空手道部

KARATEDO

部訓は「克己心」(こっきしん)。「己」に打ち克つために心身を鍛えることは、その究極に「他」を守り支えるためにある。そうした教えや礼節を重んじ、なお人間的な鍛錬と成長を最も大切にしながら活動を行っています。上級生と下級生が鍛錬を通じ、お互いを高めることで上位の大会出場を目指しています。

川西市大会・県私学大会 11.29

2017/11/29

川西市空手道大会が11月23日に川西市総合体育館で、兵庫県私学空手道大会が11月26日に滝川高校で開催されました。
川西市大会では岸本先輩(高1)が高校生男子個人形の部で第3位に、森(中2)が中学生男女混合個人形の部で同じく第3位に入賞し、夏から取り組んできた形競技で結果を残すことができました。
県私学大会は全国レベルの強豪校がひしめき、高校生の部はハイレベルな大会になりました。中学生は出場者数があまり多くないこともあり、森(中2)が形競技で準優勝、組手競技で優勝することができました。
今回の二つの大会は強い選手が多く参加していたので、自分たちの練習で見直すべき点がどこにあるのかがよく分かりました。
12月4日から始まる期末考査のため、しばらく練習はありません。考査終了後に練習が再開されたら、今回気づかされた課題に取り組んでいきたいです。      (中2 森 大輝)