図書館だより

BLOG

野依良治さんの著書および記述のある本を集めました。

2018/01/20

本年もよろしくお願いいたします。

素晴らしい年でありますように。 そして友となる本に、たくさん出会えますように。

 

2月の特別講演会に、

2001年にノーベル化学賞を受賞なさった、「野依良治」さんをお迎えします。

記念図書館閲覧室では、野依さんの関係書籍を集めて展示しています。

野依さんの自伝やメッセージ、対談やノーベル賞関係の本など色々あります。

 

講演の前に、目にしてみませんか?

ぐっとお話が深くなることでしょう。

読んでから講演を聴くか、聴いてから読むか。

あなたは、どちら派?                   

さまざまな働き方を知ろう ~館内展示のお知らせ~

2017/12/12

 現在さまざまな仕事がありますが、AIの進歩でこれからいろいろ変わっていくことでしょう。

どんな仕事があるか、将来どのような可能性があるのか、考えたり調べたりすることは大切であると考えます。

まず自分の進む道を柔軟に考えられるよう、いろいろな仕事を知って、可能性のある選択の幅を広げてゆきましょう。 資格がいるものもありますので、準備の心づもりができますね。

 そこで、「さまざまな働き方」の本を、集めました。記念図書館閲覧室の新着書コーナーのつづきにある、低い本棚の上に並べています。 

兵庫県立図書館からも、41冊の働き方の本を借り受け、一緒に展示しています。(県立図書館の本は、記念図書館閲覧室です)

本校の本はこの場所以外に、情報棟の窓側にある「進路・仕事をかんがえる」コーナーにあります。 時間をみつけて、のぞきに来て下さい。

この展示は2018年2月21日までの予定です。

 

「情報」に関する本の展示のご案内

2017/12/06

≪ 12月 の展示≫ 「情報社会を生きる私たち」 ~ 「情報」展示① ~

AIの進化により、スマートフォン、タブレット、パソコンは、生活から切っても切れないものとなりました。情報に振り回されず上手に付き合い、「サイバー犯罪防止講習」を思い起こして、便利な道具を、勉強や私的に上手に使いこなしましょう。また情報を得るのは、最初は紙でも電子辞書でも、信頼のおける出版社の事典・辞典から利用しましょう。

気付いている人も多いと思いますが、10月下旬から、記念図書館閲覧室のノーベル賞の本棚の上段に、利用の仕方や情報リテラシーなど情報関係の本を集めて別置展示しています。

兵庫県立図書館からも「情報」に関する本42冊(F-11) を借り受けて、一緒に並べています。気軽に手に取ってください。ただし今展示している本は1月9日までです。

1月中旬からは、「情報」の第2弾として、違った情報関連の本(小論文用に組まれた本)とプログラミングの本を県立図書館から借り受けて展示します。

県立図書館の本のリストは、県立図書館のHPの「学校関係者のページ」→「学校サポートプロジェクト」のページにありますので、気軽に見てください。

 

≪ 1月からの展示 ≫ 「他人にも、自分にもやさしく」を、心にとめて ~ 「情報」展示② ~

いつの間にか情報やそれを発信する道具に振り回されてはいませんか? 新聞などで、スマホ老眼やブルーライトなど、体に関わることも言われています。

ネットいじめやSNSなどインターネットの使用の心得も気になります。ネットの情報を信じすぎず、そして言葉の重みを今一度見つめ直して。顔が見えない分、自分では軽い気持ちで書いた言葉でも、思いのほか相手を傷つけることがあることを心にとめていかねばなりません。また、犯罪に巻き込まれないよう、日々進歩するセキュリティーの意識と知識を高めていきましょう。

人を傷つけない、コピペをしたり勝手な解釈を載せないなど、マナーをわきまえて活用出来る人が増えることで、ネットいじめや犯罪のない世界になることを祈ります。

そこで1月11日からは、兵庫県立図書館から情報やプログラミングの本を借り受けて展示する予定です。本校の蔵書では、情報に加えて、マナーやいじめについての本も集めます。

この機会に、ぜひ手に取ってほしいと思います。

三田市立図書館展示棚 2017年11月〜2018年1月の展示「芸術の秋」

2017/12/02

季節の移ろいは早く、今年ももう師走を迎えてしまいました。

しかし、前半が暖かく、後半も最近になって冷え込み始めたせいか、今年の秋は例年よりも長く持続している印象。そんな最中の1122()恒例の三田市立図書館「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」の展示棚入れ替えを、本校図書委員たちが行いました。

今回のテーマは、晩秋の落ち着いた空気と時間にふさわしく、ズバリ「芸術の秋」。図書委員たちが“生徒の目線”から見た「芸術」、具体的にはアニメや漫画•音楽•舞台等に関する知的刺激とエンターテインメント性満載の一冊一冊を厳選してご紹介します。

なお、今回は展示棚入れ替えの新メンバーとして1男子の図書委員2人が初参加。いつもの写真+キャプション記事は、頑張った彼らの追跡ルポ風に仕立てました。

この年末年始は三田市立図書館で、芸術三昧の読書体験をぜひご満喫ください。

三田市立図書館本館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」

テーマ:芸術の秋

陳列図書貸出期間:20171122()20181月中旬予定

あいにくの雨だった当日。夕方5時頃ですでにこの暗さでしたが、三田市立図書館の夕景はきれいでした。

この日の作業に参加してくれた中1図書委員の2人。最初に本校の記念図書館でPOPを下書きしました。

色紙に手書きしたPOPをパウチしてカット。初めての本格的なPOPづくりに、慣れない手つきながらもトライです。

「このPOPなら棚の奥に掛けても目立つよ」。一つ一つの作業には先輩の丁寧な指導が入るので安心です。

忘れてはいけないのが、紹介する図書の蔵書確認。書架スペース備え付けの検索機で確認します

そして、いよいよ展示棚のレイアウトへ。今回は、主に先輩の「お仕事」を見学してノウハウを蓄積します。

先輩のお手伝いをしながら、一旦完成した展示棚。「芸術の秋」テーマ説明のPOPは後日掲出します。

展示棚づくり、やり切りました!後輩2人を見つめる眼差しに、心なしか先輩たちの熱い期待が混じっていると思いませんか!?

文化祭を終えて (遅くなりましたが)

2017/11/22

 

 今年も、図書委員の文化祭参加にご協力いただきましてありがとうございました。

 11月2日は100名、11月3日は583名、合計683名の方に、記念図書館での展示見学、そして催しに参加していただき、無事終了いたしました。

 ビブリオバトルに図書館クイズは楽しんでいただけましたでしょうか。午後からの絵本の読み聞かせも、もっとたくさんの方に聞いていただきたかったです。

 「しおり」と「書評」の投票の詳細な結果は、図書委員だよりでお知らせする予定をしています。 

ありがとうございました。

【 記念図書館 玄関 】

ようこそ、記念図書館へ。文化祭や見学会では、この玄関が入口です。看板の記念図書館の文字は、現在の高校2年生の作品です。

 

【 しおり展示 】

中学3学年のしおり作品です。この展示に向けて夏休みに作成してもらいました。毎年来館者に投票していただき、優秀作品を決定しています。今年のしおり展示は、自習室から廊下にかけて行いました。

【 ビブリオバトル と 絵本の読み聞かせ 】

今年のビブリオバトルは、玄関入って左手のラウンジで、図書委員の女子4名で午前中に1回だけ行いました。今年のチャンプ本は、川口雅幸の「虹色ほたる」(アルファポリス)でした。午後は絵本の読み聞かせをしましたが、午前中に多く来館して下さっていた小さいお子さんにきいていただけなかったので、とても残念がっていました。

 

【 図書館クイズ 】

閲覧室のあちらこちらに、クイズのヒントや答えが置かれたり、書かれていました。クイズの答えを求めて、元来た部屋へ戻られる方も多く見受けました。今年のクイズ参加プレゼントは、お手製の「ミサンガ」か、「しおり」を用意していました。女子だけでなく、男子も器用にミサンガをたくさん手作りして準備していたのが印象的でした。

 

【 書評展示 】

閲覧室の閲覧コーナーに、図書委員による書評と本とを並べて展示しました。立ち止り、熱心に読んで下さる方も多く、うれしい限りです。こちらもご来館いただいた方々に、投票をお願いしました。

 

 

前の5件へ