空手道部

KARATEDO

部訓は「克己心」(こっきしん)。「己」に打ち克つために心身を鍛えることは、その究極に「他」を守り支えるためにある。そうした教えや礼節を重んじ、なお人間的な鍛錬と成長を最も大切にしながら活動を行っています。上級生と下級生が鍛錬を通じ、お互いを高めることで上位の大会出場を目指しています。

兵庫県空手道新人大会 11・21

2017/11/21

兵庫県高等学校空手道新人大会が、11月10日(金)~12日(日)の3日間、姫路の県立武道館で開催されました。
近畿大会の県予選になっている大会で、上位に入賞すれば来年1月に和歌山で行われる大会の出場権を獲得することができます。また、東京オリンピックで空手が正式種目になったこともあり、NHKの取材班の方が大会期間中ずっと撮影されていました。
県のレベルは高く、残念ながら組手競技・形競技とも上位進出は叶いませんでしたが、しっかりと反省し、また練習に励んでいこうと思います。             (主将 高1 岸本誠央)