図書館だより

BLOG

三田市立図書館展示棚 2018年11月〜2019年1月の展示「学園生活」

2018/11/28

日の暮れるのが早くなり、灯火親しむ「読書」にはこれ以上ない季節がやってきました。

「本の虫」を自称する本校図書委員たちのおすすめ図書定期便、「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」。1114()には恒例の展示棚入れ替えを、三田市立図書館で行いました。

今回のテーマは「学園生活」。盛り上がりに盛り上がった本校桜陵祭(文化祭)を受け、また前回のテーマだった「学習」ともリンクするかたちで、勉学以外にも幅広く充実させたい学校生活や、生徒たちの日常をとっておきの本を通じてご紹介したい。そんな思いから、読む人をワクワクさせる知的好奇心や心揺さぶる感動で満たしてくれる一冊一冊を厳選しました。

来春には引退する高2委員たちに代わり、展示棚入れ替えのノウハウを引き継がなければならない後輩たちにとっても貴重な機会。

一所懸命に、しかも楽しく進められた棚づくりの様子をいつもの写真とキャプションでお伝えします。

■三田市立図書館本館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」

テーマ:学園生活

陳列図書貸出期間:20181114()20191月中旬予定

展示棚の入れ替えには何回も参加して、要領もつかめてきた中学生委員たち。棚背面を演出する壁紙も自分たちで選びます。

図書館の担当の方とPOPの文面やデザインを最後のチェック。本を借りられる方、読まれる方の目線から見ることも大事ですね。

棚背面に壁紙を貼り、おすすめ図書の位置を決めたら手作りPOPを配置。今回は多人数なので、棚がサクサク出来上がっていきます。

先輩たち高校生委員がつきっきりだから、中学生委員も安心して作業。一般来館者の方のお邪魔にならないよう、気配りすることも大切です。

棚づくりの合間、本を手に取り、ちょっと一息。本好きが集まっているだけに、活字を見れば表情も自然にほころびます。

今回も展示棚が無事に完成。現代日本を代表する錚々たる小説家たちの作品が中心なだけに、この棚に足繁く通う方も増えそうです。

最後にはいつもの記念撮影。高2女子2人のベテラン委員にとっては、棚づくりの後の楽しい撮影も残すところあと2回です。

この日、三田市立図書館からの帰り道に「虹」を発見。世代交代が進む本校図書委員会で、来る新年へと希望の架け橋が架かりました。

今年も図書委員会は文化祭に参加しています

2018/11/02

 記念図書館で図書委員会による展示をしています。

 

 ・中学生が夏休みに作成してくれたしおり」の展示

   学年、クラスごとに展示しています

 ・図書委員からの本のおすすめ 書評 の展示

 

   この2つはコンテスト形式をとっていますので、

「これは!」と思われた作品に、投票のご協力をお願いいたします

 

・アルバムにまとめた POP の展示  (三田市立図書館で展示したものなど…)

 

 ・図書委員によるビブリオバトル

11時~11時45分

今年は4名の図書委員による決戦です。

玄関右手奥の自習室でお待ちしております。

三田市立図書館展示棚 2018年9〜11月の展示「学習」

2018/10/10

大型台風の襲来もあって、自然の猛威を思い知らされた夏が去り。9月も半ばを過ぎると、ここ三田では次第に過ごしやすい日が増えてきました。

本好き、読書家にとっては待望の季節の到来を受けて、本校図書委員たちも知的好奇心を総動員してのお奨め図書を厳選。921()には恒例の三田市立図書館展示棚の入れ替えを行いました。

今回、彼ら彼女たちが設定したテーマは「学習」。日頃は教室で教科書を開き、先生の講義を受けながら勉学に勤しんでいる身ですが、学びは何も生徒や学生だけのもの、学校だけのものじゃない。

日々の生活から自然や社会、果ては人知を越えた世界まで、そこに知的欲求や実用的な必要性があれば、すべての物事・出来事が学習の対象になり、年齢や職業を越えて学ぶ機会も生み出していけるはず。

そんなメッセージがこめられたクイズやハウツーものから小説まで、読めば腑に落ち、役立つことうけあいの一冊を、ぜひ三田市立図書館でお確かめください。

■三田市立図書館本館展示棚「青春読書記 ~三田学園図書委員会より愛をこめて~」

テーマ:学習

陳列図書貸出期間:2018921()11月中旬予定

三田市立図書館玄関前の大きなけやき。夏場は木陰をつくってくれたこの木にも、葉先には秋が忍びよってきました。

今回のテーマは「学習」。日常のささやかな知的発見はもちろん、困り事や悩み事も読書でスッキリ解決できればいいですね。

まずは一旦「仮」並べ。表紙デザインも重要な訴求ポイントだけに、フロントに配置する本の選び方には神経を使います。

そして、ここからが棚づくりの本番。悩みながらのフロントレイアウト、その始終を連続写真でお見せします。

大判の本はサイドに寄せ、読んでいただきたい本を中央へ。その際、背面のPOPとの位置関係にも細心の注意を払います。

表紙の目立つ一冊はセンターへ。イラストや明るい色でデザインされたものは棚自体が華やかになり、注目度もアップします。

こうして完成した最新の展示棚。いつになくマンガイラスト表紙の本が並べば、内容に関わらず手にとりたくなりますね。

中学生委員も混じっての記念撮影。先輩から引き継いだノウハウを活かし、納得のいく展示棚はつくれたでしょうか。

記念図書館前にも蝶がたくさん飛んでいます

2018/10/02

     9月ごろから記念図書館前のお花に、橙色の蝶がたくさん来ています。

今回の台風の後にも、花壇で飛び交っていました。どこかで、必死になって風雨をしのいでいたことでしょう。がんばったね、と心の中でもよいので声をかけてやって下さいね。

  様子を見ていると、翅の先に縞模様のある蝶とない蝶がいて、縞模様のある蝶が飛ぶと、それ以外の蝶が舞いあがります。

 何という名前の蝶か知らなかったので、図鑑で調べました。橙色に黒い斑点、黒の縁取りがあります。メスには翅の先に黒の縞があることから、タテハチョウ科のツマグロヒョウモンではないでしょうか。(保育社の検索入門シリーズの「チョウ①」p163-165)

 知っている人がいたら、教えてください。

 最初はシャッターを切る音にも驚いて飛びまわっていましたが、次第に慣れてきてたのか、撮影させてくれました。

またオス同士で追いかけあいっこもしていました。中央下の蝶がその様子です。

 

陰山英男先生 と 岸本裕史先生(三田学園卒業生)

2018/09/03

  この秋、育友会の講演会で「陰山英男」先生をお迎えします。

  陰山先生は、様々な教育実践で学校のみならず、家庭教育にも大きな影響を与えられている方です。

「百ます計算」や「陰山手帳」「陰山メソッド」と聞くと、「知っている」「聞いたことある」という人も多いのではないでしょうか。それを広められた先生です。

「百ます計算」というと陰山先生、と連想する方が多いのですが、実はこの「百ます計算」は三田学園の卒業生で神戸市の小学校教諭であった「岸本裕史」先生が生徒と共に作り上げ、最初に提唱なさいました。先生は、計算が正しくできると自信がつき、集中力と持続力が養えることから、計算力を伸ばすことは学力全体を引き上げる牽引車の機能も果たすともおっしゃっています。 (岸本裕史「見える学力、見えない学力」大月書店より)

 陰山先生は、「落ちこぼれをなくしたい」思いから、岸本先生を頼って百ます計算を実践し、それを陰山流に変化させていきました。岸本先生は、その変化をいい方向に展開していると、陰山先生に期待をよせていらしたそうです。(陰山英男「人生を変えるポジティブ習慣」リベラル社より)

 岸本先生は「学力の基礎を鍛え落ちこぼれをなくす研究会(落ち研)」(現在の「学力の基礎をきたえどの子も伸ばす研究会」)の主宰をなさっており、陰山先生もこの会員でした。どちらも兵庫県の学校の先生です。子供たちにしっかりとした学力をつけようとした、百ます計算の導入と教育の実践は「やっぱり『読み・書き・計算』で学力再生 兵庫県山口小学校10年の取り組み」という陰山先生と岸本先生の共著の本で著されています。この山口小学校は、兵庫県朝来町立山口小学校のことですよ。

 記念図書館には、陰山英男先生、岸本裕史先生の著書があります。一度手にして下さい。生き方や考え方について、いいアドバイスがもらえると思います。また教育関係に興味のある人は是非とも見て欲しいですね。さあ、前向きに物事をとらえてゆきましょう。

前の5件へ