の最前線で、世界中の医療従事者の方々が一般市民の生命を守ろうとそれこそ命がけで働いてくださっていることには、誰もが感謝と尊敬の念を抱いていることでしょう。

そんな最中、本校も休校期間中の5月GW明けに、高3の一人の生徒から次のようなメッセージが担任の先生に届きました。

「この連休中にさまざまなニュースを見ましたが、世界中の医療関係者の方々が自分だけではなく家族にも感染リスクがある中で懸命に働いていらっしゃることを改めて知りました。そしてそんな方のために今感謝を伝える運動が広まっていることを知って、自分たちは自粛という形でしか協力することができないですが何か感謝を伝える方法はあるんじゃないかと思いました。」(原文のまま)

「私なりに考えた案ですが、は医療を象徴する色みたいなので青色の紙にメッセージを書いたものを送るのがいいんじゃないかなと思いました。ただ、紙を送ることはできないのでそれを写真に撮ったものを届けたら良いと思います。高3生の勉強が忙しい人でも取り組めることであるし、絵が上手い人であればより思いを伝えられると思います。それぞれが辛いことや頑張っていることを書いて共有することで辛さも少しは楽になるはずだし、こんな中でも懸命に働いている方に感謝のメッセージを送ることで少しでも励みにしてもらえるはずです。実際私も先生や芸能人からの頑張ろうという言葉に救われています。嫌なニュースも多くて辛くなりますが思いやりの気持ちがもっと世界で広まって欲しいなと思います。」(原文のまま)

これを受けて、高3担任の先生たちが早速反応。学年の生徒全員に以下のような呼びかけを行いました。

「上記の内容に賛同する人は、青色が入ったもの(文字でのメッセージ・イラスト・アート作品・音楽 形式は何でもOK)をこのスレッドに提出してください。みんなから集めたメッセージは、集約して学校HPにあげたいと思います。」

こうして始まった“感謝を届けるアクション”は、「三田学園発 社会を支える人たちに感謝の思いを伝えようプロジェクト」と名付けられ、またたく間に在宅中の高3生たちに伝わっていきました。

生徒たちからのメッセージは一旦、5月15日(金)に募集を締め切り。短期間でしたが、それでも現在23人から言葉やイラスト等でのメッセージが寄せられました。

一つ一つのメッセージからは、彼ら彼女たちが現在の状況を自分事としてしっかり捉え、医療従事者の方々の身を労りながらも大きな信頼を寄せていること。

また、一点一点のイラストや立体作品からは、そうした医療従事者の方々への彼ら彼女たちの大いなる共感が滲み出るとともに、現場での癒やしに少しでもなればとの思いが込められていること。

これら高校生だからこその、純粋で真っ直ぐな気持ちがひしひしと伝わってきます。

受験生のうえにこの休校自粛期間という困難な状況下で、それでも熱い思いを込めて作ってくれた本校高3生たちの作品を、以下に一堂に取り揃えてご紹介します。

また、プロジェクトに参加した生徒たちから担任の先生に届けられたコメントも、併せて公開します。

どうぞ、じっくりとご覧ください。

 

▇協賛生徒からのコメント

>「以前から、この見えない恐怖の中で戦っている医療従事者の方々に感謝を伝えたいと思っていたので、今回のプロジェクトに参加しました。このプロジェクトは、誰が提案してくれたのかはわかりませんが、提案してくれた人は、本当に素晴らしい心の持ち主だと思います。その人の暖かい心を感じ、私の心も暖かくなりました。学生の私には、家で自粛し、このように感謝を伝えるくらいのことしか出来ず、本当にやり切れない気持ちでいっぱいです。自分も早く看護師になって少しでも医療従事者の方々の力になれたらいいのにな、と毎日思っています。医療従事者の方々だけでなく、私たちが滞りなく生活できるように、危険がある中で働いてくださっている方もたくさんいると思います。本当にたくさんの方々のおかげで、私たちは毎日普通の生活ができているのだと思うと、感謝してもしきれません。自分も感謝されるような大人になりたい、と心から思いました。受験や勉強に対する心配もたくさんあるけれど、医療従事者の方々の想いを考えると、自分の悩みは本当にちっぽけだと感じました。一日でも早く、医療従事者の方々の努力が結ばれ、コロナウイルスが終息することを願っています。どうか先生方もお身体お大事にしてください。」(原文のまま)

>「とても良いプロジェクトだと思い下手なりにですが、感謝の気持ちと共に、疫病から人々を守ってくれるとされる妖怪アマビエを描きました。今SNSで#アマビエチャレンジ というものが流行っています。しかし、介護施設で働く家族に聞いたところ、職場にはアマビエはないそうです。このプロジェクトに参加したいけれど具体的に何をしたら、何を描いたらいいか迷うという人もいるのではないかと思い、三田学園生によるアマビエチャレンジのようなものも並行して行ったら良いのではないかなと思いました。TwitterやInstagramでは届かない、介護施設入居者の方やお年寄りの方々にも学校のホームページに掲載することで、働く方々への感謝と共に、アマビエに込めた感染拡大防止への思いが届けばいいなと思いました。」(原文のまま)

 

▇メッセージ&作品

スライドショーにまとめた動画バージョンもあります。「SG Movies」からご覧ください。

三田学園発 社会を支える人たちに感謝の思いを伝えようプロジェクト

【特集】第6回「食withレシピ甲子園」優秀賞 受賞者インタビュー

2020/03/23

[シリーズ 自分発な三学生③]

一つ一つを当たり前と思わずに、一日一日を大切にしたい

第6回「食withレシピ甲子園」優秀賞 受賞者インタビュー

高2 阪本 笑加(えみか)さん

昨年末の12月15日、レシピアイデアの全国コンテスト「食withレシピ甲子園」(主催:読売新聞社、共催:京都女子大学栄養クリニック)が、京都女子大学を会場に開催されました。

最終審査が行われた当日、書類審査をパスした本校高2の阪本 笑加さんも同会場に参加。作品は全国からの応募2,135点のうちの上位8点に選ばれ、彼女は入選に当たる「優秀賞」を見事に受賞しました。

そんな阪本さんが同コンテストに応募した経緯から受賞後の感想までを、ショートショートインタビューで語ってくれました。

(聞き手:本校・花房哲也教諭)

※本校が臨時休校期間中のインタビューだったため、本文は本人とのメールによるQ&Aを元に一部加筆訂正したものを使用します。ご了承ください。

 

食品ロス対策にも繋がるよう、考えた

今回、「食withレシピ甲子園」に応募しようと思ったきっかけは何ですか?

阪本 昔から料理することが好きで、いつかこのようなコンテストに出てみたいという思いがずっとありました。

応募した作品、メニューについて教えてください。

阪本 2019年の年テーマは「家族を笑顔にする素敵な健康朝ごはん」でした。私は作品のコンセプトに「残さず食べたくなる」を据えました。食べるみんなが朝から食欲が出るように彩りを豊かにし、また一品一品を小さなサイズにすることで完食意欲を引き出して、食品ロスの対策にも繋がるようにしました。作品名は「残したくない!朝ごはん☆」です。

応募することによって、自分が変わったと思うところはありますか?

阪本 以前から栄養バランスを考えたりすることは好きだったのですが、自分で献立を考えることにより、今まで以上に栄養への関心が高まって、もっと栄養について知りたいと思えるようになりました。

受賞しての感想を聞かせてください。

阪本 最終審査会では他のみんなの作品もとても素晴らしくて、今私がその中にいられることがどれほど貴重なのか、実感したことを覚えています。教授や料理人の方々のコメントを聞いていて、こんなに栄養や料理について誠実な方々からコメントをいただける私は幸せだな、と思いました。これからの学校生活でも、一つ一つのことを当たり前だと思わずに、一日一日を大切にしていこうと思いました。

最後に、その他のどんなことでも自由に話してください。

阪本 今回私は全国で8位に入賞させていただけましたが、これは私だけの力では到底無理でした。栄養面を考えてくださった学校の先生、味を確認してくれた友達や家族、またこのような企画を主催してくださった読売新聞の方々や京都女子大学の方々…すべての方々の助けや協力があってのことです。なので、そのすべての方々に感謝して、これからも栄養についてもっと深く知っていきたいと思います。ありがとうございました。

食with_イベントレポート

受賞者全員での記念撮影(左)と、阪本さんの受賞作品「残したくない!朝ごはん☆」(右)

第6回「食withレシピ甲子園」受賞

2020/03/12

[シリーズ 自分発な三学生③]

2000年代以降、健康増進や地域振興等を目的とする食育プロジェクトとして、自治体や企業・団体との連携の下、中学生や高校生が料理を創作する機会が増えました。

レシピアイデアの全国コンテスト「食withレシピ甲子園」(主催:読売新聞社、共催:京都女子大学栄養クリニック)もそんな試みの一つで、「健康、笑顔の朝ごはん」をイベントテーマに据え、全国の高校生を対象に開催。6回目を迎えた2019年には、「家族を笑顔にする素敵な健康朝ごはん」の年テーマを設けて、全国から2,135点もの作品応募がありました。

この第6回「食withレシピ甲子園」に、本校高校2年生の阪本笑加さんが応募。11月には書類審査をパスし、12月15日に京都女子大学で開かれた最終審査に出場したところ、5人に贈られる「優秀賞」を見事に勝ち取りました。

彼女の作品名は「残したくない!朝ごはん☆」。見るからに体に良さそうな8品をスモールサイズでこしらえ、栄養バランスと彩り、食欲の面からも「残さず食べたくなる」朝食を考えてくれました。

2,135分の上位8に入る作品に選ばれただけでなく、食品ロス問題にも寄与するというこの作品。

以下、主催者のサイトから詳細をぜひご覧ください。

食with_イベントレポート

【特集】令和元年度卒業生 三田が丘賞 受賞者インタビュー1

2020/02/27

[シリーズ 自分発な三学生

自分から動かないと何も学べない

令和元年度卒業生 三田が丘賞 受賞者インタビュー

3 崎本 知椰(かずや)

2000年代以降、高校と大学では両者のコラボレーションの下、高校生が大学の教育内容を知り、その内容に具体的に触れる機会としての高大連携プログラムが盛んに行われてきました。

「大阪大学SEEDSプログラム」(以下、SEEDSプログラム)※1もその一つで、大阪大学(以下、阪大)では「傑出した科学技術人材発見と早期育成」を目的に、多様な科学分野での講義と研究活動の体験機会を高校生に提供しています。

3の崎本 知椰君は、高2の夏から高3の夏までの1年余りの間、このSEEDSプログラムに参加。昨年12月にはそこでの研究成果を学会で発表し※2、優れた研究に与えられる「ゴールドポスター賞」を高校生としてただ一人受賞しました。

この2月に本校を卒業していく彼は、学外でのこの経験が認められ、本校の「三田が丘賞」が贈られることも決まりました。

そんな彼のこの2年間の活動とそこに込めてきた思いを、聞いてみました。

(聞き手:本校・花房哲也教諭)

  

3日間30時間以上の実験の、半分以上を議論に費やした

 崎本君がSEEDSプログラムに参加したきっかけは何ですか。

崎本 高校のクラスメイトに誘われ、応募しました。校舎にポスターが貼られていて知ってはいましたが、なかなか踏ん切りがつかなくて。友人と2人ならと思い、参加しました。

2から高3にかけての足かけ2学年にわたり、参加していますよね?

崎本 はい。高2の時は「体感コース」といって、科学技術や国際交流を実際に体験するプログラムでした。期間は20187月〜20193月の6カ月間で、場所は阪大の豊中キャンパス。講義が6回ありました。奈良への12日で合宿があったり、実験が3回もあったりしました。高3では「探究コースN」に参加しました。大学の研究室に入り、大学の先生方や先輩たちと一緒に月1回程度の実験を行いました。2019年の48月で、吹田キャンパスまで出かけました。

なるほど。まずは「体感コース」でどんなことをしたのか、教えてください。

崎本 月1回を基本に、参加者の130人が各分野の先生の話を聴いたり、班ごとに分かれて留学生と英語で話したりしました。聴講後はテーマ課題に沿ってディスカッションし、班で一つの解決案を導き出しました。オゾン層が薄くなるのをどうやって防ぐか…みたいな感じの内容ですね。

参加してみて、どうでしたか?

崎本 めちゃくちゃ楽しかったです()。講義内容もですが、学校ではあまり関わっていなかった物理の話などを通じて、視野が広がりました。少人数で議論した際も、周りが専門性の高い意欲的な人ばかりだったので、とても刺激的でした。僕もせっかくだから、とことん自主的に発言しようと心がけて参加しました。

自分から意見を述べていったのですね。

崎本 はい。僕は生物が得意分野でしたが、それ以外の分野の話にも積極的に口を挟むようにしました。周りの人が話を聞いてくれ、意見ももらいました。実験プログラムでは3分野からテーマ(大腸菌の遺伝子組み替え等)を選んだのですが、遺伝子組み換えだけでも3日間30時間以上を実験に費やしました。事前学習や提出課題もあり、とてもしんどいプログラムでしたが、その半分以上の時間を班で議論することに使いました。大学生チューターの方も含めて5人の班のなかで、なぜこの試薬を入れるのかということだけでも延々議論したんです。ところが、これが楽しい。同じ班の人が僕のアイデアを発展させてくれたりして、考えることが楽しいと感じました。周りから「おもしろいね」とも言ってもらえました。

その結果、自分自身に変化はありましたか?

崎本 以前のように、意見を言うと他の人からどう思われるかが気にならなくなりました。一つの意見に対して周りが深めてくれるので、怖じ気づかずに言えるようになりました。話しているといろんなアイデアが生まれ、研究のし方を学ぶと同時に大学ではこんなことをするのかと感動しました。同じ議論するなら、自分よりもレベルの高い人としたい。今後、理系の大学に進めればそういう姿勢でやっていきたいと、今も思っています。

 

(令和元年度卒業生 三田が丘賞 受賞者インタビュー2へ続く)

【特集】令和元年度卒業生 三田が丘賞 受賞者インタビュー2

2020/02/27

(令和元年度卒業生 三田が丘賞 受賞者インタビュー1から続く)

 

学会発表でゴールドポスター賞を受賞

予期せぬ実験結果に、研究の醍醐味を知った

いろんなことを学んだのですね。次に、高3になってからの「探究コースN」について聞かせてください。

崎本 僕は魚が好きで、家でも水槽で魚を飼っています。水中には排泄物が排出されますが、そこに含まれるアンモニアには有毒性があるので、これを分解して窒素にできないか…そんなことを以前から考えていました。そんな折り、SEEDSプログラムの1回目の講義で東京理科大の先生のお話を聴きました。そのなかで、セルロースの分解の話が出たのですが、これが強い刺激になり、後にSEEDSプログラムでの自分の研究テーマに繋がりました。

「探究コースN」へ進む際の研究計画書は、そんな経緯を経て書いたのですね。具体的にはどんな研究なのか、簡単に教えてください。

崎本 アンモニアを酸化して硝酸にするのは簡単ですが、さらに硝酸から窒素へ還元する際には「脱窒菌」という微生物を用います。還元過程なので通常は嫌気条件下で用いますが、僕は脱窒菌が窒素を生成する際に使用する酵素に着目しました。そして、それを精製し、バイオリアクターとして利用しよう。脱窒菌の酵素を用いた効率のよい窒素除去法をつくり出そう。ということを研究の目的にしました。僕の思いつきから生まれた研究でしたが、考えに不足している部分はお世話になった先生方からアドバイスをいただきました。特に、コース選考をパスしてからは、お世話になった研究室の得意分野で半年間でできることをしなさいと指導していただいたことが、新たに「好気性脱窒菌」を利用することに繋がりました。

脱窒菌とは本来は嫌気性なのですか?

崎本 はい、そうです。好気性脱窒菌は硝酸から酸素を奪う反応を好気条件下で起こします。なぜ酸素があっても反応するのか?エサとして利用したものは?菌の濃度はどの程度?といった理学部に近いような疑問が次々に起こり、それらを基に実験しました。さらに、この好気性脱窒菌はなんと!嫌気性条件下でも反応を起こし、それは嫌気性脱窒菌よりもかなり高いレベルでの活性として期待できることがわかりました。

予期せぬ実験結果が出たのですね!

崎本 はい。とてもおもしろいと感じました。こうした過程を経ながらご指導いただくなかで、脱窒菌のDNA配列にまで考察が及びました。実は、この好気性脱窒菌、僕がお世話になった研究室で発見されたものだったんですよ。

そうして、昨年12月の学会発表にまで進んでいったと。

崎本 この研究を任せていただいたことがきっかけで、研究内容をポスターにまとめ、学会で発表させていただこうと思い立ちました。事前に8月には横浜で発表していましたが、12月の発表では高校生は僕だけで、他の参加者は大学院生や企業の研究者の方ばかりでした。

そして、崎本君のポスター発表がゴールドポスター賞に選ばれたのですね。

崎本 はい。賞をいただけるなどとは夢にも思っていなかったので、とてもうれしかったです。高校生なのによく知っているねと褒めていただきましたが、研究室の先生方をはじめ周りの方たちのおかげでした。

この経験を今後はどう活かしていきたいですか?

崎本 大学に進学すれば、とにかく自主的・積極的に動いていきたいですね。1回生の早いうちから動いて幅広く学び、得意分野を深めていきたいです。大学の卒業後はベンチャー企業もいいな、と考えています。

最後に、本校生に向けての一言をお願いします。

崎本 何かを学ぶ際には、とにかく積極的な姿勢が大事です。僕はSEEDSプログラムのディスカッションの際に進行役を買って出ましたが、それがあったから周りの人たちからも話しかけてもらえるようになりました。自分から動かないと何も学べない、人の繋がりも生まれない。このことを知ってほしいですね。

 1.世界最先端の科学技術にいち早く触れてみたいという意欲的な高校生向けのプログラムで、主に講義と阪大研究室での研究活動から構成。2015年より実施。SEEDSScience Engineering Enhanced Education for Distinguished Studentsの略。

2.2019年材料技術研究協会討論会。材料技術研究協会主催で20191256日、日本大学駿河台キャンパスで開催。研究者らによる各種講演やセッション等から成り、一般や学生が参加しての発表も実施。ゴールド・シルバーポスター賞は優秀なポスター発表者に贈られる賞。

研究テーマのタイトルは「好気性脱窒菌を用いた新規窒素除去法の提案」。学会発表に用いたポスター(左)と、発表時の様子(右)

 

(令和元年度卒業生 三田が丘賞 受賞者インタビュー1へ戻る)

前の10件へ