テニス部

TENNIS

「文武両道」を旨に日々練習しています。全国大会へも出場しました。他校との大きな違いは、中高男女分けずに練習していることです。上手な先輩を身近に感じられるのは、なかなかできない経験です。オムニコート5面という環境で、「自分たちで考え、工夫して」活気あるチームづくりに励みます。

校内ダブルス大会

2020/01/26

12月19日、校内でのダブルス大会をしました。12月23日で早期引退をする高2がいるということで、全員で行うことのできる最後の校内戦でした。
 
結果よりもみんなで楽しむことを第一に考え、みんなで最後まで楽しめたと思います。
 
優勝は、高1の橋本・中3富田ペアでした。
おめでとう!!

高校男子 神戸丹有支部1部リーグ戦

2020/01/26

12月23日、須磨学園高校にて神戸丹有1部リーグ戦がありました。この大会は総当たり戦で、灘、須磨学園、啓明学院の三校と試合をする事になります。
 
一対戦目は、灘高校と闘いました。
結果としては2−3で負けてしまいましたが、今まで三田学園は灘高校との試合は全て0−5で負けていました。少しのことかもしれませんが、確実に三田学園のレベルは上がってきています。
 
次に戦ったのは啓明学院。この試合も2−3で負けてしまいました。
 
そして最後に戦ったのが須磨学園高校。
相手は自校開催ということで地の利がありましたが、応援や選手の絶え間ぬ努力により見事3−2で勝利しました。
 
結果としてはリーグ1部3位ということで、1部残留となりました。
 
また、この大会を区切りとして高2の約20名が早期引退することとなりました。私事ですが、僕もこの大会をもって引退することにしました。
引退の話が出てから、キャプテンには誰にもやめて欲しくないと言われていたのですが、大学や将来のことを考えた結果、引退することを決意しました。
僕らの代は中学の頃に僕らだけ全国に行けなかったり、サボり魔が多かったり、うるさかったりと正直良いところはほとんどありませんでした。
でも、僕のこの五年間という部活生活を笑いに溢れた楽しい生活にしてくれたのは間違いなくこの代のメンバー全員です。
全員が我が強いから、自分の意見が通らないと怒ったり、喧嘩したり、怒られたり、いろいろあったけど、僕は彼らと笑っている事ばっかり思い出します。
このメンバーと五年間同じ部活で活動できた事を嬉しく思います。正直、このメンバーとならどんな部活でもよかったです。ただそれが、たまたまテニス部だったというだけなんです。
楽しかったなぁ。
 

高校男子_県新人戦・団体戦(本戦)

2019/11/06

兵庫県 第5位 になりました!!
 
こんにちは、テニス部です。
私たちは11月2日、高校県新人戦・団体戦の本戦会場である神戸総合運動公園に行きました。予選5回戦の相手は甲南高校で、今回の大会で優勝もあり得る強豪校でした。
結果としては0-5という惨敗でしたが、1ゲームごとに見ると、非常に惜しい試合もありました。
 
今回は、普段の試合とは違い8ゲームマッチという体力的にもしんどい試合でしたが、選手全員練習の成果を出して全力で戦ってくれました。
次の団体戦は12月の神戸丹有リーグ(1部)です。前回のリーグ戦の雪辱を果たせるよう、部員全員で頑張りますので応援の方よろしくお願いします。

中学女子_秋季テニス大会(団体戦)

2019/10/24

10月20日(日)、雲雀丘学園中学校において、秋季テニス大会(県新人戦の予選)の団体戦が行われました。この試合は男子と同様に、シングルス3試合、ダブルス2試合で勝敗をつけます。

1回戦:三田 3-2 神大中等

2回戦:三田 0-5 雲雀丘(第1シード)

5本勝負の後に、同じく雲雀丘と近畿大会の出場権をかけた3本勝負(シングルス1試合、ダブルス2試合)を行いました。結果としては、0-3の完敗でした。

2年生の3名が、後輩の1年生たちをうまくリードしながら試合に臨めたと思います。今回はベスト8止まりでしたが、次の大会ではもう一つ上を目指したいと思います。

キャプテン原田「緊張もしたけれど、みんなで声をかけあいながら、今持っている力は出すことができました。次の大会ではもっと勝てるように頑張りたいです」

中学男子_秋季テニス大会(団体戦)

2019/10/24

10月19日(土)、甲南中学校において、中学生の県新人戦の予選に位置づけされる秋季テニス大会の男子団体戦が行われました。今回の団体戦はシングルス3試合、ダブルス2試合の合計5試合で勝敗を争います。

1回戦の六甲学院中学校との対戦は、雨中の決戦となりました。六甲学院は8月の私学大会で、兵庫県2位になった勢いのあるチームです。

結果としては、2-3で惜敗しました。ダブルス1が1-4、ダブルス2が5-2の時に、雨で中断しました。一時間ほどの中断の後に試合が再開し、そこからダブルス1が5-5まで追いつく、粘り強さを見せてくれました。

また、シングルスの3試合はどの試合も接戦となりましたが、力及ばず1勝のみとなりました。最後の試合は勝敗が決まった後の消化試合となったのですが、選手だけでなく、応援の人たちも一生懸命取り組んでいました。

翌日の20日の練習では、チームとして次の団体戦に向けて前向きに取り組めました。次こそはもっと勝てるよう頑張ります。

1回戦 三田 2-3  六甲学院

D2 岡本・小西 6-2

D1 伊藤・石橋 5-7

S3 淀川 4-6

S2 松澤 2-6

S1 光武 7-6(4)

前の10件へ