LIBRARY

<通信欄>

【三田学園図書館(記念図書館+情報棟)紹介動画】👉「記念図書館PV 常設版」

こちらの動画は、本校図書委員が自主的に作成しました。ぜひご覧ください。

三田市立図書館展示棚2022年11月〜2023年1月の展示「音楽」

2022/12/01

突然ですが、「音楽」はお好きですか?

お好きなのはポップスですか?クラシックですか?日本の歌ですか?海外の曲ですか?

その地域の言葉や歴史・文化・気候風土、人々の生活や社会の影響を如実に受けながら多様なジャンルに細分化され、表現される点で、音楽は本ととてもよく似ています。

そんな「音楽」が今回の三田市立図書館展示棚入れ替えの展示テーマ。去る11月11日(金)には高2男女4人の図書委員が同図書館に集まり、展示棚を一新しました。小説やエッセイではしばしば音楽が重要な役割を果たすことがあるのは、皆さんもご存知でしょうが、果たして改装なった展示棚にはどんな本が並んでいるのでしょうか?

本好き、読書をこよなく愛する地元市民の方と本校図書委員が三田市立図書館を介して繋がる貴重な機会。暖かなお部屋でお気に入りの音楽をBGMにしながら、図書委員たちお薦めの本をぜひ楽しんでください。

 

【テーマ主旨】

今回のテーマは「音楽」です。
テーマは芸術の秋から連想させて、音楽にしました。
音楽に関連する本といえば、ピアノやバイオリンなどのクラシックから歌手の物語、音楽家の伝記、更には楽譜など、さまざまな種類があります。
個人的に音楽の小説をよく読むのですが、音楽の小説は、演奏者の演奏している時の感情や感覚を例える比喩表現が壮大で、音楽を聴かなくても読書で体験、体感できるので、なかなか唯一無二な感覚を味わえる所が醍醐味かなと思います。
今回は音楽の小説を読んで、読書から音楽を楽しんでみるのはいかがでしょうか。
音楽の小説を含む10冊程度が展示してありますので三田市立図書館に是非足をお運びください!

 

▉三田市立図書館本館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」

テーマ:音楽

陳列図書貸出期間:2022年11月11日(金)~2023年1月下旬予定

 

晩秋、夕暮れ時の三田市立図書館。1F開架室で本を探す市民の方、2Fラウンジ(学習席)で自習する中高生たち…静かな時間が流れていきます。

まず初めにする作業は前回展示物の撤収。毎回、貸出期間中は大勢の方にご利用いただいているとお聞きして、図書委員たちのやる気も俄然上がります。

3人並んでPOPの切り抜き。紹介文はギッシリながらも、作品イメージの湧く手作りタイトルロゴが使われる等、工夫の凝らされたPOPを丁寧に切り抜きます。

今回はクラシック音楽からのビジュアル化。展示テーマの連想ビジュアルを同図書館備え付けのパネル等から選ぶのは、毎回難しいけれども楽しいのです。

小物のイメージPOPを配置中。展示棚づくりで案外侮れないのがこうした小物POPで、カラフル&不定型な「♪」があるだけでも棚の注目度はアップです。

完成!お薦め「音楽」図書の展示棚。今回も作業がサクサクと進み、当初のイメージどおり?の棚に仕上がったことで委員たちはニコニコです。

人気作家、話題の作家の作品を古今東西から選りすぐり。装丁とPOPの相乗効果もあり、本好きなら思わず立ち止まって本を手にしたくなりますよね。

図書館担当者の方々と次回の打合せ。はっ!?と気づいたのがこの日が“年内最後の棚づくり”だった事実で、この記事をご覧の皆さんにも一足早く「良いお年を」。