中学3年生

9th GRADE

通信欄

中3 学校再開に向けてみんなで一緒に考えよう

2020/05/30

 今週、中3では『学校再開に向けてみんなで一緒に考えよう』と題して、ビデオ会議アプリを利用してのHRを行い、迫る学校再開に際して不安に思っていることや悩んでいることを共有したり、解決方法を皆で考える機会を持ちました。

 多く聞こえてきた声では『運動不足による体力の低下が心配』、『自宅での学習を頑張ってはいるが、自分がどれだけできているのか実感が持てない』、『家では集中力が持続できない』や、切実な声としては『中間試験が実施されるができるか不安』、『登校に電車を使うが、安全なのか』というものがありました。逆に、『特に困ったことはなく、再開が楽しみ』、『やりたいことが増えて時間が足りない』といった前向きな意見も出てきました。

 すぐに解決できないことも多くありますが多くの生徒が、同じ悩みを持っている人がいることに安心した様子でした。また、先生からの『質問はいつでも受け付けてますよ』や、『まとめや問題プリントが必要な人はいますか?』といった声かけや、クラスメイトから『勉強の際にはスマホをどうやって遠ざけるかがカギ』や『ゆっくりでも課題をこなしていくようにしているよ』といった解決方法の共有もあり、悩んでいた生徒にも少しホッとした様子が見られ、来週の登校日に向けて弾みになったのではと思います。

 中3の登校日は6月3日を予定しています。約2か月振りの登校です。もう少しの間楽しみにお待ちください!

中3 自己点検と道徳

2020/05/28

 中3では今年度二回目の自己点検を行いました。休校期間も二か月を迎えつつある今、自宅で過ごす生徒たちがどのような状態なのか、担任団はとても心配しています。

 生徒たちからは『体力の低下が心配』『まわりがどれくらい勉強しているか見えないので不安』『もっと教材が欲しい』『自分の学力はどのくらいなのか』などという声が聞こえてきました。我々も様々な取り組みを心がけているとはいえ、やはり生徒の中では不安が少なからずあるということを再認識しましたので、来週の登校日や学校再開の際にしっかりと生徒の声を聞く必要があると感じました。

 

 また、同時に道徳として、本校で作成している人権通信『青空』をもとに、新型コロナに対して様々な報道で伝えられている差別や偏見に関して考える時間を持ちました。

 生徒たちからはニュースで知った様々な事例を挙げ、『情報は正しく判断する必要がある』、『医療従事者へ感謝を忘れないようにしたい』、『見えないものへの恐怖によって、人間の弱さを知った』などという意見が出てきました。

  この内容に関しては休校期間が終わったら教室で改めて考えを共有する機会を設けることになると思います。みんなが安心して暮らすためにはどのような心掛けが必要なのか、考え続けてもらいたいと思っています。

中3 文理選択に向けて

2020/05/21

 今年度中学3年生は高校での文理選択を行う節目の年を迎えています。時代の変化がとても速い世の中において、文理選択は将来に直結する大きなイベントとなって生徒たちを悩ませています。

 そこで、ホームルームでは夢ナビというサイトを利用して、今どのような学問が世の中にあるのかを知る活動を行っています。

 具体的には関心のあるキーワードを検索して、そこからどのような研究がされているのかを調べたり、逆に今まで関心の無かったキーワードから新たに知見を広げるような取り組みです。

 また、サイトでは実際に研究している大学の先生の講演や授業を見ることができ、文字だけでは知ることのできない学問の奥深さを知ることができます。

 生徒からは『文系だから数学や物理をしなくていいわけでなく、文系理系どちらの考え方もできる人が社会で必要とされていると分かった』、『プレゼンやグループワークの力が、いま私たちに求められているものだと分かった』、『大学受験の合格はゴールではなく、もっと面白いことを学ぶぞという気持ちを忘れずにいたい』など、将来の進路選択に向けて刺激を受けたり、考えを深める機会になったようです。 

 興味のある方はご覧になられてはいかがでしょうか?

※現中学3年生は高校進学段階で文理選択を行いますが、現中学2年生からは高1時に文理選択を行います

中3 おうちでできそうなSDGsチャレンジ

2020/05/19

 中3では19日から21日の3日間、午後のHRの時間で「おうちでできそうなSDGsチャレンジ」というプログラムを行います。

 SDGs(持続可能な開発目標)は国連に加盟する世界193か国が合意した17の目標、169のターゲットのことで、世界各国で2030年までに達成すべき目標が設定されています。

 生徒たちは17の目標から一つを選択し、その目標を達成するために家の中でも出来るアイデアを1つクラスメートに提案します。

 先週のHRでも利用したビデオ会議アプリで、自分の考えたアイデアを紙に書いて提示し、自分がどのような取り組みをしたり考えたりしたかを発表しました。

 一例をあげると、『家から出るゴミや汚水を減らすためには?』『家庭内で節電するためには?』『医療崩壊やマスク不足を解決するためには?』『家に居ながらでも質の高い教育を受けるには?』など、生徒たちからは休校期間で家で過ごす時間が長い今だからこそ、見えてきた課題や解決するための工夫が様々な視点から発表されました。

 今回の意見交換を通じて、家庭での過ごし方に一工夫が見られたり、少しずつ国際的な視野が広がることを期待しています。

中3 休校期間 学習確認テスト

2020/05/15

 今週、水曜日から金曜日にかけて中学3年生ではここまでの休校期間に学習した内容を確認するためのテストを行いました。

 様々な方法で自宅学習に取り組んできた生徒たちですが、果たして学習内容が定着しているのか・・・

 私たち教員としても、ここまで試行錯誤してきた授業が生徒たちにどのように響いているのかを確認するためのテストでもあります。

 取り組み後は自己採点を行ったり、先生が採点したりと教科によって少し違いはありますが、生徒の皆さんは解答を終えて終了ではなく、自分の間違っていた問題をしっかり振り返り、いずれ来る休校明けまでにしっかり知識を定着させるようにしましょう!

前の10件へ