テニス部

TENNIS

「文武両道」を旨に日々練習しています。全国大会へも出場しました。他校との大きな違いは、中高男女分けずに練習していることです。上手な先輩を身近に感じられるのは、なかなかできない経験です。オムニコート5面という環境で、「自分たちで考え、工夫して」活気あるチームづくりに励みます。

高校男子 神戸丹有支部リーグ1部(夏季)

2019/09/05

8月11日に、神戸丹有支部の1部リーグ戦がありました。

対戦校は須磨学園、灘、啓明学院です。総当たり戦なので、全ての高校と戦いました。

結果は全て負けてしまいました。しかし、選手全員本気で相手校の選手と戦っていました。

いくつかはとても惜しい試合がありました。
灘高校との試合の途中、S3の橋本が足をつってしまい、棄権せざるを得なくなりましたが、次の啓明学院高校との試合で代わりに出た角谷が勝ってくれた時はとても感動しました。
全て負けてしまったため、2部リーグの一位校との入れ替え戦をすることになります。
試合は9月23日に決まりました。その時はまた応援よろしくお願いします。
 

高校 県新人戦(個人戦・本戦)

2019/09/05

8月19日、赤穂海浜公園テニスコートにおいて、高校新人戦の個人戦の本戦が行われました。

三田学園からは、男子シングルス1名・ダブルス1組と、女子シングルス3名・ダブルス1組の計5名が出場しました。

<男子>

シングルス

  奥田 1R ●5-7 相生学院

ダブルス

  奥田・梅田 1R ○6-4 西宮北

        2R ●2-6 相生学院(ベスト32)

<女子>

シングルス

  高崎 1R ○6-0 葺合

     2R ●3-6 相生学院(ベスト64)

  中西 1R ○6-4 市西宮

     2R ●0-6 県西宮 (ベスト64)

  小林 1R ●2-6 雲雀丘

ダブルス

  高崎・小林 1R ●5-7 明石城西

以上です。また、夏季ジュニア、神戸丹有支部リーグ入替戦、新人団体戦に向けて頑張ろうと思います。

高校女子 関西ジュニア

2019/07/17

月12日(金)、ITC靭テニスセンターにおいて関西ジュニアテニス選手権大会が行われました。高校3年生の足立さんが18歳以下女子シングルスに出場しました。

結果としては、残念ながら1回戦敗退となりましたが、兵庫県代表として一生懸命プレーしていました。

OBからの寄贈品

2019/07/10

こんにちは。
高2テニス部ブログ係の森本です。

OBの方からボールをいただきました。
ありがとうございます!


また、夏にかけて個人戦・団体戦と試合が沢山あるので、それに向けて日々練習頑張ります。

これからも応援よろしくお願いします。

中学_春季テニス大会(県総体 団体戦 予選)

2019/06/14

6月9日(日)、中学春季テニス大会(県中学総体 団体戦予選)が三田学園にて行われました。

男女ともに三田学園で同日に団体戦を行うのは初めてでした。

目標は「男女そろってベスト4入り・近畿大会に出場」です。

【ダブルス】

【シングルス】

【結果】

  女子 1回戦 三田 5-0 神大中等

     2回戦 三田 2-3 啓明学院

  男子 2回戦 三田 3-2 六甲学院

     3回戦 三田 0-3 灘

  残念ながら、男女ともにベスト8となりました。

【女子キャプテン・吉中(中3)】

女子団体は、昨年11月にあった県秋季大会で、あと一歩のところで関学に負けてしまい、近畿大会に出場することが出来なかったので、今回の総体では近畿大会出場を目標にして練習してきました。
練習の中でいろいろ大変なことも沢山ありましたが、チーム全員で声を掛け合いながら頑張りました。
でも、2回戦の相手は前の県大会で1本も取れずに惨敗した啓明学院だったので、緊張や不安でいっぱいでした。
結果、私の試合の途中で負けが確定してしまいました。それでも私は絶対勝つという気持ちを持って試合を続けました。その時、負けが確定しているのに、私の試合を残って応援してくれる人がたくさんいて、改めて応援の大切さやありがたさを感じることが出来ました。
でも、目標を達成することが出来なくて悔しい気持ちでいっぱいです。
次の代の後輩にはこんな悔しい気持ちをしてほしくないので、自分達が出来る限りの指導をして、良い結果を残せるようにしてあげたいです。
まだ高校に上がるまでに個人戦が残っているので、個人戦では結果を残せるように気を緩めずに頑張ります。

【男子キャプテン・吉田(中3)】

今回の総体、三田学園はベスト4に入り、近畿大会に出場することを目標として練習してきました。
チームとして一つの目標を持ち、それに向かって一人一人真剣に練習してきたので、メンバー全員がいい状態で試合を迎えることが出来ました。
そして、近畿大会出場をかけた試合で僕はシングルスを任されました。
プレッシャーの中で思うようにプレーができない自分がポイントを取れたのは、ベンチに入ってくれたメンバーや、応援してくれた同じチームの仲間が支えてくれたからだと思います。
しかし、自分でミスを連発してしまい、勝つことができませんでした。
自分が試合で負けてしまって、三田学園対灘中学校の試合は打ち切りになってしまいました。
たくさんの人から応援してもらったのに負けてしまって、本当に悔しいし、申し訳ないです。
団体戦は負けてしまいましたが、個人戦はまだ残っているので、悔いのない試合ができるように頑張ります。

前の5件へ