化学部

CHEMICAL

活動は週に3回、生徒の自主性を重んじる部活です。毎回、自分たちでテーマを選び、それについて調べてから化学の実験に取り組んでいます。思うような結果が得られず、苦労することもありますが、実験を通して化学への興味や関心を深めています。そこで得られた成果はオープンキャンパスや文化祭などの機会を利用し、発表しています。

2019年最初のブログ

2019/01/29

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。化学部副部長の木原です。

今年もよろしくお願いいたします。

   ↑ 部員のA君の力作(化学部後方の黒板)

1月25日に新入生に向けての部活紹介用動画をとりました。

部長がインフルエンザにかかってしまうなどハプニングがあり、部長の出演はなくなってしまいましたが、なんとか撮影することができました。

新入生の方々に興味を持っていただけるよう炎色反応の実験も行いました。

    ↑  炎色反応の実験準備

化学部に興味のある方は是非一度部室にお越しください!

 

2018年最後のブログ

2018/12/19

こんにちは。化学部副部長の木原です。

冬休みの間は部活が無いため、2018年最後のブログ更新となります。というわけで、今回は部員たちに一年間の振り返りをしてもらいました。

 

部長 「活動日が少なくさびしかった」

Aさん「特に事故無く終われてよかった」

Tさん「これまであまり理解できないまま使っていたmolが、授業で習ったことによって理解できるようになったことが印象的でした。」

Yさん「今年の文化祭は初めて二つの実験を担当しました。(錬金術と青いフラスコ)昨年と比べて準備などで苦労することも多かったのですが、その分反響も大きく良い文化祭になりました。来年は最後の文化祭になるのでさらに良い文化祭にできたら良いなと思います。化学部に幸あれ!」

全員が高校生になり、周りの環境は変わりましたが時に厳しく和気藹々と活動することができました。来年度新たな部員が入部してくれることを期待して、残り少ない期間ですが協力し合い来年度に向け活動していきます!これからも化学部をよろしくお願いします!by副部長

実験紹介

2018/11/27

こんにちは。化学部副部長の木原です。

今回は近況報告としてA井君の実験をご紹介します。

しばらくすると…

このように雪が降っているようになります。

これは「食塩の雪が降る」という実験です。

飽和食塩水にメタノールを加えることによりこのような現象が起こります。どのような反応が起こっているのかというと、メタノールを食塩水に加えたときに水とエタノールが水素結合をつくり、水和イオンを形成できなくなったナトリウムイオンと塩化物イオンが増加し、静電気力で結びつき白色沈殿を生成するという反応です。

しばらくの間は大きなイベントも無いので各自やりたい実験に専念していきます!

随時ブログも更新します!以上化学部の近況報告でした!

文化祭 その②

2018/11/07

こんにちは。化学部副部長の木原です。

11月2、3日は文化祭でした。

今回は前回に続き一般祭の様子をお伝えします。

 

校内祭以上に多くの方にお越しいただきました。

一般祭ではこの様なパンフレットを毎年配布しています。

今年のパンフレットには以前ブログで制作過程をお伝えしていた葉脈標本も貼りました。

子どもには葉脈標本のしおりも配っていましたが、途中で無くなってしまったのと忙しくて手が回っていなかったので渡せていなかった方すみません。

イベントも大成功で、部員一同満足のいく文化祭となりました。

実験を見にきてくださった皆様ありがとうございました!

化学部に幸あれ!

 

 

文化祭 その①

2018/11/07

こんにちは。化学部副部長の木原です。
11月2、3日は文化祭でした。今回は11月2日の校内祭の様子をお伝えします!
最初は緊張して暗くなってしまっていた声のトーンも時間が経つにつれ、明るいトーンで自信を持って説明できるようになっていきました。

たくさんの生徒が部室に来てくれました。       体験できる実験もありました!

 

イベント実験も成功しました。

上手くいかなかった事などは部員同士で話し合い改善し、一般文化祭に向けて反省し忙しくも楽しかった校内際は幕を下ろしました。

一般祭の様子は次回更新します!

   

前の5件へ