物理部

PHYSICS

物理部には高校生23名と中学生10名が所属しています。「好きなことを見つけよう!」をモットーに、4つの課に分かれて活動しています。広報課は動画・新聞・部誌などの制作、物理課は物理の学習および実験、プログラミング課はゲーム制作など、ロボット課はサッカーロボットを制作し、全国大会にも出場しています。※部員数は2016年4月1日現在。

サッカーロボット技術公開 第一段

2018/07/19

 遅くなりました。ロボカップジュニア2018ジャパンオープン優勝ロボットの技術公開第一段です。ロボッカプジュニアのサッカーロボット作りの参考にしてもらえたらうれしいです。今回は、ロボットの全体写真、部品リスト、回路図の公開です。部品リストは購入先も載せています。第二段、第三段・・・とどんどん公開して行こうと思っています。

 このロボットの特徴は、三輪用のフレームを使用して日本リーグ(二輪)用のロボットを作ってるところです。このことにより、初心者向けの日本リーグで経験を積んだ後、すぐに三輪以上のワールドリーグにスムーズにステップアップすることができます。ワールドリーグにステップアップするための入門ロボットに最適です。このロボットで基本を学び、三輪に変更してワールドリーグでの出場を目指しています。全国大会では、なぜオムニホイールを使用しているのかよく聞かれましたが単に三輪用のフレームを使っているためホイールがハの字型についているのでオムニホイールにしないといけなかっただけです。並行にホイールを取り付ければ普通のホイールでも動きますし、そのほうがスピードも出ます。

 

部品リスト↓

部品リスト.xlsx - Sheet1

回路図↓

robot2018 Ver.Japan Open

RCJジャパンオープン2018和歌山大会 速報13

2018/04/07

〜閉会式〜

謝辞

 僕達が勝つことができたのは、たくさんの人々のおかげです。橋本先輩、遠くまで応援に来てくださりありがとうございました。野口先輩、部活が違うにもかかわらず、和歌山までありがとうございました。対戦させて頂いたチームのみなさん、一生懸命作られたロボットと対戦することができて、とても勉強になりました。また、僕達のロボットに興味を持ってもらい、とても嬉しかったです。ロボカップの精神に、「大切なのは『勝ち負け』ではなく、ロボカップジュニアの活動や経験を通して『いかに多くのことを学んだか』ということである。」とあります。これからも多くのロボカッパーと協力しながら成長していきたいと思います。そこで僕達のロボットの作り方、プログラミング、回路など全てをこの部活ダイアリーに公開していきたいと思います。参考にしていただけたら嬉しいです。またロボカップジュニアの大会で会いましょう。みなさん本当にありがとうございました。

杉森敬太(中3) 山本遥風(中3)

 

RCJジャパンオープン2018和歌山大会 速報12

2018/04/07

〜決勝戦〜

三田学園物理部チーム「そよかぜ」vs迅速果敢

◎結果 6−5で勝利 見事そよかぜが優勝!

決勝戦の対戦相手は 迅速果敢です。スイス式トーナメント(予選)で唯一負けた相手です。立ち上がりにいきなり2点取られてしまいました。しかし、すぐに1点取り返しそのままお互い点を取り合いながら一点差で試合が進行していきました。残り一分のところで相手チームが連続で2点取り二点差に開いてしまいました。しかし、ここから二点連続で得点し残り30秒で同点に追いくつくことができました。さらに残り15秒で見事追加点を取り逆転に成功。そのまま逃げ切り優勝することができました。

 

前の5件へ