CAREER COUNSELING

<通信欄>

卒業生からのメッセージ⑧

2021/06/11

澤野 賢太

 

広島大学  薬学部  薬化学科

 

①中学、高校時代の過ごし方について

 部活はとにかくやめないで、やりつづけることがとても大切だと思います。

定期テストは成績が振るわないけれど、模試ではいい成績が取れる人は慢心しないようにしてください。定期テストを頑張れる人のほうが受験の時に頑張れると思うので、勉強を続けてください。

 

②大学受験勉強について

僕のように、家は勉強をせずに休憩する場所という認識でいると痛い目をみます。塾で頑張るというのもよいと思いますが、夜寝る前に少し英単語を覚えるでもいいので、少しでも家で勉強する習慣をつけておきましょう。

 

③クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出

 勉強に対するモチベーションが高い環境だったので、自分も頑張れたんじゃないかなと思います。最後まで一緒に頑張った部活の友人とは一生の友人になると思うので、出会えてよかったと思います。

卒業生からのメッセージ⑦

2021/06/02

黒田 真穂

 

大阪大学 理学部 生物科学科

 

①中学、高校時代の過ごし方について

 その日出された宿題は量にかかわらずその日のうちに終わらせるようにしました。そうすることで、休日に時間ができ復習する時間をつくることができました。

勉強することも大切ですが、友達と遊ぶ時間や部活動に取り組む時間も今しかできないので、大切にしてください!

 

②大学受験勉強について

 日々の授業の復習をしておくと、後々役に立ってきます。

まずは基礎を固めることが大切だと思います。いきなり難しい問題からではなく、簡単な問題から着実に取り組んでいくことをお勧めします。

 

③クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出

 受験の時期に、休み時間に友達と話すことが息抜きになりました。

 

卒業生からのメッセージ⑥

2021/05/27

稲山 さゆり

 

兵庫県立大学  環境人間学部  環境人間学科

 

①中学、高校時代の過ごし方について

 私は高校から三田学園に入学し、3年生の秋まで塾に行っていませんでした。それでも国公立に合格することができたのは、与えられた課題に理解できるまで向き合って、やり通したからだと思います。三田学園は課題の量が多く、こなすのが大変ですが、逃げないで最後までやり抜くことで大きく成長することができます。また、難しくて理解できないときには先生方にたくさん質問することが大切だと思います。

 

②大学受験勉強について

 受験勉強を始めたのは高2の3月、コロナの話題が出始めた頃でした。今までと違う状況だからこそ、自分と向き合う時間が増えて、部活から切り替えて必死で勉強しました。

皆さんも時間の使い方や、受験勉強の計画をよく考えて頑張ってください。

そして、勉強だけではなく毎日運動したほうが、勉強の効率が上がると思います。

本当に苦しい時こそあきらめないで粘ることで、結果につながります!

 

③クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出

 私は高校からの入学生だったので、初めは知り合いが誰もいなくて不安でしたが、クラスで自分からたくさん話したり、部活でも同級生や先輩に積極的に話しかけました。学校生活を充実したものにできるかは自分次第です。たくさんの人とかかわりを持つと、物事がいろいろな角度から見えてくることも多いです。実際、私は部活のダブルスのペアを組んでいる部員からすごく刺激を受け、考え方が変わりました。ぜひ、皆さんも積極的に行動してみてください。

卒業生からのメッセージ⑤

2021/05/21

前川 諒人

 

広島大学 工学部 特別工学コース

 

①中学、高校時代の過ごし方について

 中学生の頃は勉強することも大切ですが、遊ぶことも大切だと思います。ただし、遊びすぎると高校に入ってとても困るので気を付けましょう。特に英語は早いうちに単語を覚えたほうがいいと思います。高校生になっても友人と遊ぶことは大切ですが、周りに流されず自分に必要な勉強に専念してください。

 

②大学受験勉強について

 英語は単語を知っているかどうかでとても変わります。とりあえず、単語を覚えましょう。

 数学はとにかくいろいろな問題を解くのがベストだと思います。初めて解く問題のはずなのに、一度解いたことがあるように解けることが多いです。

理科は好きになることです。興味があれば、すぐ覚えることができます。教科書に載って

いないことも、自分で調べたりして知識をつけました。

 

③クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出

 クラスメイトとは、よくわからない問題を話し合ったりして学力を高めあうことができました。クラブの仲間は心のよりどころです。部活を引退してしばらく会っていなくても、会うと楽しいです。先生は自分の進路に対して真剣に向き合って下さり、心強かったです。

卒業生からのメッセージ④

2021/05/11

相江 良紀

 

神戸大学 経済学部 経済学科

 

①中学、高校時代の過ごし方について

 高3になるまではテスト前以外はあまり勉強していなかったです。

今考えると、もっと普段から勉強しておけばよかったと思うことが、受験生になってからよくあったので、英単語や古文単語など基本的なことを少しずつでもやっておくことをお勧めします。とはいっても受験勉強に焦りすぎずに高校生活を楽しんでください。

 

②大学受験勉強について

基礎的なことをしっかりすることが一番大事だと思います。僕は塾に行かずに自分自身で勉強することを全部決めていたので、効率よく勉強できた反面、自分がやっていることが正しいのかわからなくなる時がありました。そんな時は友達と話して安心していました。

一人でやるよりも友達と相談しながら勉強を進めていくことをお勧めします。

 

③クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出

 学校行事が楽しかったので、いろいろな事情で変更になるかもしれませんが、精いっぱい楽しんでほしいです。

前の10件へ