空手道部

KARATEDO

部訓は「克己心」(こっきしん)。「己」に打ち克つために心身を鍛えることは、その究極に「他」を守り支えるためにある。そうした教えや礼節を重んじ、なお人間的な鍛錬と成長を最も大切にしながら活動を行っています。上級生と下級生が鍛錬を通じ、お互いを高めることで上位の大会出場を目指しています。

阪神丹有地区高校空手道大会

2018/04/28

4月22日(日)に阪神丹有地区空手道大会が、鳴尾高校で開催されました。丹有地区の加盟校が減ったので、阪神地区と丹有地区が合併した形で試合が行われました。
出場校が増えたこともあり、ハイレベルな試合が多く展開されました。県大会で勝ち上がり全国大会への切符を手に入れる可能性が極めて高い選手の動きは、さすがに目を見はるものがありました。
戦績としては、個人形の部で岸本(高2)が第3位に入賞しました。
この大会を受け、6月8日から始まる県総体へ向け、さらに励んでいこうと思います。
                                    (主将 高2 岸本誠央)