進路指導室だより

BLOG

医学部進学希望者向けセミナー

2019/07/17

7月17日(水)13時より約1時間、三田市民病院・済生会兵庫県病院のご協力で、中学2年生から高校2年生の医学部進学希望者対象にセミナーを実施していただきました。

 

まず始めに三田市市民病院副院長・松田祐一先生から、両病院の概容、医学部での学びのガイダンス、そして最先端のカテーテル治療やダビンチ手術について興味深いお話をいただきました。

 

続いて三田市民病院整形外科医長・堂垣佳宏先生(本校81期生)からは、ご自身のこれまでの経歴を説明いただきました。医師として一人前になるためには、各段階での業績の積み重ねが大切であると教えられました。堂垣先生は本校の卒業生でもあられるので、生徒はより身近に先生を感じることができました。高校までの勉強がいかに重要か、そして諦めない意志の強さが必要であると解りました。「神様のカルテ」という推薦図書もご紹介下さいました。

最後に三田市民病院初期研修医・吉田駿男先生からお話をいただきました。先生は生徒たちと年齢も近く、少し前まで学生生活を送っておられたので、医大生のイメージをリアルに感じることができました。医大生は体育会系の部活に入っている人が8割ほどいる、解剖の授業は実は体力勝負である、他大学の医大生との交流が非常に盛んである、など具体的に語って下さいました。研修医の仕事については、忙しいときとそうでないときの差が激しいので、休めるときにしっかり休むことが大切だとわかりました。研修医は救急患者の診療等に加えて、手術の補助にも携わるそうです。

 

セミナー終了後には個別質問の時間を取ってくださり、熱心に質問を投げかける生徒の姿も見られました。

102回生から後輩へ受験報告❿

2019/06/19

樽井 康平 102回生 2019年3月卒業 6/19❿

大阪府立大学 地域保健学域 栄養

 

【中学・高校時代の過ごし方について後輩へアドバイス】

 中学・高校と野球部に所属し、部活動に打ち込んでいました。大学受験を意識するまでは自分のやりたいことをし、部活を引退するとすぐに勉強にシフトするイメージを持っていました。学校生活は勉強だけでは乗り切れないと思うので、何か勉強とは別に打ち込めるものを持ったほうがよいと思います。

 

【大学受験について後輩へアドバイス】

 先生・先輩・友達に勉強のやり方や各教科の時間配分などを聞き、自分に合う勉強法を探してゆきました。問題を解いた後になぜ間違えたかを考えるだけでなく、なぜ正解できたかを考え、正解の導き方を確立してゆきました。

 

【クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出はなに?】

 どうすればよいかわからなくなった時、自分のことをよく知る友達や先生に相談することで何度も救われました。どんなときも一人でないと思うことが大切だと思います。

102回生から後輩へ受験報告❾

2019/06/12

上田 彩加 102回生 2019年3月卒業

千葉大学 国際教養学部

 

【中学・高校時代の過ごし方について後輩へアドバイス】

 部活に入っている人はできるだけ打ち込んだほうが絶対に楽しいです。嫌になっても、せめて中・高のそれぞれ3年間はやってみると、後からやってよかったと思えます。やってみたいこと、挑戦してみたいことなどが出てきたら、迷わずやってみて下さい。失敗しても何かが得られると思います。

 

【大学受験について後輩へアドバイス】

 中1~高1までは、とにかくしっかり基礎を付けたほうがいいです。高3で苦労します。特に、英単・古単に関しては、単語帳が配られた時からしっかり覚えていくととても楽です。また、歴史系や公民は、後からと考えず毎回しっかりやっていくといいと思います。高2~高3はすごくきついけど、本当にあっという間です。流されず、計画を立てて積み重ねていってください。

 

【クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出はなに?】

 私は、本当に友達に恵まれました。その子たちのおかげで、受験を乗り切れたし、楽しいことがたくさんありました。今いる友達を大切にし、感謝しながら過ごしていってほしいです。

 高2の修学旅行が一番楽しいです。受験前にいっぱい思い出を作っておいてください。受験期の支えになります。6年間早かったです。毎日大切に過ごしてください。頑張って!

102回生から後輩へ受験報告❽

2019/06/05

中谷 俊介 102回生 2019年3月卒業

広島大学 工学部 第一類

 

【中学・高校時代の過ごし方について後輩へアドバイス】

中学校ではクラブ活動に参加することをお勧めします。クラブ活動を通して友人関係も広がります。また、中学では高校の基礎となる部分を学ぶので、しっかりと理解しておくべきだと思います。

高校では自分のやりたいことを決め、早くから目標大学を設定しておくといいと思います。また、勉強するために部活を辞めるのはもったいないので、できるだけ続けた方がよいと思います。

 

【大学受験について後輩へアドバイス】

高校3年生の夏休み期間にセンター対策をし、9,10,11月に国立大学に向けての対策をし、12,1月にもう一度センター対策、センター終わってからは私立大学・国立大学の対策をしました。私立大学の対策は過去問を3年分くらい、国立大学の対策は過去問を7~8年分していました。過去問と自分の持っている問題集を解くだけで十分です。

 

【クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出はなに?】

クラブの仲間とご飯を食べに行ったこと。修学旅行でホテルが貸し切りで大いに楽しめました。

102回生から後輩へ受験報告❼

2019/05/29

竹中 優莉奈 102回生 2019年3月卒業

大阪市立大学 商学部 商

 

【中学・高校時代の過ごし方について後輩へアドバイス】

 中学時代は志望校について特に考えていませんでしたが、高校に入ってからは志望校を大阪市立大学に絞って勉強をしてきました。部活と勉強の両立はなかなか難しく、勉強を本気で意識したのは高3になってからでした。受験期はとても辛い時期だったけど、いつも志望校に受かりたいという気持ちは持っていました。

 

【大学受験について後輩へアドバイス】

 以前は勉強を夜遅くにするタイプでしたが、少しずつ朝型の勉強に変えていきました。分からないことがあった時は、先生に質問に行ったり、友達に教えてもらったりして、頼れる人に頼りながら、勉強を進めていきました。

 

【クラスメートやクラブの仲間、先生との思い出はなに?】

 大学受験のきつい時期を乗り越えられたのは、学校で同じ時期を過ごし、一緒に戦ってきたクラスメートが居たからだと思っています。周りの人からたくさん刺激を受けたからこそ頑張れました。また、所属していたダンス部で身についた体力と忍耐力は受験にとても役立ちました。

前の5件へ