2021中学オープンスクール2日目

2021/08/03

8月1日(日)、中学オープンスクールの2日目を開催しました。

小学6年生を対象学年、午前と午後の2部制とさせていただいたこの日も、プログラムは全体会と体験授業から成る前日と同様の構成で行わせていただきました。

早朝から午前の部には173組・346人、通り雨を挟んでの午後の部には158組・316人もの方がご参加くださいました。

真夏にも関わらず、2日間ともに大勢の方に足をお運びいただけましたこと、誠にありがたく心より感謝申し上げます。

1日目のリポートでも触れましたが、今年の本校オープンスクールでもっとも目を引いたことの一つが、生徒たちの自主的で積極的なサポートぶりでした。

前日同様に、校内見学ツアー(高校生徒会執行部、午前の部のみ)や記念図書館見学(図書委員)はもちろん、クラブ見学に備えて準備とご案内に大わらわだった各部部員たち、校内随所での送迎のご挨拶や会場のご案内、さらに小寺ホールでのアテンドや体験授業教室までの先導役等を務めてくれた中学生徒会執行部・中学各委員会の生徒たち…当日に見かけたどの生徒たちも、ご来校者に気持ちよく挨拶し、キビキビと動いてくれていたことをとてもうれしく、また誇らしく感じました。

2日間の運営に関わってくれた生徒の皆さん、本当によく頑張ってくれました。お疲れさまでした。

さて、当日のプログラムですが、全体会のオープニングでは午前の部にダンス部が、午後の部に吹奏楽部がそれぞれ歓迎公演を行い、また放送部員と公演各部員による「学校Q&Aコーナー」も前日同様に設けられて、続くプログラムへの期待感を高めてくれました。

また、全体会の後半、本校在校生2人とOBOG2人の計4人による「在校生・卒業生への質問」コーナーでは、会場からいただいたかなりツッコんだ質問にもパネラー各人がユーモアとホンネを交えながらテキパキと回答。和やかな空気のなかで、「へぇー、そうなんだ」「なるほどね」という声が聞こえてきそうな参加者の方々の満足気な表情が印象に残りました。

OBOGの2人は、体験授業の裏番組として設けた「卒業生がお答えしますコーナー」も2日間にわたって担当。八面六臂の活躍で「母校愛=三田学園愛」を存分に発揮してくれました。

OBOGのお二人、当日は本当にありがとうございました。

この日の体験授業は、

国語 『物語の展開パターンを考えよう!』

算数 『うそつきは誰だ!?』

理科 『CD分光器を使った光の観察』

社会 『歴史を探偵する~真実はいつもひとつ、か?~』

英語 『Can you do Sports?』

情報 『Microbit プログラミング じゃんけんゲーム通信』

の6科目7教室を開催(午後の部は4科目5教室)。受験本番まで半年をきったこの時期ですが、参加小学生の6年生の皆さんには本校入学後をイメージしたり、受験勉強のモチベーションを上げたりするうえでもちょうどよい機会になったのではないでしょうか。

この日お出会いした小学6年生の皆さんとは、秋以降の入試イベント、そして中学入試でまたぜひともお会いしたいと思います。

最後に、2日間ご参加いただいた方々、そして運営に全力を尽くしてくれた本校在校生とOBOGの皆さん、本当にありがとうございました。