LIBRARY

<通信欄>

【三田学園図書館(記念図書館+情報棟)紹介動画】👉「記念図書館PV 常設版」

こちらの動画は、本校図書委員が自主的に作成しました。ぜひご覧ください。

三田市立図書館展示棚2023年1〜3月の展示「動物」

2023/01/31

この図書館だよりをご覧の皆様には、ペットを飼っておられる方も多いかと思います。

一つ屋根の下で寝食をともにするワンコやニャンコは、家族同然。それが鳥やは虫類であっても、きっと喜びや悲しみを共有できるかけがえのない存在であることに変わりはないでしょう。

一方で、地球上には動物だけで137万種(日経スタイル「子どもの学び」)が生息するといわれ、人間がこれら動物たちとの共生を抜きにして生きていけないことも自明です。

奇数月恒例、新年最初の三田市立図書館展示棚入れ替えの展示テーマには、そんな日常生活から地球環境までに関わる「動物」が登場。1月27日(金)、同図書館を訪ねた本校図書委員の高2男女4人+中3女子1人の計5人が、選りすぐりのお薦め図書をご紹介しようと棚づくりに励みました。

今回は委員たちもとっつきやすいテーマだったためか、お薦め図書の数とPOPの数はいつもより心なしか多め。どんな一冊が並んでいるかは、展示棚で直接お確かめください。

 

【テーマ主旨】

皆さんこんにちは、三田学園図書委員会です。

年も明け、寒さも随分と厳しくなってまいりますと暖かそうなものが恋しくなりますよね。そんな1月のPOP展示のテーマは「動物」です。

犬や猫といった身近な動物から、動物園で見かけるような動物まで多種多様な動物が登場する本がありますが、委員それぞれのイチオシの本をPOPで紹介しています。

ぜひ市立図書館に足を運んでみてください。

 

▉三田市立図書館本館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」

テーマ:動物

陳列図書貸出期間:2023年1月27日(金)~3月下旬予定

 

本校の記念図書館でPOP作成に励む図書委員たち。手にするタブレットは、今や取り上げる本のタイトルやイメージをビジュアル化する際にも大活躍です。

三田市立図書館2階にあるカフェ。観葉植物に癒やされる空間には椅子とテーブルの他、飲み物の自動販売機も置かれ、読書や自習の休憩に利用されています。

「さあ、今日も頑張ろうね」。少人数ながらも要領を熟知した委員たちは、棚正面背景のイメージボード選びやPOPの加工等、持ち場の作業に手際よく分かれます。

黙々と続く、POPの切り抜き作業。13冊もある今回の推薦図書では、POPサイズが小ぶりになる分、文字は数を減らして大きくする等、読みやすくしました。

「この本、どこに置こうかなあ」。本の認知度とサイズ、装丁等を対応するPOPと合わせて考慮しながら、センターはじめの配置場所を決めていきます。

「イラストはここのほうが目立つよね」。棚づくりの終盤、テーマPOPの配置で試行錯誤…毎回思いをこめたメインPOPだけに一筋縄ではいかないんですよね。

出来ました!動物棚。犬、猫、鹿、虎、鼠…おなじみの動物たちが所狭しと踊る棚は、名作・話題作も含めてどれもこれもおもしろいこと、うけあいですよ!

途中参加の委員も含めて、恒例の記念撮影。現在の棚入れ替え作業の中心は高2委員のため、次回3月の作業で引退…集大成となる展示に期待しています!

2学期最後の図書委員会

2022/12/27

 12月20日の終業式後、図書委員の中の有志が図書館に集まり、綺麗に掃除をしてくれました。

 掃除機かけ、拭き掃除、そして返却された本を書架に戻す … 大変な作業を有難うございました。その雄姿を写真に残すのを忘れておりました。ごめんなさい。どうぞご想像くださいませ。

 綺麗に新しい年を迎えられます。

 お疲れ様でした。

 来年もよろしくお願いいたします。

三田市立図書館展示棚2022年11月〜2023年1月の展示「音楽」

2022/12/01

突然ですが、「音楽」はお好きですか?

お好きなのはポップスですか?クラシックですか?日本の歌ですか?海外の曲ですか?

その地域の言葉や歴史・文化・気候風土、人々の生活や社会の影響を如実に受けながら多様なジャンルに細分化され、表現される点で、音楽は本ととてもよく似ています。

そんな「音楽」が今回の三田市立図書館展示棚入れ替えの展示テーマ。去る11月11日(金)には高2男女4人の図書委員が同図書館に集まり、展示棚を一新しました。小説やエッセイではしばしば音楽が重要な役割を果たすことがあるのは、皆さんもご存知でしょうが、果たして改装なった展示棚にはどんな本が並んでいるのでしょうか?

本好き、読書をこよなく愛する地元市民の方と本校図書委員が三田市立図書館を介して繋がる貴重な機会。暖かなお部屋でお気に入りの音楽をBGMにしながら、図書委員たちお薦めの本をぜひ楽しんでください。

 

【テーマ主旨】

今回のテーマは「音楽」です。
テーマは芸術の秋から連想させて、音楽にしました。
音楽に関連する本といえば、ピアノやバイオリンなどのクラシックから歌手の物語、音楽家の伝記、更には楽譜など、さまざまな種類があります。
個人的に音楽の小説をよく読むのですが、音楽の小説は、演奏者の演奏している時の感情や感覚を例える比喩表現が壮大で、音楽を聴かなくても読書で体験、体感できるので、なかなか唯一無二な感覚を味わえる所が醍醐味かなと思います。
今回は音楽の小説を読んで、読書から音楽を楽しんでみるのはいかがでしょうか。
音楽の小説を含む10冊程度が展示してありますので三田市立図書館に是非足をお運びください!

 

▉三田市立図書館本館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」

テーマ:音楽

陳列図書貸出期間:2022年11月11日(金)~2023年1月下旬予定

 

晩秋、夕暮れ時の三田市立図書館。1F開架室で本を探す市民の方、2Fラウンジ(学習席)で自習する中高生たち…静かな時間が流れていきます。

まず初めにする作業は前回展示物の撤収。毎回、貸出期間中は大勢の方にご利用いただいているとお聞きして、図書委員たちのやる気も俄然上がります。

3人並んでPOPの切り抜き。紹介文はギッシリながらも、作品イメージの湧く手作りタイトルロゴが使われる等、工夫の凝らされたPOPを丁寧に切り抜きます。

今回はクラシック音楽からのビジュアル化。展示テーマの連想ビジュアルを同図書館備え付けのパネル等から選ぶのは、毎回難しいけれども楽しいのです。

小物のイメージPOPを配置中。展示棚づくりで案外侮れないのがこうした小物POPで、カラフル&不定型な「♪」があるだけでも棚の注目度はアップです。

完成!お薦め「音楽」図書の展示棚。今回も作業がサクサクと進み、当初のイメージどおり?の棚に仕上がったことで委員たちはニコニコです。

人気作家、話題の作家の作品を古今東西から選りすぐり。装丁とPOPの相乗効果もあり、本好きなら思わず立ち止まって本を手にしたくなりますよね。

図書館担当者の方々と次回の打合せ。はっ!?と気づいたのがこの日が“年内最後の棚づくり”だった事実で、この記事をご覧の皆さんにも一足早く「良いお年を」。

桜陵際の図書委員会

2022/11/10

 10月29日(土)、今年の桜陵際も図書委員会は参加いたしました。

 図書委員による「書評」展示、本の中の「おすすめの一文」展示、そして中学生全員が作成した「しおり」の展示をしました。 また書評に関しましては、例年通りコンテストを行いました。応じてくださった方々に感謝申し上げます。

 書評やこれまで委員が作成してきたPOPをじっくり読んでくださる方も多く、とても嬉しいかぎりでした。中でも、「一部でもよいからホームページで読めるようにして欲しい」と図書委員にお声がけ下さった方があり、図書委員ともども嬉しくなり、書評コンテストの1~3位入賞の9作品を、期限付きですが、こちらから見ていただけるようにいたしました。1位1作品、2位3作品、3位5作品です。  勝手ながら、公開は終了いたしました。

 学年のみ表記し氏名は削除してはいますが、これら図書委員の書評には著作権がありますこと、ご了承ください。

    ここをクリックしてください →  図書委員書評コンテスト第1位2022

                     図書委員書評コンテスト第2位2022

                     図書委員書評コンテスト第3位2022

 これからも、図書委員会の活動を見守っていただけましたら幸いです。よろしくお願いします。

 

  《作業のようす》 

 今年も書評はフォームを使っての提出でした。幹部は原稿のチェック、打ち出し、展示にと奔走していました。大変な作業です。

 また、しおり展示には中学生3学年全員にお願いしました。がんばって描いてくれた人、感謝しています。学年の先生方にもご協力をいただきました。ありがとうございました。 提出された各クラスのしおりを模造紙に貼っていくのは根気の要る作業。図書委員たちは限られた時間の中でがんばってくれました。その中で、力作や両面に描かれたしおりも多く見受けられたのは嬉しかったです。

    

 《桜陵祭(一般) のようす》 

 記念図書館入口では、図書委員の作った記念図書館の解説書をお配りしました。 閲覧室には書評の展示を、情報棟の窓には、今年の特別企画でお気に入りのフレーズをピックアップした「おすすめの一文」の掲示をして、情報棟の開放をしました。 中学生のしおりは、情報棟外壁に展示されました。 図書館エリア出口までの道中もお楽しみいただけるようになりました。

  投票にご協力いただきありがとうございました。

 

「おすすめの一文」は情報棟図書室の窓に、中学生のしおりは、情報棟の外壁に展示しました。

三田市立図書館展示棚2022年9〜11月の展示「ホラー」

2022/10/24

早いもので、季節は三田市立図書館前の街路樹を紅く色付かせる頃になりました。

秋といえば「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」…しかし、近年は商店街やショッピングモールでごく当たり前に見られるようになった「ハロウィンの秋」でもあったりします。

古代アイルランドのケルト人に起源するとされる「ハロウィン」。「ジャック・オー・ランタン」(お化けカボチャ)や子どもたちが家々を回る際のかけ声「Trick or Treat」(いたずらか?ごちそうか?)で知られ、近年は日本でも定着して秋の一大イベントになった感があります(本場のハロウィンは10/31)。

この欧米発の子ども祭り?をイメージソースに、今回の三田市立図書館展示棚入れ替えの展示テーマには「ホラー」が登場。高2の図書委員、男女計3人が選びに選び抜いたお薦め図書の紹介POPを携えて、去る9月26日(月)に同図書館の青春読書記棚を賑やかに彩ってくれました。

秋なのにホラー?まあまあ、そうおっしゃらずに、背筋の凍る一冊やそこはかとない恐怖を味わえる一冊等を、ぜひ三田市立図書館で手に取り、秋の夜長を楽しんでいただけたなら幸いです。

 

【テーマ主旨】

今回のポップの展示テーマは「ホラー」です。

今回の展示期間が10月が主になるので、ハロウィンをイメージしたテーマにしました。

集まったポップを見てみると自分達の考えているようなホラーではないものがたくさんありました。まだ小さい子でも読めるような軽いものからハードカバーのガッツリしたものまでありますので、是非、市立図書館まで足を運んでみてください。

集まったポップを見てみると、自分達がよくイメージするホラーと違った心の奥の恐怖を煽るものなどがありました。

 

▇三田市立図書館本館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」

テーマ:ホラー

陳列図書貸出期間:2022年9月26日(月)~11月下旬予定

 

事前に行う本校記念図書館でのPOP作成。昨今は10代にも大人気の「ホラー」、図書委員たちも各人の趣味を活かして図書選定&POP作成を行いました。

三田市立図書館から望むバス停。交通アクセスの良い同図書館は、玄関正面の幹線沿いに桜や百日紅等の街路樹が植樹されていて季節ごとに豊かな彩りで楽しませてくれます。

お薦め図書の貸出分をピックアップ。約40万冊(2019年)に及ぶ同図書館の蔵書から、当該図書を一般開架室に念入りに探し出す地味でも大事な作業です。

この日作業に参加してくれたのは、高2同級生の3人。中間考査が近づき、部活動で出かける委員も多かった時期に、「利他」の精神で頑張ってくれました。

「ほら?ホラーだからね」。なんてダジャレを彼らは言ってはいませんが(笑)、フォントにも凝った展示テーマの掲出には試行錯誤が付きまといます。

3人でもサクサクと進む棚入れ替え作業。具体的なビジュアルイメージを描きやすい展示テーマだから、図書委員同士のコンセンサスもとりやすいのです。

棚が完成、はいチーズ。POP作成は経験を積むほどにスキルもセンスも向上するもので、写真の3人からもやり切った達成感とどこか余裕の表情が見てとれますね。

よく見れば怖いかもしれない展示棚。西洋的ホラーとジャパニーズホラーの同居する空間は、棚真正面に見えるビジュアルをはじめ、怖がりの人は要注意ですよ。

前の10件へ