空手道部

KARATEDO

部訓は「克己心」(こっきしん)。「己」に打ち克つために心身を鍛えることは、その究極に「他」を守り支えるためにある。そうした教えや礼節を重んじ、なお人間的な鍛錬と成長を最も大切にしながら活動を行っています。上級生と下級生が鍛錬を通じ、お互いを高めることで上位の大会出場を目指しています。

空手道部 卒業 3・9

2017/03/09

2月28日(火)に高校の卒業式があり、3名の先輩方が卒業されました。6月の総体終了後にクラブは引退され、ずっと受験勉強に励まれていました。クラブを引き継いだときは、正直、不安ばかりに支配されていました。そんな中、練習にはいらっしゃらないけれど、まだ学園内にいて下さると思い、存在自体が心の支えになっていました。その先輩方が名実ともに卒業され、大きな拠り所がなくなった感じです。
 「ピンチはチャンス」という言葉があります。今の状況こそが、まさにそうなのだと思います。自分自身、完全に自立する絶好の機会なのかもしれません。超えなければならないハードルは高く、まだまだいくつもありますが、全力で立ち向かっていこうと思います。
 先輩方、ご卒業おめでとうございます。先輩方の意志を受け継ぎ、全員で頑張っていきます。
(主将 高2  山本賢二郎)