空手道部

寒さの中

2018/02/02

1月にインフルエンザが流行したり、大雪に見舞われたりと、今年の冬の寒さは例年になく厳しいものになっています。
空手道場は屋内ですが、やはり寒いです。外の温度以上に冷えている時があります。稽古をし始める時が一番つらく、凍えそうになります。しかし、縄跳び練習が始まると体は次第に温まり、坂道ダッシュを終える頃には大粒の汗が流れてきます。おかげで柔軟もしっかりとできます。
空手の練習は基本動作の繰り返しが大切です。突き、蹴り、受け、捌きといった動作の一つ一つを、力強く・正確に・素早く・鋭くできるように、日々、鍛錬あるのみです。(主将 高1 岸本誠央)