CAREER COUNSELING

<通信欄>

卒業生からのメッセージ 7

2022/09/30

藤本 莉穂 大阪大学・外国語・日本語

 

①中学、高校時代の過ごし方について

 中学生、高校ともに学校の定期考査は毎回なるべく丁寧に取り組むと良いと思います。限られた単元の範囲を集中的に勉強できる絶好の機会なので、この時に苦手科目と向き合っておくと後がかなり楽です。また、勉強以外のことをしている時は思いっきりそれを楽しんで下さい。楽しい思い出を学園生活のうちにたくさん作っておいてください。

 

②大学受験の勉強について

 受験生活を通して、自分の精神面をどう安定させていくかの重要性を感じたので、早いうちからメンタルと向き合ってみてほしいです。自分が沈んでいる時どう耐えていくか、どう発散するかを学ぶことも受験勉強の一環だと思います。知識のインプット、アウトプットのみに焦点を当てがちですが、本番で実力を発揮するために精神面も気にかけていくと、焦りが減り、勉強により集中できると思います。

 

③スタディサプリの使用について

 色々な先生の教え方を経験できるので、インプットの仕方を複数仕入れられたので助かりました。分からない単元の理解は勿論ですが、自分なりに理解していくプロセスの選択肢を増やす目的で使用しても良いと思います。

 

④クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出

 部活では周りと支えあって最後まで走りきれたことが一番嬉しかったことです。先輩方や後輩にも恵まれ、楽しく部活生活を終えられて本当に良かったです。クラスでは文化祭、体育大会などイベントごとにクラス全員で楽しめたことが後の受験生活のエネルギーでした。勉強法を何回も相談させて頂いた各先生方、最後まで答案添削をして頂きネガティブな私に自信をつけ続けて下さった担任の先生のおかげで受験生活を終えることができたことは一生の思い出です。本当にありがとうございました。

共通テスト出願

2022/09/26

来年(令和5年)1月14日(土)、15日(日)に行われる、大学入学共通テストの出願受付が始まりました。高校3年生の皆さんの願いが詰まった願書は、夢が叶うようにと祈りをこめて郵送しました。共通テストまで、あと100日あまり。高校3年生の皆さん、焦らず着実に準備を進めていきましょう!

卒業生からのメッセージ 6

2022/07/18

渡邊 匡弘 大阪公立大学・工学部・応用化学科

 

①中学、高校時代の過ごし方について

 僕は、勉強・部活動ともに中高生活を通して精一杯行ってきました。その中で得た仲間との絆は、とても大切だと感じました。受験勉強はもちろん、学校行事を乗り越えるには友だちが大切です。クラス・部活の仲間を大切にして中高生活を送ってください。

 

②大学受験の勉強について

 僕は大学受験を通して、日々の積み重ねが大事だと思いました。1年生の頃から1日1日を大切にして、コツコツ勉強すれば、最後は自信をもって受験に向かうことができるとおもいます。あと、最後の最後まで諦めないことが一番大切です。頑張ってください。

 

③スタディサプリの使用について

 僕は英語が苦手で、英語はスタディサプリで復習していました。苦手科目は参考書を見てもピンとこないことが多いと思うので、先生に質問しながらスタディサプリを有効活用してください。

 

④クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出

 部活動の仲間はお互いに力を合わせていくので絆がよりいっそう強まります。ここまで仲間を意識することはめったにないので、部活動の仲間は大切にしてください。また、クラスイベントはクラスの仲間と勉強を一緒に頑張る上でとても大切です。学校行事も大学受験も大成功できるよう頑張ってください。

同志社大学 大学説明会【高校3年生対象】

2022/07/13

 本日7月13日(水)、本校にて、同志社大学の方に高校3年生対象の大学入試説明会をしていただきました。当初は昨日開催される予定でしたが、気象警報が発令され中止を余儀なくされました。同志社大学の皆さまのご配慮を賜り、本日13日に説明会を開催できる運びとなりました。

 説明会では同志社大学の特長を説明していただき、「基本の大切さ」を改めて教えていただきました。説明会に参加した生徒たちは、1つ1つ丁寧に取り組むことの必要性を感じ取ったのではないかと思います。

立命館大学 大学説明会【高校3年生対象】

2022/07/08

 本日78日(金)、本校にて、立命館大学の方に高校3年生対象の大学入試説明会をしていただきました。多様な学びや経験をすることができる立命館大学の特長の説明をしてくださるだけでなく、「今の高校での学び、大学での学びがその先の人生につながっていきます。社会人となる直前の時間を、どこでどのように過ごすか、それを考えてください」という問いかけをしてくださいました。

 大学入試に対する向き合い方も考えさせられるような説明会でしたので、参加した人たちには良い刺激になったようでした。

※ たくさん資料をいただきましたので、進路指導室にて配布・閲覧することも可能です。

前の10件へ