テニス部

TENNIS

「文武両道」を旨に日々練習しています。全国大会へも出場しました。他校との大きな違いは、中高男女分けずに練習していることです。上手な先輩を身近に感じられるのは、なかなかできない経験です。オムニコート5面という環境で、「自分たちで考え、工夫して」活気あるチームづくりに励みます。

中学女子_県私学大会(女子団体戦)

2020/09/01

 こんにちは。私たちは硬式テニス部に所属している中学女子団体のメンバーです。これから私たちが中2になって初めて出場した大会について書かせていただきます。

 私たちが出場したのは、8月23日(日)に甲南女子中学校で行われた「兵庫県私学大会」です。毎年、兵庫県の中で10校ほどがエントリーし、その中で勝ち進んだ3校が近畿大会に進出します。

 もちろん私たちの目標は近畿大会に出場することで、その目標を達成するために練習してきました。ダブルスで私たちが一番重要視しているのは「雰囲気」です。楽しくゲームができるように、お互いにポジティブな言葉をかけあいます。そのときに落ち着きを取り戻せるかどうかで勝敗に大きく関わってきます。

 練習には在学中の先輩だけでなく、OGやOBの方も指導に来てくださり、ラリーの相手や試合の相手をしていただきました。また、監督でないのに指導に来てくださっていた先生方もたくさんいらっしゃいました 。

 たくさんの先生、先輩方に支えられ、私たちは、試合当日を迎えました。

 次のような結果になりました。
  1回戦             不戦勝

  2回戦              三田 2-1 関西学院

   準決勝             三田 0-3 雲雀丘学園

   3位決定戦   三田 1-2 神戸女学院


 3位決定戦まで進むことができました。相手は神戸女学院でした。やはりみんな緊張していて、どうしてもネガティブな言葉が多くなりました。緊張で潰れそうになっていた時、同日に会場で試合をしていた中学男子団体が決勝まで残ったという連絡がありました。普段一緒に練習してきた仲間として、本当に嬉しかったです。そして、私たちは3位決定戦を前に、元気とやる気をもらいました。そこで一気にみんなの士気が高まって、男子と一緒に近畿大会に出場するために頑張ろうという気になりました。その連絡がなかったら、試合をする前に負けていたかもしれません。

 そして、近畿大会出場枠をかけた3位決定戦が始まりました。見ている側の方が緊張する中、最後のダブルス2の試合になりました。この試合に勝てば近畿大会出場、負けたら県予選での敗退という一番重要な試合です。1ゲーム目で1-0とリードをとれましたが、すぐに追い付かれてしまい、全然差が開きませんでした。いつの間にかリードを奪われ4-5になってしまいました。あと1ゲーム取られたら負けてしまいます。それなのに、気持ちを落ち着かせることができず残りの1ゲームを取られてしまい、負けてしまいました。その結果をもって、チームとして1-2で負けが確定してしまいました。

 目標を達成することができませんでした。悔しすぎて、思わず涙があふれました。

 この悔しさをバネにして、どんなことでも真面目に取り組もうと思います。もちろんトレーニングは辛いです。やめたくなる時もあります。それでも、体力面で相手に負けないようにトレーニングもいつもより多く取り入れる予定です。また、練習メニューを考えるだけでなく、フォームの改善もしていけたらなと思います。

 最後に、改めて指導してくださった方、応援してくださった方、ありがとうございました。

                         中学女子団体チーム一同

 

 

高校_県新人戦(個人・本戦)

2020/08/22

8月19日(水)、赤穂海浜公園テニスコートにて、高校新人戦(個人・本戦)が行われました。

三田学園からは、男子5名、女子1名が出場しました。

ダブルス
下田・鈴木
 1回戦  vs  北摂三田  2―6 ●

橋本・富田
 1回戦 棄権勝ち
 2回戦 vs  神戸野田  6(5)―7 ●

シングルス
橋本
 1回戦  vs  相生学院 5―7 ●

山本
 1回戦  vs  明石城西 3―6 ●

下田
 1回戦  vs  相生学院  6―3 ○
 2回戦  vs  北摂三田  1―6 ●

富田
 1回戦  棄権勝ち
 2回戦  vs  相生学院 3―6 ●

中西
 2回戦  vs  加古川北 1―6 ●

今回の大会では思うような結果が残せませんでした。今月末からある夏季ジュニア選手権U17に向けて、格上の相手にも勝てるよう、技術・フットワーク・メンタルなどを鍛えて練習をしていこうと思います。

高校3年生の引退試合

2020/07/20

 7月5日に高校3年生の引退試合がありました。引退試合では毎年、高2(現役)対高3(引退)で団体戦を行います。今年も男女ともにシングルス4試合、ダブルス2試合、ミックスダブルス2試合で戦いました。結果は4-4で同点でした。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、高3と高2と希望者の中学生のみという形で、応援も声出しが出来なかったので、いつも通りに行うことはできなかったのは残念でした。

 私達がまだ何も知らない時に、1から10まで教えてくれた先輩方が引退してしまうということで、今までの引退試合よりも一試合一試合集中して見ていました。

 最後のキャプテンの言葉を聞き終えて、先輩達は本当にもうここには来ないんだなぁと思い、寂しくなりながらも、私達がメインとなる学年が始まる楽しみも感じています。先輩方に教わったことを、しっかり後輩に伝えていきたいと思います。

 

校内ダブルス大会

2020/01/26

12月19日、校内でのダブルス大会をしました。12月23日で早期引退をする高2がいるということで、全員で行うことのできる最後の校内戦でした。
 
結果よりもみんなで楽しむことを第一に考え、みんなで最後まで楽しめたと思います。
 
優勝は、高1の橋本・中3富田ペアでした。
おめでとう!!

高校男子 神戸丹有支部1部リーグ戦

2020/01/26

12月23日、須磨学園高校にて神戸丹有1部リーグ戦がありました。この大会は総当たり戦で、灘、須磨学園、啓明学院の三校と試合をする事になります。
 
一対戦目は、灘高校と闘いました。
結果としては2−3で負けてしまいましたが、今まで三田学園は灘高校との試合は全て0−5で負けていました。少しのことかもしれませんが、確実に三田学園のレベルは上がってきています。
 
次に戦ったのは啓明学院。この試合も2−3で負けてしまいました。
 
そして最後に戦ったのが須磨学園高校。
相手は自校開催ということで地の利がありましたが、応援や選手の絶え間ぬ努力により見事3−2で勝利しました。
 
結果としてはリーグ1部3位ということで、1部残留となりました。
 
また、この大会を区切りとして高2の約20名が早期引退することとなりました。私事ですが、僕もこの大会をもって引退することにしました。
引退の話が出てから、キャプテンには誰にもやめて欲しくないと言われていたのですが、大学や将来のことを考えた結果、引退することを決意しました。
僕らの代は中学の頃に僕らだけ全国に行けなかったり、サボり魔が多かったり、うるさかったりと正直良いところはほとんどありませんでした。
でも、僕のこの五年間という部活生活を笑いに溢れた楽しい生活にしてくれたのは間違いなくこの代のメンバー全員です。
全員が我が強いから、自分の意見が通らないと怒ったり、喧嘩したり、怒られたり、いろいろあったけど、僕は彼らと笑っている事ばっかり思い出します。
このメンバーと五年間同じ部活で活動できた事を嬉しく思います。正直、このメンバーとならどんな部活でもよかったです。ただそれが、たまたまテニス部だったというだけなんです。
楽しかったなぁ。
 

前の10件へ