理事長室からの手紙

BLOG

人工知能に負けない人間をめざそう。

2017/09/08

 

中学生の藤井4段が将棋の公式戦で29連勝をして大きな話題となりました。しかし、囲碁の世界チャンピオンは人工知能に3連敗し、将棋やチェスでも勝てません。九州のロボットメーカーが人工知能付き工作機械に日本刀を握らせて居合いの名人の動作をセンサーで分析し真似をさせると短期間で名人と同じ「袈裟懸け」(けさがけ)ができるようになりました。刀の一振りで横に並べた6個のミカン全てを綺麗に二等分する「水平斬り」が名人のもうひとつの得意技ですが、人工知能はキンカンでやってのけました。

人工知能がこれまでのコンピュータとちがうのは、目的を指示すれば、具体的なプログラムを人間が作成しなくても、膨大な情報(ビッグデータ)を検索して、試行錯誤を繰り返し、最適解を出してくれることです。データが増えれば増えるほど答えの精度は高まります。「プログラム無しでより良い結果を出すのだから人間のように『考える』ようになった。2045年には人間の能力を超え、次元の異なる進化を始める(シンギュラリテイ)」と予測する学者もいますが、私は、そんなことは起こらないと思います。人間の思考プロセスとは違います。論理的に考えて答えを出しているわけではありません。

囲碁は、19×19の選択肢がある盤上に白黒の碁石を交互に置いて陣地の広さを争うゲームで、余程の好勝負でも300回も石を打てば勝負は決着します。人工知能はネットで何台ものスーパーコンピュータに繋がっており、毎回19×19300乗という気の遠くなるような演算をして最適解を選び、石を置いてきます。最新の情報技術の進歩が数秒で答えを出す超高速演算を可能にしました。膨大な「力仕事」を超高速でしているのであって、人間より賢くなったのではありません。人間なら思いもよらない愚かな手(選択肢)も可能性の一つとして計算の範囲に入れているのですから「人間より賢いとは言えないが力仕事とスピードでは負けない」というのが正しいのではないでしょうか。居合いの名人のマネも基本的に同じです。仮想空間で無限の試行錯誤をして名人の技を見つけ出しているのです。

囲碁の世界チャンピオンは「相手はミスをしないので負けた」と負け惜しみを言いました。人間と違って感情がなく、ミスをしない。そして24時間働いても疲れないのが人工知能のすごいところです。しかし、人工知能は論理的に答えを導き出していないので何故それが最適解であるかを説明してくれません。プロセスがブラックボックスになっているのです。囲碁で言えば、「定石」や「手筋」を教えてはくれないのです。従って人工知能に頼り過ぎれば人類の進歩が止まります。培養ミスがペニシリンの大発見に繋がったような大変革は、人工知能の世界では起こらないのです。

それでもミスをせず、文句も言わず、24時間働き続ける人工知能は、便利でコストダウンに繋がるので事務所でも工場でも急速に導入が進むでしょう。名医に代わって人工知能が、膨大な症例、治療歴を検索、分析し、患者のゲノム分析と連動して最適の薬や手術を選んでくれるかもしれません。かって、オートメイション(機械の自動化)は、工場でベルトコンベアの前で規則正しく流れ作業をする女工さんの単純作業を奪いました。コンピュータは、定型的な仕事にとって替わりました。正確な仕事をする銀行員でもATMにはかないません。

人工知能は、それらにとどまらず専門職、熟練技術者のかなりの部分を失業に追い込むでしょう。米国では、税理士や公認会計士の失業が現実化しています。

人工知能の時代に、どのような仕事が人間のものとして残り、花形職業になるのでしょうか。そのための教育はどうあるべきでしょうか。

芸術や研究など創造的な分野はまず大丈夫でしょう。経営や政治でも人間は人工知能に負けないと思います。未来が分からない限られた条件のもとで、利害や損得を調整して判断する「決断力」が必須だからです。人工知能はミスをしない。しかし、ミスや変化に気付いて創意工夫をするのは、人間にしかできない得意技です。思考力、判断力を鍛え、論理的に表現、説明し、賛同者を増やし、チームワークで大きな仕事をする。これも人工知能では無理なことでしょう。感情のない人工知能は、優しさやおもてなしの世界では遠く人間に及びません。患者の悩みを優しく聞き、寄り添う。人工知能を使って最善の治療を検索し、それを試みることの不安を取り除く、そのような人間味のある医師には患者の行列ができると思います。弁護士も同じです。「おもてなし」を売りにするサービス業も生き残るでしょう。

人工知能を使いこなすデータサイエンティストなどは、既に高給が保証される花形職種です。

藤井4段は、人工知能の打ち方を研究して腕を上げました。人工知能を使いこなしているのです。

これからの若者は、人工知能に負けない人間、人工知能を使いこなす人間にならなければなりません。だからと言って皆がデータサイエンティストなどの高度情報技術者をめざす必要もありません。多くの人にとって重要なことは人工知能が普及する時代に必要な常識、つまり一定レベルの「情報リテラシー」を身に付けた上で、人間らしい仕事、人間にしかできない仕事ができる人材になることをめざせばいいのです。

学習指導要領に定める「生きる力」、つまり基礎的学力の上に思考力、判断力、表現力を鍛え、知育、徳育、体育をバランスよく身に付けること、要するに「人間力」を鍛えることが人工知能に負けない人材に繋がります。

三田学園では、情報リテラシーの第一歩として生徒全員にタブレットを携帯させる計画を推進中です。知育、徳育、体育をバランスよく身に付ける「全人教育」は、創立以来105年間守り続けた教育の基本方針です。人工知能時代に備えた教育を進めてまいります

叱り方の名人

2017/07/01

昨年10月、亡くなられた平尾 誠二さんは、叱り方の名人と言われたそうである。伏見工業高校で全国初制覇、同志社で大学選手権3連覇そして神戸製鋼で日本選手権7連覇という前人未到の偉業を達成し、ミスターラグビーと言われた。卓越した指導者でもあった。その叱り方は、どのようなものだったのだろうか。

家庭でも職場でも人を叱ることは難しい。会社の管理職になると部下を叱るときの心得として「誉めるときは人前で、叱るときは内密に」と教えられる。しかし、人前にも関わらず思わず声が出てしまうのが私も含めて凡人の常である。 教室やクラブ活動の現場では、「人前で叱らない」という指導方法は現実的でない。

プロ野球の野村克也監督は会社の管理職の心得とは全く逆で、試合でミスをした選手のことをインタビューで酷評するのが常だった。翌日の新聞を見て選手は落ち込むのだが、それは選手の発奮を期待してのものだと言われていた。しかし、その後のフォローの仕方が上手い。野村監督の講演で聞いたことであるが、トイレなどでその選手と二人きりになると、小さな声で、しかし本人には聞こえるように独り言をつぶやくのだそうである。絶妙のタイミングで、例えば「あいつは守備はあかんが足は速いな。見所があるわ。」と。叱られてしょげていた選手は感激して、守備にも走塁にも一層の練習をすることになる。野村監督ならではの名人芸で、凡人にはとても真似ができない。

今年2月、神戸で「平尾誠二さんに感謝をする集い」という名のお別れ会が開催された。ラグビー関係者は勿論、様々な分野から4千人もの人が会場を埋めた。「同じ病気だが2019年のラグビーワールドカップまでは頑張ろうと励まし合った。君は逝って、僕は新薬のお陰で劇的に回復した。ワールドカップが終われば、できるだけ早くそちらに行って、報告をするよ」日本ラグビー協会名誉会長、森喜朗元総理の軽妙なスピーチに笑い声が漏れた。しかし、伏見工業時代の山口良治監督が「君には自分のすべてを教えたが、親よりも監督よりも先に逝くことが許されないことを教えなかったのは痛恨の極み。」と壇上で号泣されるともらい泣きする方も大勢いた。

京都と神戸に住み、同学年、大学でラグビー部という共通項があり、ゴルフ仲間だったというノーベル生理学・医学賞受賞者の山中伸弥京大教授が登壇されると会場は静かになった。最後まで治療の指導をされたそうである。そのスピーチが秀逸だった。

①神業のプレイができる選手で優れた指導者、②ハンサムで善き家庭人、③ラグビー以外の分野でも通用する一流の知識人、三拍子揃った傑人だったと評された後で、平尾さんから教わった叱り方のコツを披露された。野村監督と同じ「人前で叱る」流である。ただし、①プレイを叱っても決して人格を批判しない、②他人とは比較しない、③長々と叱らない、④後でフォローする、の4原則だそうである。

叱った後に思わず付け加えてしまう「お前はアホか」という人格否定、「お兄ちゃんはチャンとやっていたぞ」という他人との比較、余計な一言が心を傷つけ、教育効果を台無しにしている。分からせようという親心なのだが、しつこく言うのはむしろ逆効果である。これら3原則は、心懸け次第で真似ができる。難しいのは、第4原則のフォローの仕方である。タイミング、言葉の選び方は難しく、とても野村監督のようにはできない。生前に平尾さんの講演でも聞いておれば、具体的に上手なやり方を学ぶことができたかもしれない。

亡くなられる1年ほど前、友人の紹介で神戸で会食をした。「胃潰瘍で10キロも痩せましてね」と言われた顔は、精悍で眼が輝いていた。若い頃ファッション誌のモデルになって、アマチュア資格停止になったという逸話もある。お別れの会でその友人に「三人で食事をしたのが最後の外食だったようですよ」と言われて絶句した。そんな気配は微塵も見せなかった。他愛ない話で終始したことを申し訳なく、また後悔している。改めて心よりご冥福をお祈りしたい。

社会人基礎力

2017/06/01

前回の「生きる力」に続いて今回はその大学版とも言うべき「社会人基礎力」について話をします。

2006年、私は経済産業省の経済産業政策局長をしていました。当時、社会問題となっていたのが離職問題でした。大卒の3割が就職後3年以内に退職し、そのほとんどが希望する転職ができず、いわゆるフリーターになっていることでした。

就職の際の大学生の希望と会社側の期待にミスマッチのあることが原因であり、そのため若者が希望を失ってしまうことは社会的な損失です。「再チャレンジ」のできる社会に改革しようというのが内閣、全省庁の方針でした。

経済産業省では、有識者懇談会を設置して検討を進めました。大学の教育が専門知識の習得に偏り、社会人として生きていくための教育になっていないのではないか、という問題意識でした。

産業界からは、「指示待ち人間」、「マニュアル人間」では、国際競争、技術革新など急速に変化する時代に対応できないという危機感がありました。

そして「社会人基礎力」という概念が提言としてまとめられました。

社会人基礎力とは、①前に踏み出す力(主体性、実行力等)、②考え抜く力(課題発見力、創造力等)、③チームで働く力(傾聴力、柔軟性等)に3分類される12の能力であり、企業や団体が採用の際重視するものです。

この提言を受けて、大学では専門的知識の習得に加え、社会人基礎力を身に付ける試みが行われています。キャリア教育や在学中に企業で働くインターンシップ等が多くの大学で導入されました。その後文部科学省で学習指導要領が改訂され「生きる力」の養成が提言されたのですが、これは社会人基礎力と共通する問題意識に基づくものです。

中学入学から高校、大学卒業まで概ね10年以上基礎的な知識、専門的な知識を修得するのがこれまでの教育の中心でした。しかし、その後40年以上社会人として生きていきます。10年間の教育で身につけた知識だけでは、その後の社会の変化、技術革新、国際化などに対応できません。

もっと重要なことは、知識を応用する能力、課題を見つける能力、必ずしも答えがあるかどうか分からない状況下で次善の策を見つけ、決断する勇気、生涯を通じて自分を高める努力などです。

そういう力を身に付ければ、社会の変化にも対応することができ、仮に不幸にして失職したときもそれを乗り越えていくことができるはずです。それが「生きる力-社会人基礎力」だと思います。

中学高校と大学でそのような教育改革が進められているにも拘らず、高校と大学の接点である大学入試がネックとなっていました。10万人規模の受験者がいる大学では、短期間に合格者を選別するため、マークシート方式で知識の量を中心に1点刻みで受験者をふるい落とす試験が行われています。難問、奇問が出題される傾向もあります。それでは、高校教育が「生きる力」を養成することよりも、受験の成果に繋がる知識のつめ込み教育になりがちです。大学入試を変えなければ、中学、高校の教育が変わらないというのが現在検討が進められている大学入試改革の問題意識です。そして2020年度から知識の量よりも、思考力、判断力、表現力などを試すことに重点を置く試験に移行する方向で検討されています。

前回も申し上げましたが、三田学園では、新コース制を導入し基礎的な知識の習熟度の向上を図るとともに、高校入試がない中高一貫校の有利性を活かして生きる力、つまり思考力、判断力、表現力などの養成を目指します。このため、4月に教育研究部を新設して、大学入試改革にもこれからの社会の変化にも対応できるよう教育力の強化を具体的に進めてまいります。

生きる力

2017/05/09

文部科学省の学習指導要領では、変化の激しいこれからの社会に対応するため、ゆとり教育でも詰め込教育でもなく、「生きる力」を育むべきとされています。具体的には、知識の習得と併せて思考力、判断力、表現力を育成する、このため、教科学習に加えて、総合学習や体育、道徳教育を充実させ、確かな学力、豊かな心、健やかな身体、つまり知・徳・体のバランスのとれた教育を行うこととされています。

その考え方に沿って、これまで知識の量を試すことに偏重していた大学入試が2020年度から大きく変わります。

私が三田学園に在学したのは50年前の高度成長期で、未来は発展するもの、生活は豊かになるものと日本人の大半が思っていた時代でした。大学を出て銀行員や電機メーカーの技術者になれば、一生心配がないと言われました。ところがどうでしょう。当時23行もあった大銀行は、金融危機を経てメガバンク3行に再編され、関西の名門、神戸銀行や三和銀行の名前は残っていません。シャープ、東芝は、グローバル経済化の中で会社の存続が危うくなり、再建途上です。40年以上続く、安定した職場ではありませんでした。

生徒の皆さんの将来には、もっと大きな変化があるでしょう。人工知能、IoT、ロボットが職業のあり方を根本的に変えます。

自動車の自動走行が実用化されれば、交通関係の仕事は激減します。資格があり、高収入で人気のある医師、弁護士でも、病気の判断や過去の判例の分析などに人工知能を使いこなしてより高度な仕事をする人と、人工知能に職を奪われる人に二分されるかもしれません。今、有望な職種と言われているものも40年以上続く保証はありません。転職が当たり前の時代に、転職を乗り越えて自分を高めていく人間にならなければなりません。そのための力が「生きる力」です。

三田学園は進学校ですが、受験にのみ片寄った教育をしてきたわけではありません。挨拶や掃除など徳育の第一歩から丁寧に指導をしております。

部活動を奨励し、生徒の9割が部活動と勉学の両立を目指しながら、教室では学べない様々なことを身に付けています。また、いくつかのクラブが全国大会に進出するなどそのレベルも高く、他の進学校にはない本校の特色となっています。

知育、徳育、体育をバランスよく行ない、志の高い生徒を育てる全人教育は、創立以来の本校の教育方針です。今の学習指導要領の趣旨を100年も前から実践してきたと言えます。

三田学園では、新コース制を導入し基礎的な知識の習熟度の向上を図るとともに、高校入試がない中高一貫校の有利性を活かして「思考力・判断力・表現力」の養成を目指します。今年度から教育研究部を新設し、アクティブラーニングなど教育力をさらに高めます。3年計画で全生徒にタブレットを貸与する取り組みがスタートしました。教育の現場にICTの最新技術を導入し、将来、人工知能を使いこなせる人材を育てます。

大学入試改革にも、社会の変化にも的確に対応してまいります。

後凋の操(こうちょうのみさお)

2016/04/18

中学本館中庭の夏

新入生の皆さん、入学おめでとう。保護者の皆様方にも心よりお祝いを申し上げます。

三田学園には、歌い継がれた長い歴史が有り、論語の言葉などを引用した格調の高い「校歌」と、春夏秋冬の4番からなり、本校の美しい自然と生徒の皆さんに対するメッセージが織り込まれた「学園歌」の二つの歌があります。

学園歌は、昨年、共学一期生の卒業記念として小椋佳さんに作詞作曲をお願いしたものです。

学園歌の一番、春は、「春、満開の桜ヶ丘、この地に集い学び育む」で始まります。まさに、夢と希望にあふれ、今日の入学式を迎えられた皆さんの心境を象徴するものであり、三田学園教職員を代表して、満開の桜とともに皆さんの入学を歓迎します。

ホール演壇の両脇にそれぞれの歌詞が掲げてありますので、是非、見比べていただきたいと思います。

校歌と学園歌には、共通する言葉があります。それは、「質実剛健 親愛包容」であります。校祖小寺謙吉先生が本校を創設されて以来今日まで、本校が守り続けてきた建学の理念です。その意味は、「自らを飾ることなく、心身を鍛え、他人には、温かく包み込むように接すること」と教えられます。時代を越えて不変の価値を持つものだと思います。

もう一つ、表現は異なりますが、校歌の「みどり変わらぬ後凋の操」と学園歌の「冬なお緑、三田が丘」もその趣旨は同じです。後凋の操とは、論語にある言葉で、冬の寒さに耐えて凋れることなく、四季を通じてみどり変わらぬ常緑樹の気高い姿を意味します。困難や挫折に打ち勝つ強い心、一喜一憂しない高い志を象徴しています。

ドイツ軍の空襲に耐えることを国民に呼びかけ続け、遂には第二次世界大戦で英国を勝利に導いた名宰相、ウィンストン・チャーチル卿は、「Success is not final, failure is not fatal: it is the courage to continue that counts. 成功はゴールでもなければ失敗が終わりというものでもない。大切なことは、努力し続ける勇気である。」という名言を残しています。後凋の操に通じる言葉だと思います。

三田学園には、四季折々の美しい自然があります。春の桜、秋の紅葉には誠に素晴らしいものがありますが、季節を問わずみどりを保つ常緑樹の姿にも目を向けて下さい。

皆さんには、恵まれた環境のもとで勉学とクラブ活動に取り組み、青春の思い出を作ってもらいたいと思います。そして、質実剛健 親愛包容の建学の理念を忘れることなく、時には「後凋の操」を思い出してください。成績が上がったからといって驕らず、定期考査に失敗してもくじけることなく、試合に勝って兜の緒を締め、負けたらその悔しさをバネにしてまた練習に取り組むことが大切です。

大きな目標に向かって努力し続け、志の高い人間に育っていただきたいと思います。

(注)引用したチャーチルの言葉は、fとcで始まる単語がそれぞれ三回連続して、韻を踏んでいます。「チャーチル名言格言集」を検索してみましょう。他にも味わい深い、洒落た英文が対訳付きで出ています。英語に対する興味が湧いてくると思います。

前の5件へ