MEDIA

通信欄

コミュニティFM 2020年10月番組の収録

2020/09/30

今年春先からのコロナ禍は、ご存じのとおり、社会の各方面に大きな影響を与えました。

教育関連では本校を含む学校・教育機関も同様ですが、何よりも休校期間が長引いたことによる生徒や児童への公私両面に及ぶ影響が、現在もなお残っているといえるかもしれません。

例年、本校では生徒会執行部が中心となり、生徒が自主的に企画し、運営するかたちで数々の学校行事や活動を行ってきました。

とりわけ、年間行事としての球技大会と桜陵祭(文化祭)の企画・運営は、高校生徒会執行部の芯になる活動として学内でもすでに定着してきたものです。

ところが、コロナ禍から今年度は球技大会が中止。さらに、桜陵祭も規模と内容が大幅に縮小され、一部例外を除いて学外からの一般観覧はなくなり、各文化部の展示はオンラインで動画配信するべく、現在は生徒たちがすでに作業に取りかかっているところです。

そんな状況下で開催される今年度「第70回 桜陵祭」(10月31日(土)、校内祭のみ)。全体を取り仕切り、関係する部活や委員会・一般生徒たちのモチベーションを維持させながら、成功へと導くうえでの最高責任者にあたる高校生徒会執行部メンバーにとっては、葛藤や気苦労、創意工夫等が例年以上にあることを容易に想像できます。

9月29日(火)、恒例の地元コミュニティFM局・ハニーFM「ハイスクール特派員登場!」の収録には、今この桜陵祭の準備やその他の活動に関しても毎日励んでくれている生徒会執行部が出演。生徒会長を含む高2男子1人・女子2人、高1女子1人の計4人が現在の活動の様子や心境を語ってくれました。

マイクに向かい、口々に話してくれたのは今年度の執行部誕生までの経緯や、コロナ禍だからこその発想で取り組んでいる活動の内容等、普段は知られることの少ない生徒会執行部のインサイドレポートの数々。もちろん、メインとなる桜陵祭に向けての活動状況やメンバーそれぞれの思いがギッシリと詰まっています。

生徒会役員とはいえ、彼ら彼女たちも感染症対策には普段どれだけ配慮しながら日々の活動を進めているのか。

クラスや授業等、学校生活での素顔も覗かせながらの30分強。

放送は明日10月1日(木)、ぜひお聴きください。

 

■今後のオンエア予定

毎月第1週木曜日放送

10月1日(木) 17:15~17:45「ハイスクール特派員登場!」生徒会執行部

ハニーFM(周波数82.2MHz、エリア内人口約30万人)

■待望の再放送予定

毎月第1週木曜日放送

10月1日(木) 21:00~21:45「ハイスクール特派員登場!」「休校期間中と学校再開後の日常」高校1年生(2020年9月放送分)

本校でのオンライン出前授業が、また大手企業のサイトで紹介されました。

2020/09/28

先だって、広報だよりでは本校におけるパナソニック株式会社「パナソニック「私の行き方発見プログラム」出前授業」に関する実施後の記事を掲載し、併せて同社サイトの関連記事掲載ページも紹介させていただきました。

この度、同社サイトの「パワーアップ情報ファイル」ページにも関連記事が掲載されましたので、ぜひご覧ください。

 

■記事掲載サイト

サイト名:パナソニック株式会社

記 事 名:Panasonic>企業情報>CSR・環境>企業市民活動>人材育成>パナソニックキッズスクール>教育関係者の皆さまへ>私の行き方発見プログラム>パワーアップ情報ファイル>パワーアップ情報ファイル2020年9月号

コミュニティFMフリーペーパー 2020年秋号

2020/09/18

今月9月上旬、地元のコミュニティFM局・ハニーFMよりフリーペーパー「HONEY」vol.55秋号が発行されました。

今年前半の新型コロナウイルス感染症拡大予防対策から、前号にあたるvol.54夏号は発行休止となっていましたが、秋になりようやく無事に発行再開された最新号です。

本校でもお世話になっている番組「ハイスクール特派員登場!」が長く収録中止となっていましたが、同誌には再開後の同番組記念スナップが掲載され、いつもの「HONEY」誌面が戻ってきたことをうれしく思います。

そんな誌面には、おなじみの庭園特集記事を巻頭に、季節を先取る「丹波もみじめぐり」情報や再開された連載エッセイの数々が掲載され、読み応えもバッチリです。

「HONEY」はフラワータウン3階のハニーFMスタジオ前をはじめ、三田市とその近郊地域に所在する公共施設、飲食店、または新聞折り込み等で手に入れられます。

駅看板の掲出 2020年9月〜

2020/09/14

神戸電鉄横山駅のホーム看板を、9月上旬に掛け替えました。

新型コロナウイルス感染症拡大予防に伴う休校期間を挟んだため、前回の今年3月より半年ぶりの掛け替えとなりました。

今回は「バランスが育む。大きく、育てる。」のキャッチコピーに始まる本校からの2020年度メッセージ、およびJCA部員の手になる書道作品の計2枚を新調しています。

また、阪急電車西宮北口駅コンコース看板も同様に掛け替え。神鉄横山駅同様、「バランスが育む。大きく、育てる。」メッセージを発信しています

両駅をご利用の際にはぜひ一度ご覧ください。

 

■今後の看板掲出予定
神戸電鉄横山駅ホーム看板 2020年11月予定

阪急電車西宮北口駅コンコース看板 2020年11月予定

神戸電鉄横山駅ホーム看板

阪急電車西宮北口駅コンコース看板

本校でのオンライン出前授業が、実施いただいた大手企業のサイトで紹介されました。

2020/09/14

去る8月21日(金)、中学3年生の授業の一環としてパナソニック株式会社社員の方を講師とするオンライン授業を実施しました。

これは、同社が「パナソニック「私の行き方発見プログラム」出前授業」と題して「企業市民活動として学校に提供している教育支援プログラムで、多種多様な役割を持って働くことを学び、自分らしい"行き方"を考える内容です。」(同社サイトより引用)との主旨の下、2012年度より全国の中学校を対象に行われてきた活動。

折しも、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大予防に伴い、活動がオンライン化されるという事情のなかで、その第1回に本校がお声がけいただいたものです。

当日は「自分の「今」が「未来」につながる」をテーマに、同社ライフソリューションズ社 足達翔太氏を講師にお迎え。中3生たちは足達氏のパソコンとリアルタイムにつながった会場・小寺ホールのスクリーンを介して、双方向型の授業を体験しました。

同社の会社紹介にはじまり、仕事の種類や心がけること、今中学校で学んでいることの将来的な意義、さらには足達氏とのQ&Aを挟んで将来なりたい自分を具体化するためのワークまで、中3生にとっては驚き、知り、考えさせられる内容のギュッと詰まった1時間。

その様子が同社のサイト上に記事として掲載されましたので、以下よりぜひご覧ください。

 

■記事掲載サイト

サイト名:パナソニック株式会社

記 事 名:Panasonic>企業情報>CSR・環境>企業市民活動>パナソニック企業市民活動ブログ>2020年度 出前授業 私の行き方発見プログラム① ~ 兵庫県 三田学園中学校~

前の10件へ