鉄道研究部

RAILWAY

鉄道研究部では自称鉄道マニアが積極的に情報交換を行い、鉄道に関する興味を深め、模型製作に力を注いでいます。文化祭ではジオラマ模型を展示し、来場者に体験運転を楽しんでいただいています。夏休みには3泊4日の鉄道研究旅行を行い、部員間の交流を深めながら、部誌「鈍行列車」を発行してその成果を報告しています。

第11回全国高校生地方鉄道交流会に参加してきました!

2022/08/26

こんにちは!鉄道研究部です。

8月5日から8月7日まで開催される全国地方鉄道交流会に参加してきました!

1日目は、南海電気鉄道株式会社 千代田工場で「車両吊り下げ」、12000系のサザンの整備車両の見学、車掌体験を行いました。「車両吊り下げ」では、クレーンが、クハ1701(全般検査済)を慎重に持ち上げ、車両を別のレーンに移動する様子を眺めました。その場にいる全員が、興奮を抑えつつ空中を移動する車両を見守っていました。

 

2日目は、岬町でフィールドワークを行いました。午前中は、豪雨からのスタート。カメラマンの水野先生から視線誘導の方法などをご指導いただきました。その後、地元校の岬高校の生徒たちと交流を深めました。午後からは汗がでてくるほどの快晴となりました。岬町でしか取れない写真を撮影したり、深日洲本ライナーに乗船したりしました。

 

3日目は、事前学習+フィールドワークで調査したことをまとめ、プレゼンを行いました。アクシデントはあったものの、岬町を盛り上げるための案を発表しました。その後、結果発表。プレゼン部門は、落選。三田の名前が発表されず、落ち込む生徒たち。写真部門では、LEAM Japan賞 斎藤弘青。驚きを隠せず、小さくガッツポーズ。賞状は、硬券を模した特別な賞状になっていました。

 

今回の交流会を通して、撮影方法、プレゼンの伝え方、他校との交流など多くのことを学び、成長する機会となりました。

 

 

文化祭に向けて始動!

2022/06/27

こんにちは!鉄道研究部です。

鉄道研究部では、文化祭に向けて、ジオラマを製作しています。部員全員が、ジオラマの担当箇所をもち、それぞれのペースで製作しています。駅を組み立てたり、鉄橋を今回のジオラマ用に手作りしたりしている生徒もいます。

これからどんな街が出来上がるのか楽しみです!

文化祭動画撮影

2021/10/29

文化祭準備の日の午後、中学本館会議室で文化祭動画の撮影をしました。

部室から各自が担当したモジュールを運び、互いにつなぎ合わせました。モジュールは全部で14個あります。

今年は緊急事態宣言が出され、部活ができない期間がありました。製作時間が予定よりもかなり短くなってしまいましたが、なんとか間に合いました。

今年は複々線(線路が4本並行)に挑戦しました。一部で通電がうまくいかなかった箇所もありましたが、無事に線路が繋がり撮影をすることができました。

動画の完成は後日になりますが、以下の写真で今年の作品をご覧ください。

 

文化祭直前

2021/10/23

文化祭で展示(映像発表)する鉄道レイアウト模型の製作の最終段階に入ってきました。

各自が担当するモジュールをつなぎ合わせると、1周が約14mの作品になります。

撮影は来週木曜日を予定しています。各自が担当しているパートの完成に向けて、残り少ない時間ですが細部にもこだわりを持って作業を進めています。

動画の公開は後日になりますが、動画撮影にも趣向を凝らしますので、楽しみにしていてください。

 

 

今日は桜陵祭

2019/11/02

 いよいよ今日は桜陵祭です。今年は10人の部員が6月中頃からジオラマ制作を頑張って来ました。今年のジオラマは、鉄研史上最大!? の大きさとなっており、都会の新駅を中心として、都市〜田舎の夏の風景の移り変わりを、全14面で表現しています。整然とした再開発真っ只中の新駅から、田畑広がる田園地帯まで、めまぐるしく変わるジオラマを是非ご覧下さい。
 例年通り配布している鉄道研究部誌「鈍行列車」は今年で60号目を迎えました。今年は鉄研部員7人の旅行記、研究記を7稿構成でお届けします。皆さま是非お手にお取り下さい。
 鉄道研究部員一同、皆様の桜陵祭への来場をお待ちしております。皆さま是非桜陵祭会場までお越しください。
 

前の10件へ