LIBRARY

<通信欄>

三田市立図書館展示棚 2020年11月〜2021年1月の展示「有川 浩の本」

2020/11/19

晩秋を迎え、心地よい気候が続くなか、三田の街並みも一気に彩りを増してきました。

そんな11月11日(水)、本校図書委員たちが恒例の三田市立図書館展示棚入れ替えを実施。読書の秋本番ということもあって、今回は高2男子2人、高1女子4人、中3女子1人の計7人もの委員が参加し、本を愛してやまない気持ちそのままに丁寧なディスプレイ作業を行ってくれました。

今回はテーマがベストセラー作家さんに特化され、お薦め図書はどれも二度目、三度目の読書が楽しくなるものばかり。

もちろん、初めて読むよという方も、この機会に三田市立図書館でぜひ手にお取りください。

【テーマ主旨】

今回の展示テーマは「有川 浩の本」。一人の作家に焦点を絞るという試みは本企画では初めてですが、記念すべき第一回は有川先生となりました。「阪急電車」など映像化された作品も多く馴染みのある人気作家ということで、展示棚には誰もが知っている有名作品も多く並んでいます。

有川作品は「三匹のおっさん」「植物図鑑」などに代表されるような日常を描く物語と、所謂『自衛隊三部作』『図書館シリーズ』に代表されるSF感の強い緊急事態を描く物語の二つに大きく分けることができますが、どちらにも共通する魅力はなんといってもやはり明るく活き活きとした描写とテンポの良さでしょう。デビュー作「塩の街」は電撃文庫での出版とラノベ界出身で、二作目「空の中」以降一般文芸で作品が上梓されるようになってからも「大人向けライトノベル」とも評される読みやすい軽快な筆致が特徴。一般文芸への入り口としても最適で、幅広い年代に親しまれるのも納得です。展示は新年まで行っておりますので、ぜひ図書館へお越しください。

 

■三田市立図書館本館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」

テーマ:有川 浩の本

陳列図書貸出期間:2020年11月11日(水)〜2021年1月上旬予定

 

展示棚入れ替え作業の前日は図書委員によるPOP作成。テーマに基づきながら、委員たちが文章を書いたり、POPをデザインしたりしていきます。

今回のテーマは人気作家「有川 浩の本」。作家さん単独の企画は委員にとって初めてですが、取り上げる本がベストセラー揃いだけに腕が鳴りますよね。

三田市立図書館の移動図書館「ひだまり号」。約1,250冊の本を積み、3週間に1回の金曜日ごとに市内10カ所のステーションを巡回しています。

作業は7人で。POPをラミネート加工する人、POPの形に切り抜く人、棚背面の壁紙を選ぶ人、貸出図書を用意する人…みんな、手際がいいのです。

「壁紙、この位置でいいよね?」「もうちょっと左かな」。限られた素材で特定された作家さんの作品世界を表現…評価は来館者の方に委ねましょう。

そうして完成した展示棚。今回の見どころはPOPごとに創作した本のタイトル文字ですが、とりわけテーマPOPの「有川 浩さん」には要注目です!

大勢でやれば作業はスピーディ&丁寧。図書委員にも熱烈なファンがいて、棚づくりにはいつも以上に気合いの入った今回だけに、乞うご期待です。

今の季節は、夕方5時半でもこの日の暮れ様。仕事から解放された図書委員たちの安堵して帰校する姿に、これもまた「青春」なんだなと感じますね。

図書委員会の文化祭

2020/11/09

  今年の文化祭の展示はビデオに決まったと伝えた時点から、参加する!と意欲満々だった図書委員会幹部。その言葉通り、オンライン展示でビデオ参加いたしました。ただ密になるとダメなので、全学年図書委員が参加しての活動が出来なかったのは残念です。

 学校見学会やオープンスクール、そして文化祭で出来なかった事を、3種類5本のビデオに仕上げてくれました。

見学にこられた方々に説明している建物の内容は、記念図書館PV①②です。今年の書評は4冊と、冊数は少ないものの内容は濃く、それらを動画仕立てで紹介し、惹きつけられる演出がなされています。また今年の企画として、恩田陸著の「夜のピクニック」を取り上げた座談会が、「図書委員ラジオ」としてまとめられています。

 図書委員会が作成しましたビデオは、【インデックス】第70回 桜陵祭 →【展示】第70回 桜陵祭~後半~ の下部にある「図書委員会」をご覧ください。

 ビデオ作成に夢中になった図書委員たちは、今度は三田市立図書館の展示用のPOPを作成します。新型コロナに負けないがんばりを、ぜひ見ていただきたく存じます。

三田市立図書館展示棚 2020年9月〜11月の展示「関西」

2020/09/09

厳しかった夏の暑さも、大型台風が過ぎ去った辺りから急に涼しくなってきました。

これから読書に最適な季節を迎えるこのタイミングで、本校図書委員たちが9月2日(水)に行いました恒例の三田市立図書館展示棚入れ替えの模様をレビューします。

当日はニューフェイスの中3女子1人を含む図書委員計4人が集合。

そして、注目のテーマは「関西」に。

生まれ育った、あるいは縁あって関わることになった私たちの地元「関西」と、そこに住む関西人の気質や上方等の文化…これらのエッセンスを作家それぞれの創作性でベストセラーや話題作に花開かせた、誰もが知るあの一冊この一冊が目白押しです。

今回も図書委員直筆の推薦文を読まれてから、三田市立図書館へぜひお出かけください。

【テーマ主旨】

ちょうど4年くらい前でしょうか、「聖地巡礼」という言葉が流行りました。

原義では、宗教上の重要な場所に行くこと、転じてアニメや小説などの舞台に実際に赴くことを意味します。

物語において、舞台は非常に重要な役割を持ちます。

某市が神戸市、H電鉄が阪急電車になるだけで、それまで空想の中にいた物語がぐっと私たちに近づいてきます。

今回はそんな舞台をテーマに、関西が舞台の本を集めました。

私たちが生まれ育ってきた関西、それはまさに私たちにとっての「聖地」と呼べるのではないでしょうか。

聖地を巡る本の旅を、ぜひお楽しみください。

 

■三田市立図書館本館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」

テーマ:関西

陳列図書貸出期間:2020年9月2日(水)〜11月上旬予定

 

1階一般開架室と2階ラウンジを包み込む、吹き抜けの三田市立図書館の建築。「第7回日本図書館協会建築賞優秀賞」受賞(1992年)等の名建築です。

初参加の中3女子委員はPOP作成で見習い中。「いちばん苦手かも」と言いながら、角を丸く切り抜くテクニックを先輩から教わりました。

高1先輩女子委員が鋭意作成中のテーマPOP。円形の中に「関西」の2文字をラウンド形状で埋め込んだ、デザイン的にもなかなかの力作です。

そして、この日の4人が揃えば棚背面用の壁紙選択会議。テーマイメージを膨らませ、図書館の常備素材からテキパキと選んでいきます。

関西イメージの壁紙は、古都を感じる神社仏閣と昭和レトロな家屋の2枚。近畿は2府4県あるけれども…この際、それは言いっこなしで(笑)。

「このPOP、ここでいいの?」。持ち込んだPOPは形も大きさもバラバラなだけに、棚に実際に置きながら試行錯誤…でも、これが難しいのです。

棚の入れ替え開始から1時間強。地元・関西がテーマだけに陳列したいお薦め図書数が多く、あれこれ悩みましたが、ようやく完成の記念撮影です。

この日の棚には関西人どころか、全国の誰もが知っている有名作家の作品がズラリ。片っ端から「貸出中」になりそうで、ぜひお急ぎください。

【再開】三田市立図書館展示棚 2020年7月・8月の展示「ホラー、怪奇」

2020/07/26

その間、4カ月余り。

新型コロナウイルス感染症拡大予防に伴う長かった休校措置が明け、本校でも6月より生徒が登校しての授業を再開し、7月に入った今は以前とほぼ同様の学校生活を取り戻せるようになりました。

併せて、7月というこのタイミングで、3月より中断せざるを得ませんでした三田市立図書館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」の棚づくりも再開できるようになり、本校図書委員たちが去る7月10日(金)、同図書館を訪ねました。

盛夏にふさわしく、今回彼ら彼女たちが設けたテーマは「ホラー、怪奇」。

以下に、その主旨を彼ら彼女たちから届いた原文のまま掲載します。

熱い、いやお薦め図書を読めば背筋がゾクゾクッとするようなその思い。

受け止めていただけたなら、この夏はぜひ三田市立図書館へお越しください。

【テーマ主旨】

幼い頃を思い返すと、入ってはいけないと言われた森や、古びた納屋、何を祀っているのか分からない子どもにとって「未知のもの」には、必ずホラー、怪奇系の噂がついていました。

「裏山の森には殺人鬼がおるんやって」

「角の祠に夜に出る幽霊の声を聞いた子は不幸になるらしいで」などなど。

身の回りのちょっと気味の悪いものを前にして、恐ろしい噂話を練り上げてしまう子どもの想像力には感心します。

子どもに限らず、「未知のもの」に恐怖を感じるのは人間の性のようです。そして「未知」に惹きつけられるのもまた然り。

殺人鬼がいるはずの森に足を踏み入れてみたり、幽霊が出るという祠の横を通るたび、そこを見つめてみたり。本当に怖いのに、心のどこかにワクワクしている自分がいる。そんな子どものころの経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

待ち受ける恐怖や不条理に向かって、ホラー小説や怪奇小説を読み進める感覚は、そんな子どものころの「怖いのにどこかワクワクする」気持ちに似ています。ホラー小説や怪奇小説を通じて、幼い頃に聞いた怖い噂や、経験に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

実は「童心に帰れる」ホラー、怪奇本の展示は、8月末まで行っています。是非市立図書館まで足を運んでくださいませ。

 

■三田市立図書館本館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」

テーマ:ホラー、怪奇

陳列図書貸出期間:2020年7月10日(金)〜8月31日(月)予定

三田市立図書館玄関前の彫刻『出会いの座』(増田正和氏作)。1990年開館以来のかたつむりには、何度目の梅雨でしょうか。

棚づくりの数日前から、本校の記念図書館ではPOPづくり。図書委員が中高・学年を問わずに集まり、手づくりPOPに腕を振るいました。

棚づくり当日の参加者は高1・3人、高2・1人の計4人。「工作は得意では…」と言う女子委員も、いえ、なかなかのハサミさばきですよ。

今回のテーマ「ホラー、怪奇」のPOP原稿。よく読むと「大半の委員はホラーが苦手」という裏話まで載っていて、ほっこりします(笑)。

高2先輩委員の指示の下、棚づくりを一から。棚にテーマイメージを演出していきますが、今回はちょっと怖い仕掛けがあるそうです。

「このPOP、どこがいいかな」。お薦め図書とPOPはセットが原則ですが、狭い空間だけに右へ左へ、上へ下への試行錯誤が続きます。

完成した展示棚には有名作家の人気作もあり、今回も「貸出中」は必至。「ちょっと怖い仕掛け」はどれか、おわかりになりますか?

ひと仕事終えた後は、恒例の記念撮影。感染症予防対策万全、冷房完備の三田市立図書館で、「ゾクゾク体験」をぜひお楽しみください。

図書委員会

2020/07/22

新体制になった図書委員会が活動を始めました。今年は中学、高校合わせて96名です。

 新型コロナウィルス予防の「密」を避けるため、7/10~7/18の間に学年毎に集まり、仕事の分担が決まりました。図書委員長・副委員長の指導のもと、無事第一回の委員会は終わりました。各学年の委員会を進めてくれた委員長さん、副委員長さん、お疲れ様でした。

 今年は「密」を避けるために、新入生恒例の「本のビニールシートの掛け方講習会」は中止となりました。流行が落ち着いたら開催して欲しいと思いますが、なかなか出来そうにありませんね。早く収束しますように。 

皆さん、図書館に来てもどこに居ても「密」にならないように、よく考えて行動しましょう。頭が近かったり、ざわざわと話し声が聞こえると大丈夫かしらと、とても気になります。 記念図書館では席を減らし、机には向こうが見える衝立(ついたて)を置いていますので、それ越しにお話ししましょう。

 期末考査一週間前~考査期間中の委員会活動はありませんので、勉強に専念いたしましょう。委員長さんたちが当番表など色々作成してくれていますので、担当別に後日連絡があると思います。

 今年度の図書委員会もよろしくお願いします。

前の10件へ