中学軟式野球部

RUBBER BASEBALL

外野全面人工芝の専用グラウンドで、チーム目標である県大会出場を目指し日々練習に励んでいます。恵まれた環境の中で、平日は基礎練習、休日は実戦練習を中心に取り組んでいます。また、挨拶や礼儀を大切にすることを日頃から心がけており、野球の技術だけではなく、人間力の育成にも力を入れています。

練習試合(11月3日)

2022/11/05

第一試合

三田学園 6000000

神戸長坂 2000000

一回表三田学園の攻撃、四球・バントヒットで無死満塁とすると、日本のタイムリーと相手ミスで6点を先制、6-0。一回裏神戸長坂の攻撃、一死二三塁から中前タイムリーで2点を返される、6-2。2回以降は両チームチャンスをつくれず、6-2で試合終了。

 

第二試合

神戸長坂 1000011

三田学園 201200×

一回表神戸長坂の攻撃、一死三塁から中前タイムリーで1点の先制を許す、0-1。一回裏三田学園の攻撃、二死二三塁から右越えタイムリー三塁打で逆転に成功、2-1。三回裏三田学園の攻撃、二死二三塁からPBで追加点、3-1。四回裏三田学園の攻撃、先頭打者ランニングHRで1点を追加すると、さらに一死二塁から三塁線へのバント処理が一塁への暴投となり1点を追加、5-1。六回表神戸長坂の攻撃、一死一三塁から盗塁を試みた一走を刺しにいった送球が暴投となり1点を返される、5-2。七回表神戸長坂の攻撃、無死二塁から中前タイムリーで1点を返される、5-3。後続を打ち取り5-3で勝利。

練習試合(10月30日)

2022/10/31

第一試合

尼崎ライジングサン 0100000

    三田学園     001010×

二回表尼崎ライジングサンの攻撃、二死から野手の間に落ちるヒット・盗塁で走者を二塁に進められると、右中間に落ちるタイムリー二塁打で先制を許す、0-1。三回裏三田学園の攻撃、二死からヒット・盗塁・暴投で三塁にランナーを進めると、レフト線へタイムリー二塁打が飛び出し同点に追いつく、1-1。五回裏三田学園の攻撃、二死からライトオーバー三塁打で二死三塁、センター前タイムリーで逆転に成功2-1。投手三人の継投で逃げ切り、2-1で勝利。

 

第二試合

    三田学園     0000000

尼崎ライジングサン 210000×

一回裏尼崎ライジングサンの攻撃、3つの四死球とヒットにエラーが絡み2点を失う、0-2。二回裏尼崎ライジングサンの攻撃、一死一三塁から重盗で追加点を許す、0-3。五回表三田学園の攻撃、先頭打者ライトオーバーの三塁打を放ち無死三塁とするも、後続が打ち取られ無得点。完封での敗戦となった。

令和4年度 兵庫県中学校新人大会

2022/10/24

10月22日(土) あじさいスタジアム北神戸

三田学園 0000000

 三原  021201×

一回表三田学園の攻撃、二死から3四球で満塁とするも無得点。二回裏三原の攻撃、無死一二塁からのバント処理の一塁送球がランナーにあたり1点を失う、0-1。さらに満塁から押し出しで追加点、0-2。三回裏三原の攻撃、一死一塁からタイムリー三塁打で1点を追加、0-3。その後も、効果的に追加点を奪われ0-6とリードを許す。攻撃では10四死球をもらいながら3安打に終わりそのまま敗戦となった。

令和4年度 丹有地区中学校新人大会

2022/10/17

10月15日(土) 氷上総合グランド

一回戦

  三田学園   02262

柏原・青垣 00010 五回コールド

試合序盤から連打で先制点を挙げると、その後も点数を重ねて有利に試合を進める。四回表には2本のランニングHRが飛び出すなど6点を追加し、試合を決める。

 

二回戦

  三田学園   0024000

篠山・今田 1000010

一回裏篠山・今田の攻撃、四球・盗塁・バントで一死三塁とされると、スクイズで先制を許す、0-1。三回表三田学園の攻撃、二死から四球・センターへの二塁打で二死二三塁とすると、レフト線を破るタイムリー三塁打で逆転に成功、2-1。四回表三田学園の攻撃、5本のヒットを重ね一挙4点を奪う、6-1。その後1点は返されるものの、6-2で勝利し準決勝進出。

 

10月16日(日) ブルーベリースタジアム丹波

準決勝

三田学園 10510

 氷上  00000 五回コールド

一回表三田学園の攻撃、一死二三塁から内野ゴロの間に1点を先制、1-0。三回表三田学園の攻撃、2四球に5本のヒットを集中させ一挙5点を追加、6-0。四回表三田学園の攻撃、二死三塁からセンター前に運び追加点、7-0。五回コールドゲームで決勝進出。

 

決勝

  三田学園   2300022

山南・和田 0200000

一回表三田学園の攻撃、一死二三塁から振り逃げの一塁送球の間に三走が生還し先制点をあげる、1-0。さらに二死三塁からレフト前へタイムリーヒット、2-0。二回表三田学園の攻撃、一死一二塁からライトオーバーの二塁打で2点を追加、4-0。さらに二死三塁からレフト前ヒットで追加点5-0。二回裏山南・和田の攻撃、一死満塁から押し出し四球と内野ゴロで2点を返される、5-2。六回表三田学園の攻撃、三連打で2点を追加、7-2。七回表三田学園の攻撃、一死二三塁から内野ゴロの間に1点、二死三塁からライトオーバーの二塁打でさらに1点、9-2。2回から登板した投手が1安打に抑えるロングリリーフで試合を締める。

新人大会では、4年ぶり15回目の優勝を飾った。

令和4年度 三田市中学校新人大会

2022/10/03

10月1日(土)

一回戦

   三田学園    2000002

狭間・富士・藍 0000000

一回表三田学園の攻撃、一死満塁からレフト前タイムリーヒットで1点を先制、1-0。さらにWPで追加点、2-0。さらに四球で満塁とするもこの回2点止まり。一死二三塁から左中間へタイムリー二塁打で2点を追加、4-0。投げては3投手の継投で1安打完封勝利。準決勝へ。

準決勝

ゆりのき台 000000

  三田学園   200023× 六回コールド

一回裏三田学園の攻撃、一死二塁からタイムリー三塁打で先制、1-0。さらに一死三塁からセンター前へタイムリーヒットで追加点、2-0。五回裏三田学園の攻撃、四球・ヒット・PBで無死二三塁、二死後レフトへタイムリー二塁打で2点を追加、4-0。無死二三塁から相手エラーで追加点、5-0。その後2本のタイムリーでコールドゲーム成立。決勝戦へ。

 

10月2日(日)

決勝

 八景  00000102

三田学園 01000001 八回からタイブレイク無死一二塁

一回表八景の攻撃、二死二三塁とされるも無失点。二回表八景の攻撃、一死一二塁とされるも1-5-3のDPで切り抜け無失点。二回裏三田学園の攻撃、一死一塁からレフト線へ二塁打を放つと相手野手がもたつく間に一走が本塁へ生還、1-0。その後の一死三塁からは得点できず。六回表八景の攻撃、死球・盗塁・進塁打で二死三塁とされると、ライト前へ落とされ同点に追いつかれる、1-1。その後の二死三塁は凌ぎきる。七回裏三田学園の攻撃、一死からヒット・WPでサヨナラのチャンスを迎えるも、連続三振で勝ち越しならず。試合は無死一二塁からのタイブレイクへ。八回表八景の攻撃、バントヒットで無死満塁とされると、エンドランで1点、さらにスクイズで1点を勝ち越す、1-3。その後の一死一三塁のピンチは凌ぎきる。八回裏三田学園の攻撃、一死一三塁からセンター前ヒットで1点を返す、2-3。さらに、一死一二塁から逆転を狙うも、後続が打ち取られゲームセット。接戦を落とし2位での丹有大会進出となった。

前の10件へ