空手道部

KARATEDO

部訓は「克己心」(こっきしん)。「己」に打ち克つために心身を鍛えることは、その究極に「他」を守り支えるためにある。そうした教えや礼節を重んじ、なお人間的な鍛錬と成長を最も大切にしながら活動を行っています。上級生と下級生が鍛錬を通じ、お互いを高めることで上位の大会出場を目指しています。

県高校総体 空手道大会 結果

2018/06/21

6月8日(金)から3日間、神戸常盤アリーナ(県立文化体育館)で兵庫県高校総体空手道大会が行われました。
結果は上級生選手との対戦とはいえ、形競技・組手競技ともに勝ち上がることができず、非常に悔しい大会になりました。反省すべき点が次から次に出てきて、克服しなければならない課題だらけになってしまいました。自分たちでは大会まで一生懸命取り組んだつもりでしたが、それはあくまでも「つもり」でしか無かったのです。他校生は自分たち以上に努力を積み重ねているのです。それが分からず、自分たちだけの独りよがりになっていたことが最大の反省点です。
秋の新人大会は同学年の選手との戦いになることもあり、なお一層精進していきます。
                                                             (主将 高2 岸本誠央)