空手道部

KARATEDO

部訓は「克己心」(こっきしん)。「己」に打ち克つために心身を鍛えることは、その究極に「他」を守り支えるためにある。そうした教えや礼節を重んじ、なお人間的な鍛錬と成長を最も大切にしながら活動を行っています。上級生と下級生が鍛錬を通じ、お互いを高めることで上位の大会出場を目指しています。

空手道部 丹有新人 9・26

2016/09/26

9月11日(日)、有馬高校体育館で丹有地区空手道新人大会がありました。県大会の地区予選となっている公式戦です。
この夏、僕は主将として練習に全力を注ぎました。自分自身の鍛錬はもちろんのことですが、部員全員が一生懸命打ち込めるよう何よりも心を砕きました。練習メニューに工夫を凝らしつつ、クラブ内の雰囲気が良くなるよう配慮しました。同じ道場で同じ時間、同じ目的に向かって練習すれば、自然と積極的になって、心技体に渡って色々なことが学べると思います。そのベースになるのが良い雰囲気だと考えています。皆の協力があり、非常にいい形で夏を越えることができました。

「練習は嘘をつかない」「努力は報われる」「結果はついてくる」とかいいますが、この地区大会で本当にそうなんだと実感できました。個人組手は判定の末の準優勝、個人形は優勝。素晴らしい成果を得られたのは自分の力だけではありません。協力してくれた仲間たち、指導して下さった顧問の先生方、温かく見守り応援してくれた家族の支えがありました。今回の経験を基に、これからも励んでいきます。
(主将 高2 山本賢二郎)

img_4685img_4754img_4795img_4869img_4876