中学軟式野球部

RUBBER BASEBALL

外野全面人工芝の専用グラウンドで、チーム目標である県大会出場を目指し日々練習に励んでいます。恵まれた環境の中で、平日は基礎練習、休日は実戦練習を中心に取り組んでいます。また、挨拶や礼儀を大切にすることを日頃から心がけており、野球の技術だけではなく、人間力の育成にも力を入れています。

練習試合(7月12日)

2020/07/12

第一試合

  星和台  0100010

三田学園 0010100

二回表星和台の攻撃、四球・盗塁・パスボールで一死三塁とされると、一塁手のグラブを弾くゴロでランナーが生還、0-1。三回裏三田学園の攻撃、先頭打者の三塁打で無死三塁のチャンス。一死後ワイルドピッチで同点とする、1-1。五回裏三田学園の攻撃、二塁打・バントで一死三塁、次打者倒れるも二死からタイムリーが出て勝ち越しに成功、2-1。六回表星和台の攻撃、二塁打・内野ゴロで一死三塁、次打者セカンドゴロが野戦となり同点とされる、2-2。しあいはそのまま同点で終了。

 

第二試合

三田学園 0000000

  星和台  010201☓

二回裏星和台の攻撃、ヒット・WPで一死二塁、二死とするもタイムリーを浴び先制を許す、0-1。四回裏星和台の攻撃、二死から死球・ヒットで二死一二塁とされると、一番打者に左超えの二塁打を浴び追加点を許す、0-3。六回裏星和台の攻撃、二つの死球とヒットで一死満塁から押し出し死球で追加点、0-4。攻撃ではヒット二本に抑え込まれ、0-4で敗戦。

 

練習試合(7月5日)

2020/07/05

通常登校再開後、初めての練習試合が行われました。

第一試合

 大池  1012000

三田学園 0000000

一回表大池の攻撃、一死から四球・盗塁・内野ゴロで二死三塁とされると、レフトオーバーのタイムリーを浴び1点を失う、0-1。二回裏三田学園の攻撃、2本のヒットと四球で二死満塁とするも次打者三振で無得点。三回表大池の攻撃、一死三塁からタイムリーが出て1点追加、0-2。四回表大池の攻撃、ヒット3本にエラーが絡み2点を失う、0-4。六回裏三田学園の攻撃、二死二三塁とするも次打者三振で無得点。試合はそのまま0-4で敗戦となった。

 

第二試合

三田学園 0000020

 大池  2000001☓

練習試合(2月15日)

2020/02/17

2020年シーズン初めての練習試合を行いました。

 

第一試合

 梁瀬  0000000

三田学園 000100×

一回裏三田学園の攻撃、2つの四球と送りバントで一死二三塁のチャンス、次打者空振りの際に三走が飛び出しチャンスをつぶしてしまう。四回裏三田学園の攻撃、二死三塁から内野安打で1点を先制、1-0。さらに連続ヒットで二死満塁とするも一本が出ず追加点ならず。守備では2投手によるノーヒットリレーで完封。1-0で勝利となった。

 

第二試合

三田学園 1000000

 梁瀬  0000000

一回表三田学園の攻撃、二死から三塁打・ショートエラーで1点先制、1-0。二回裏梁瀬の攻撃、ヒット2本とバント・四球で一死満塁のピンチを迎えるも、後続を抑え無失点で切り抜ける。試合はそのまま1-0で勝利となった。

練習試合(11月24日)

2019/11/26

第一試合

関西学院 3001001

三田学園 111015×

一回表関西学院の攻撃、二死から四球・盗塁で二塁にランナーをおいて四番打者の左中間三塁打で1点を先制される、さらに二本のタイムリーが続き関西学院が3点を先制、0-3。一回裏三田学園の攻撃、エラー・盗塁・WPで一死三塁とすると、内野ゴロの間に1点を返す、1-3。その後、二回裏三回裏に1点ずつを返し同点に追いつく、3-3。四回表関西学院の攻撃、一死三塁からスクイズで勝ち越しに成功、3-4。五回裏三田学園の攻撃、一死三塁からタイムリーで同点に追いつく、4-4。六回裏三田学園の攻撃、四球・エラーなどで得たチャンスにタイムリーさらに相手エラーが重なり一挙5点を勝ち越し、9-4。七回表関西学院の攻撃を1点に抑え、9-5で勝利となった。

 

第二試合

三田学園 0210110

関西学院 0000202

練習試合(11月17日)

2019/11/21

第一試合

三田学園 0000000

 丹南  110000×

一回表三田学園の攻撃、連続四球と盗塁で無死二三塁、次打者三ゴロの間に本塁狙うもスタートが遅れてタッチアウト、さらに打者走者も一二塁間で挟まれてダブルプレー、チャンスをつぶす。一回裏丹南の攻撃、四球・盗塁・バントで一死三塁とされるとライト前にヒットが出て1点を失う、0-1。二回裏丹南の攻撃、一死から連続四球で一二塁、二死とするも一番打者にセンター前にヒットが出て追加点、0-2。送球の間に二死二三塁とされるも後続はおさえる。攻撃では、その後はランナーを出すも攻めきれず無得点、0-2で敗戦となる。

 

第二試合

三田学園 0000000

 丹南  0000000

お互いチャンスをつくるも、あと一本が出ず両チーム無得点に終わる。

 

第三試合

三田学園 41102

 丹南  11011

相手のミスに乗じて初回から得点を重ねる。一年生も含め、普段出場機会の少ない選手も活躍できた試合となった。

前の10件へ