ソフトテニス部

SOFT TENNIS

ソフトテニスとは、30gの柔らかいゴム製のボールを200~300gの軽いラケットで打ち合うスポーツです。ゴムボールをひっぱたいて打球した時に生まれるあの響き渡る快音は、一度味わうと忘れられません。「文武両道」をモットーに、オムニコート2面、クレーコート3面という恵まれた環境の中で、上位大会進出を目指して練習に励んでいます。

近況報告

2019/03/29

 

こんにちは。高2の吉川です。

長いようで短かったオフシーズンも終わり、いよいよシーズンインとなりました。更新が久しぶりになってしまいましたが、今回は、3月25日のミズノカップや26日の練習試合を含めた活動をまとめてご報告させていただきます。

11月の大会以降、大会の無い期間が4ヶ月ほどありました。しかし、日が落ちるのが早い冬の授業のある日は十分に打つことができず、修学旅行や学年末考査も挟んだためか、あっという間に過ぎた印象です。チームとしては部員の意見を汲み取りながらの弱点克服に加え、モチベーションが下がらないよう、実戦練習も例年より積極的に行いました。大きな飛躍を遂げたとは言えないかと思いますが、各々が確かな成長を感じ、春休みに入りました。

春休みに入って間もない3月25日にマリンテニスパーク北村でミズノカップが行われました。チームから上位3ペアが出場する団体戦です。久しぶりの対外試合となり、うまくいかなかった部分も多くありましたが、勝利も敗北も経験し、今後の大きな糧となりました。

翌日の26日には夢野台高校に来ていただき、練習試合を行いました。オフシーズンの練習を生かし、勝利も多く得た一方で、多くの課題も各々見つかりました。また、チームとしてはもっと声を出して相手に向かって行く姿勢を強く見せる必要性を再認識しました。これは意識次第で変えられる部分なので、練習の中でもいい雰囲気を作りつつ、改善していきたいと思います。

そして来たる3月31日からは3泊4日で奈良明日香研修大会に行きます。全国から強豪校も集まる、非常に刺激的な練習大会です。およそ半分の部員は昨年も参加しており、この合宿から得られるものは大きいと感じています。この非常に密であろうこの4日間で、いよいよ1ヶ月後に迫る丹有総体に向けて、ひとまわりもふたまわりも大きくなって帰って来られるよう、精一杯頑張りたいと思います。

さて、3月も間もなく終わりを迎え、4月に入ると高2は高3に、高1は高2にそれぞれ進級します。特に現高2は受験生となり、クラブ以外にも力を入れるべき部分がたくさん出てきます。しかし、ここまでほとんどの部員が残ってクラブを続けており、皆最後の総体に向けて強い気持ちを持っています。丹有総体をしっかりと戦い抜き、その後の県大会、そしてその先の舞台で戦えるよう、残る1ヶ月、チーム一丸となって一生懸命頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします。