受験希望の方へ

INFORMATION

<通信欄>

【2022年度の中学・高校各生徒募集要項】👉 2022募集要項

【2022学校案内パンフレット(冊子)のご請求】👉 資料請求

【出願サイトアクセス】中学入試 出願状況(確定)

2022/01/11

中学入試の出願者数が確定しました。

前期A日程 342名(男子216、女子126)

前期B日程 458名(男子284、女子174)

後期日程  452名(男子294、女子158)

 

受験票の印刷、受験上の注意(出願時に表示されたもの)などは、こちらよりログインして確認することができます。

当日朝の検温とマスクの着用をお願いします。

教室は試験中にも常に換気を行っています。暖房はしていますが、部分的に寒さを感じることがあるかもしれません。くれぐれも暖かい服装を準備して服装で調節できるようにしてください。なお、ひざ掛けは利用していただいてもかまいません。

特に休憩時間中は教室の窓を開放し全体を換気します。

校内への付き添いは保護者の方1名でお願いします。控室は設けておりますが、席数に限りがありますので「密」を避け、譲り合ってご利用ください。なお、食堂の営業はありません。

 

みなさんに安心して受験していただき、実力を十分発揮できるように、職員全員で準備をし、みなさんを応援しています。健康に配慮して、試験当日までお過ごしください。

中学出願開始(12/18から)

2021/12/16

12/18から中学入試の出願が始まります。

インターネットでの出願ですので、中学入試要項HPを読んでいただき、出願サイトよりお手続きをお願いいたします。
ID登録が必要ですが、説明会などで登録済みの方はそれを使うことができます。
出願期間中は、サポート室もご用意していますので必要な方はご利用ください。
また、入試当日は試験室の換気の際には室温が上下いたします。調節のできる上着などのご用意をお願いいたします。

入試当日にみなさんが安心して受験ができ、実力を発揮できるように、職員一同緊張感をもって準備をすすめています。くれぐれも体調にご留意して試験の日までお過ごしください。

第3回 高校入試説明会

2021/12/04

横山門からの大銀杏がすっかり葉を落とし、北風の吹く頃になった本日12月4日(土)。本年度最終の高校入試説明会を開催しました。
本校をその目で確かめていただける最後の機会だけあって、会場の小寺ホールには38組75人の方が。遠路の方もいらっしゃるなか、誠にありがたく厚くお礼申し上げます。
説明会の全体会は過去2回と同じ内容で進行。丸泉理事長が本校のこれからに関する教育の骨子を、松井学校長が校祖紹介にはじまる教育理念•方針を、河原教頭が環境・施設•アクセスと教育活動の特色の両面から学校生活の詳細を、そして花房入試広報部長が入試制度と試験問題から成る入試概要を、それぞれ簡潔に、しかし丁寧にご説明させていただきました。
その後は、高校入試説明会恒例の「在校生インタビュー」へ。ステージにはパネルディスカッション形式で、今春入学の高1生男女計3人が登場し、事前にお書きいただいた会場からの質問に返答していきました。
受験生と保護者の方が気にされる事柄は、ほぼ前回までの説明会と同様。「勉学と部活動の両立のし方」や「内部進学生と仲良くなる方法」等、聴き逃すまいと身を乗り出しておられた観客席の様子が印象に残りました。
全体会が終わると、後は参加者の方それぞれのご予定に合わせて進行。校内見学ミニツアーに参加される方、ホールに残ってB方式入試の説明を聴かれる方…本校高校入試の本番まで2カ月余りとなった今、最後の併願校選定等に今日のこのひと時がお役に立てれば幸いです。
受験生の皆さんにはストレスやプレッシャーの強い時間が続きますが、目に焼き付けられた本校の姿も思い出しながら、受験準備に励んでいただきたいと思います。
どうか体調を整え、万全の体勢で新年を迎えられますよう。
お会いしました中学生の皆さんとは、新年2月の高校入試でまたお会いしましょう。
最後になりましたが、本校の本年度高校入試イベントにたくさんのご来校を賜りましたことに、あらためましてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

第1回 こでらじゅく

2021/11/25

「体験」と「子どもから大人まで」をテーマに、一般の方々がさまざまに交流できる場を創りたい。

その舞台として、自然環境に恵まれ、歴史的建造物を有する本校・三田学園をご提供できたなら。

そんな思いから、本校教職員が手作りで進めてきました公開講座プロジェクト「こでらじゅく」の記念すべき第1回を、11月23日(祝)、中学本館および人工芝グラウンドを会場に開催しました。

今回は小学校低学年の子どもさんと保護者の方が対象。「親子で楽しむ」をサブテーマに、どの講座も子どもさんと保護者の方が一緒に考え、手を動かし、驚きや発見、感動を共有できる──そんなプログラムとなるよう、本校教職員は講座内容に吟味を重ね、具体的な準備にも時間をかけるうちに、この日を迎えました。

当日は前日の雨が上がり、晩秋の澄んだ青空にやや冷たい風の吹く、冬型の気候。それでも、早くからお申し込みいただいた方々が3講座計で37組・94人もご来校くださいました。

私どもの予想を遙かに超える大反響をいただき、どの講座も追加で定員増のうえに開催。そんな大変ありがたい状況に、ご来校いただきました小学生と保護者の皆様には休日でお寒いなかにも関わらず、誠にありがとうございました。厚くお礼申し上げます。

当日実施しましたのは、以下の3講座等です。写真と合わせてご覧ください。

 

▇第1回こでらじゅく公開講座

サブテーマ:親子で楽しむ

 

算数「形のひみつをさぐる」

三角形や四角形・丸…さまざまな図形の持つ「不思議」や「発見」。それらを、自分の手で教材を切ったり貼ったり、組み合わせたりしながら体験的に理解する、いわば楽しい「幾何学入門」になりました。

 

英語「親子でつくるアドベントカレンダー」

「アドベントカレンダー」とは、クリスマスイブまでの期間をカウントダウンしていく一種の日めくりカレンダー。紙のカレンダーを手作りしながら、英語カード等を通じて英語を楽しく学びました。

 

ICT「親子でつくるストップモーション」

コマ撮り写真を用い、20〜30秒程度の動画に仕上げるデジタルアニメーション。色も形状もさまざまな撮影小物を使い、設営係と撮影係に分かれての親子共同アート体験は盛り上がりに、盛り上がりました。

 

【講座終了後】人工芝グラウンド遊び

教室を出た後は、人工芝グラウンドへ直行。ボール遊びやかけっこ、シャボン玉遊び等、小学生の皆さんは歓声を上げ、無邪気に走り回りながら、体を思いきり使ってのびのびとしたひとときを過ごしました。

 

こでらじゅくの今後に関して、現在具体的な内容は未定ですが、第2回以降の開催を検討しております。詳細は、決まり次第に本ホームページから告知いたします。

当日ご参加いただきました皆様、あらためましてありがとうございました。

また、お会いできます日を楽しみにしております。

 

▇参加者の声(アンケート結果より)

以下、当日のアンケート結果から一部を抜粋して掲載します。

 

<算数>

・子供は作業をしながら終始興味津々で、大人も未知の世界に引き込まれ、素敵な環境の中で楽しく学習できました。どの教材も絶妙に子供たちにマッチし、美しい色合いで大きさも適切で、よく工夫されているので感動しました。

・息子は算数におもしろさを見つけられていないほうなのですが、形に秘密があるという見つける楽しさなどを子どもに時間をかけて見つけさせてくださったので、ただ問題を解くのではなく、やり方しだいで算数も好きになれるのだと思いました。先生のお人柄も伝わり安心して子どもに通ってもらいたい学校だなと思いました。

 

<英語>

・英語を楽しく勉強しながら、工作も楽しめました。先生がオールイングリッシュで授業をしてくださり、子供にとってはとても新鮮だったようです。また、人口芝グラウンドの体験もできて良かったです。

・可愛いカードを準備してくださっていて、ひとつひとつ英語の表現に触れながら遊びを通して学ばせて頂けたことです。そして…そのカードがなぜ25枚?と話が次に繋がり…アドベントカレンダー作りへ。とても素敵な展開でした!アドベントカレンダーもとても可愛いくて!娘が喜んで作成していました!本当にありがとうございました!

 

<ICT>

・子供が非常に興味深く製作ができ、また皆さんに映像を見ていただき、その反応に嬉びを感じていた。普段、できない経験ができ参加してよかったと思います。

・普段は見るだけのアニメーションに対して作る側の視点をもってもらえたと思います。

 

<全体>

・講座そのものも大変楽しく参加させて頂きましたが、歴史を感じる素敵な校舎を使わせて頂けた事、またサッカー場を開放して頂いた事で、学校全体の雰囲気も感じられ、素晴らしいイベントだと思います。寒い中、会場まで誘導して下さる職員の方が沢山いらっしゃり、気さくに声を掛けて頂いたことで、子ども達の緊張もほぐれ楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

・とてもいい経験でした。下の子にもお気遣いいただきありがとうございました。家で楽しく続きができました。参加する前は英語がいい!と言いつつも、他の講座にも興味があるみたいでしたので、複数参加できたら嬉しいです。

・受験勉強するにあたり、低学年のうちにこのように私立中学校に訪問して色々と体験できることは貴重な機会と考えております。途中退場できるなど予め伝えていただいておりましたので、園児がいても安心して受講できました。ありがとうございます。

・校舎の中にはいれて、教室でプログラムを受けさせて頂き学園の雰囲気を感じることができて良かったです。学校の敷地内を歩いている時に野球部の生徒さんとすれ違い、その際に挨拶をしてくれて、気持ちが温かくなりました。プログラム終了後、外で学園の先生とお話を少しさせて頂き色々学園のことを教えてもらいありがとうございました。(すいません、先生のお名前はわかりません)

・親子共同で活動できるプログラムで楽しい時間が過ごせました。また、低学年が、中学校の様子を知ったり、進学に対して意欲を持てたりする良い機会になったと思います。次回も機会があれば参加したいです。

第3回 中学入試説明会

2021/11/24

11月20日(土)、本年度最終となる中学入試説明会を開催しました。

本校は構内一円が紅葉の最盛期。どこを見渡しても木々たちは赤や黄、オレンジ等の色彩を身にまとい、まるでご来校者を待ち受けていたかのような歓迎ぶりです。

「思っていた以上に広いですね」

「紅葉がきれいですねえ」

当日の参加者のなかには、本校は初めてという方も少なからずおられましたが、横山門から中学本館前辺りまで息を切らせながら歩いてこられた際には、口々に驚きを含んだ感想を漏らされていました。

説明会の内容と進行は前2回と同様。第1部では丸泉理事長が本校の教育の骨子を、松井学校長が本校不変の教育方針を、花房入試広報部長が入試制度と試験内容から成る入試概要を、それぞれ簡潔かつ過不足のないようにお話しさせていただきました。続く第2部では希望者の方に本校教職員のガイドによる施設見学ミニツアーを実施し、初参加の方には河原中学教頭による本校教育の近況説明を行わせていただきました。

中学受験までは2カ月足らずのカウントダウンの時期。併願校の決定や受験へのモチベーション向上等、受験準備・調整の最終段階で、今回の説明会が受験生の皆さんのお役に立てたなら幸いです。

他校にはない三田学園中学ならではの魅力をご理解いただき、受験をぜひご検討いただければと思います。

本校の本年度中学入試イベントにたくさんのご来校を賜りましたことに、あらためましてお礼申し上げます。

そして、お会いしました小学生の皆さんとは、新年1月の中学入試でまたお会いしましょう。

「こでらじゅく」(小学生向け公開講座)参加者募集

2021/11/01

こでらじゅくは、「体験」と「子どもから大人まで」をテーマに、みなさんが交流できる場を目指しております。第1回は「親子で楽しむ」をサブテーマとして、小学校低学年のお子さまと保護者の方が、一緒に参加して学べるプログラムをご用意しております。

下記の3つのプログラムより、ご希望されるプログラムを1つ選んでご参加いただけます。

11月23日(祝) 14~15時 (於:三田学園)

ご参加希望の方は、こちら よりお申し込みをお願いいたします。

 

「形のヒミツ」(算数)
三角形、四角形、丸などにかくれている秘密を実際に手を動かしながら楽しく学びましょう!

 

「アドベントカレンダー作り」(英語)
Xmasまでのカウントダウン用カレンダー(英語カード入り)を一緒につくりましょう!


「ストップモーション作り」(ICT)
iPadを使って、自分だけの30秒アニメをつくりましょう!

 

 

三田学園の情報紙「三田学園通信」vol.07を発行しました。

2021/10/25

入試広報部発行の広報媒体「三田学園通信」第7号を、今月10月に発行しました。

今年も残すところ、あと2カ月余りとなり、年明けの本校での中学入試(2022年1月15日・16日・18日)までは3カ月弱、高校入試(2022年2月10日)までは4カ月弱の時期となりました。

出願書類の提出時期も間もなくとなり、受験生の皆さんは最後の出願校選択に慎重になられているかもしれません。

そこで、今号では本校受験をお考えの皆さんに注意と奮起を促す意味で、表面に「入試出願、チェックし忘れていませんか?」と題して、出願に際しての重要チェックポイントを掲載。中学では複数回に及ぶ受験機会のあること、高校では入学後の進級クラスに文理選択肢の幅が広がったこと等をお伝えしています。

これを機に、今一度出願に向けての総点検を行っていただければと思います。

裏面は「2021年度前半 三学生の活動」。今年も社会情勢から生徒の活動がさまざまに制約されてきましたが、そんななかでも本校生たちは学校行事や部活動に一所懸命かつ楽しみながら取り組んできました。

ご紹介するのはほんの一部ですが、本校ホームページとの連動になる記事をぜひお読みいただき、三学生の元気や本気を感じていただけたなら幸いです。

お近くでこのリーフレットを見かけられたならぜひ手に取ってご覧いただき、出願準備とモチベーションの維持にぜひお役立てください。

 

■媒体

媒 体 名:「三田学園通信」vol.07 2021october 出願準備号

体  裁:A4×両面、カラー

内  容:入試出願、チェックし忘れていませんか?/2021年度前半 三学生の活動

発行時期:2021年10月

発  行:三田学園入試広報部

配布場所:三田市および神戸市・阪神間地域の学習塾、神戸電鉄岡場駅改札口前、学外合同イベント会場、学内入試広報イベント会場等

 

以下からPDFでご覧いただくこともできます。

「三田学園通信」vol.07

第2回 高校入試説明会

2021/10/23

本日10月23日(土)、本年度2回目の高校入試説明会を行いました。

前回に続いて朝から空は秋晴れ。午後には少し肌寒さを感じる気候でしたが、遠路の方も含めて21組40人のご来校者の方々をお迎えすることができました。

自然豊かな環境に気分転換も兼ねての本校、説明会はご満足いただけましたでしょうか。

まずはご来校に厚くお礼申し上げます。

説明会の内容と進行は前回と同様で、松井学校長が校祖紹介を兼ねて教育理念を、河原教頭が環境・アクセスと教育活動の特色に分けての学校生活詳細を、花房入試広報部長が制度と出題問題の両面から入試の詳細を、それぞれ簡潔にわかりやすいよう、ご説明させていただきました(丸泉理事長は所用で不在でした)。

そして、説明会後半はご来校者の方も楽しみにしておられるという「在校生インタビュー」。今春入学した高1の生徒男女2人が登壇し、予め会場でご記入いただいた質問に次々とお答えしていきました。

「勉学と部活動の両立にはどんな工夫が?」「学校や部活動で楽しいことは?」「内部進学生とは仲良くなれる?」「入学してよかったことは?」等々、中学生の皆さんの偽らぬ本音での質問に、これまた飾らず率直に返答していく2人。話を食い入るように聴いておられたご来校者の方々の本気度が伝わってくる、そんなひとときが過ぎていきました。

終了後は校内見学に出かけられる方、B方式入試のより詳しい説明を聴かれる方と、それぞれの動きに。1時間強の説明会もあっという間にお開きとなりました。

在校生の話から入学後のイメージを膨らませられた中学生の方も多いことでしょう。

本校の高校受験まではあと3カ月余り。本日お会いしました中学生の皆さんとは、受験会場でまたお目にかかれますことを祈念しております。

それまで、体調管理も万全に残り少ない受験準備期間を有意義に過ごしてください。

なお、本校では12月4日(土)に今年度最終の高校入試説明会を予定しております。詳細は本校ホームページからご覧ください。

第2回 中学入試説明会

2021/10/19

10月16日(土)、今年度2回目となる中学入試説明会を開きました。

朝から一面に秋晴れが広がり、横山門から中学本館まで続く小径はまるで自然公園の中を散策するような気持ちの良さ。阪神間等遠方からの方々にも、自然豊かな本校の魅力を感じていただくにはもってこいの日となり、最終的には142組・281人の方々にご来校いただくことができました。

大変ありがたく、ここに厚くお礼申し上げます。

さて、その説明会ですが、内容や進行は前回=第1回と同様。丸泉理事長が次年度より本格的に取り組むことになる、本校の教育の骨子を。松井学校長が校祖・小寺謙吉先生から受け継ぐ、本校不変の教育方針を。そして、花房入試広報部長が本会の本丸ともいえる入試概要を、入試制度と試験内容に分けながら説明会後半を費やして入念に。それぞれご説明させていただきました。

ここまでの説明会が終了すると、初来校の方には河原中学教頭が本校の具体的な教育内容をご紹介する一方で、希望される方には教職員がガイドとなっての施設見学(屋外限定)を敢行。大勢の方が広大な本校キャンパスのミニツアーにしばし出かけられました。

中学入試本番までに3カ月弱。いよいよカウントダウンが始まった状況で、受験生の皆さんには併願校選びの最終段階の方もおられるでしょう。

この日の、そして残り1回=11月20日(土)の中学入試説明会が皆さんにとってのベストな選択に繋がりますよう、私たち入試広報部も精一杯サポートさせていただきます。

入試本番に向けては体調管理を万全にしていただきながら、年明けの本校入試会場で皆さんとまたお目にかかれますことを祈念しております。

第1回 高校入試説明会

2021/09/27

9月25日(土)、本年度の第1回高校入試説明会を開催しました。

朝から気持ちの良い秋晴れに恵まれ、爽やかな風に吹かれるなか、会場の小寺ホールには68組135人の方がお越しくださいました。

誠にありがたく、厚くお礼申し上げます。

高校受験ともなると受験生の中学生は、中学3年間の経験と知識の蓄積から「自分の意志」で進学先を選ぶケースがグンと増えます。彼ら彼女たちの「夢や目的」に応えられる高校であるために、どの高校も日頃から教育・学校環境と広報活動の充実に努めていることは言うまでもありません。

本校高校でも自らのアドバンテージの所在を掘り下げ、それを魅力としてよりよく伝えることには手間と時間を惜しむことなく研鑽を重ねてきました。

そんな三田学園高校の2021年現在の姿と未来へのビジョンをお伝えする入試説明会は、学校紹介および入試説明を約1時間、さらに外部進学生として入学してきた在校生(高1)へのインタビュー15分を加え、わずか1時間強ながらも内容密度の濃いコンテンツで開かせていただきました。

丸泉理事長が新スローガン「世界標準の教育・人づくり」に基づく、本校の未来図を熱く語らせていただけば、松井学校長は「校祖」「校訓」「知・徳・体」に簡潔にまとめた教育方針をご説明。続く河原教頭が高校のみならず本校全体に通じる環境や教育の特色をスライドを駆使してご紹介させていただくと、入学後には「勉学と部活動の両立」をキーワードに日々充実した高校生活が待ち受けていることを、この日の参加中学生の皆さんは感じられたに違いありません。

花房入試広報部長が入試制度と入試問題の両面から、微に入り細に入りながら丁寧なうえにも丁寧にご説明させていただいた入試説明が終わると、説明会もいよいよ終盤。男子2人+女子1人の在校生3人が登壇し、事前に会場から集められた質問にパネルディスカッション形式で答えていきました。

入学の経緯に始まり、勉学や部活動、入学前後の学校への印象、友人、さらには塾通いまで。3人はやや緊張した面持ちながらも会場の「知りたい」に誠実にお応えし、受験生の先輩としてのアドバイスも送ってくれました。

その後、希望される方は本校教員のガイドによる学校見学(屋外限定)に出発。個別相談も行わせていただく等、限られた時間のなかでご来場者の方には精一杯のご対応をさせていただきました。

日々の勉強や部活動はもちろん、大学進学を中心に自分自身のキャリアを考えるうえで、とても重要な時間となる高校3年間。類を見ない恵まれた自然環境の下、一人一人の勉学と部活動を両立させるための環境づくりに伝統的に取り組んできた本校で、生涯の思い出となる高校生活を過ごされることの意義はとても大きいと自負しています。

なお、本校では10月23日(土)と12月4日(土)にも高校入試説明会を予定しております。詳細は本校ホームページからご覧ください。

次回の説明会でも、より多くの中学生の皆さんとお会いできますことを心よりお待ち申し上げております。

 

前の10件へ

次の10件へ