空手道部

夏休みへ向けて

2018/07/13

県高校総体空手道大会の教訓を活かすため、この夏休みに何をすべきなのかミーティングでしっかりと話しあいました。
基礎体力の充実、基本の徹底した反復、得意技の錬磨、不得意技の克服などなど、次々に課題があがりました。そして目標を達成するための練習計画を、皆で考えて作成しました。無謀な計画では身体を壊すだけなので、無理をし過ぎないように足元を見つめ着実に一歩一歩前進できる計画を作りました。よく心技体と言いますが、一番大切なのは「心」だと思います。厳しい練習を通して、精神的な部分がもっとも成長できたと言えるように努力していきます。      (主将 高2 岸本誠央)