空手道部

夏休み練習 8・4

2017/08/04

 夏休みになり、午前中は講習を受講し、午後から練習に励んでいます。
 空手道部は伝統的に組手競技を中心にした練習計画を作成し、取り組んで来ました。形競技の練習は、最後の方に少しする程度でした。
 しかし、この夏は組手競技の練習とともに形競技にも力を入れようと、部員それぞれが自分の目標を決め、レベルアップしようと頑張っています。兵庫県独自の高体連形はもちろんのこと、セイシャン、バッサイダイといった指定形の精度を高め、一つでも多く勝ち上がっていけるよう奮闘中です。                                                                                                                    (主将 高1 岸本誠央)