ソフトテニス部

SOFT TENNIS

ソフトテニスとは、30gの柔らかいゴム製のボールを200~300gの軽いラケットで打ち合うスポーツです。ゴムボールをひっぱたいて打球した時に生まれるあの響き渡る快音は、一度味わうと忘れられません。「文武両道」をモットーに、オムニコート2面、クレーコート3面という恵まれた環境の中で、上位大会進出を目指して練習に励んでいます。

奈良明日香研修大会

2019/04/06

こんにちは。高3の吉川です。

今回は、3月31日から4月3日に渡る奈良明日香研修大会の合宿の報告をさせていただきます。

奈良明日香研修大会は、全国各地から強豪校も含めたくさんの学校が集まり、強化を目的に団体戦が行われる研修大会です。奈良県の各地で白熱した戦いが行われ、インターハイレベルの試合も数多く繰り広げられます。そんな大会に本校は昔から参加させていただいています。今までの先輩方の活躍により、今回も参加させていただくことになりました。僕たちのチームが最後のチームとなるため、三田学園としては最後の参加となった今回は、新高3の14名でAチームとBチームに分かれて参加させていただきました。

31日に開会式が行われ、1日には5〜6チームのリーグ戦が行われました。Aチームは6チームリーグで2勝3敗、Bチームは5チームリーグで0勝4敗となりました。2チームとも負け越す結果となりましたが、自分の能力が出せたプレーもそうでなかったプレーも出て、強風や小雨の中での試合も経験して、実りある1日になりました。また、宿舎に帰ってからは2チーム合同でミーティングを行い、まずは翌日の試合に向けて、改善すべき点を共有しました。

そして迎えた2日は、1日の結果をもとにリーグが組まれ、1日と同様のリーグ戦が行われました。前日の反省を生かし、行動に移そうという姿勢で皆一生懸命戦いましたが、相手は強く、なかなか勝てない試合が続きました。そんな中でも、自主的に自分の試合の動画を撮ったり、全国トップレベルの試合を見たりと向上心を持って過ごせた充実の1日だったと思います。結果はAチームが0勝4敗、Bチームが1勝3敗となりました。また、この日も1日と同様に宿舎でミーティングを行いました。最後のミーティングとあって、翌日のトーナメントに向けてだけでなく、1ヶ月後の総体に向けての発言も飛び交いました。ミーティングの後も部屋で試合の動画を見るなど、各々がしっかり考えて行動できていたと思います。

最終日となる3日には、2日の結果を踏まえてトーナメントが5種類組まれ、試合が行われました。疲れも残る中でしたが、リーグが行われた2日間の反省点にも意識を置いて、最後まで全力でプレーしました。異なるトーナメントに入った両チームはともに1回戦で敗退となりましたが、その後に組まれる練習試合も含め、最終日もたくさんの試合をさせていただきました。

この合宿では、3日間で両チームともに15試合ほどさせていただき、格上のチームとも数多く対戦させていただきました。また、試合をするだけではなく、普段は近くで見ることができないようなハイレベルな試合を目の当たりにし、刺激を受けました。今回の合宿は各々が今まで以上に自己を振り返り、向上心を持つこの上ない機会になったと思います。各々改善すべき点は違いますが、合宿でより強固になったチームワークで今後の練習に取り組んでいこうと士気が上がっています。今回の合宿にあたり、大会関係者の方や宿舎の方々には大変お世話になりました。僕たちが4日間にお世話になった全ての皆さんにこの場を借りて感謝申し上げます。

さて、そしていよいよ丹有総体まで1ヶ月を切りました。合宿ではハイレベルなプレーを沢山目に焼き付けましたが、残す1ヶ月でできることは限られています。総体で1プレーでも多くプレーできるよう、残るわずかな期間、多くの方々への感謝の気持ちを忘れず、今まで以上にチーム一丸となって精一杯、できることから頑張っていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします。