中学3年生

9th GRADE

<通信欄>

中3 🍁校外学習 in 京都🍁

2022/11/12

爽やかな秋晴れ🌞そうだ、、、

京都へ行こう!』🍁校外学習 in 京都🍁

 

中学3年生は11月11日に、京都へ校外学習に行ってきました。

修学旅行で行った班別研修の経験をいかして、今回も班別研修を行いました。

 

各班、必ず2箇所、神社仏閣などの歴史的な場所を訪れ、その場所についてのレポートを作成することになっています。

紅葉がいい感じの季節の京都、生徒たちも教員たちも心地のよい一日を過ごしていました🍁

中3 校内文化祭 午後の部

2022/10/29

😆ホールの発表で、気分はアゲアゲ⤴︎⤴︎

 

28日の校内文化祭、午後からは、ホールでの発表の鑑賞です。

生徒会長の中学3年藤岡さんの挨拶で幕を開けました!!

発表を披露してくれるのは、軽音楽部、ESS部、ダンス部、吹奏楽部の皆さんです。

軽音楽部の発表では、中学3年生の所属する2組のバンドが、こだわりの詰まったカッコいい演奏を披露してくれました。

ダンス部は、ヤングケアラーという社会問題をテーマにした創作ダンスやアップテンポなダンスを披露してくれました。

ESS部は、流暢なEnglishで、あの名作『ロミオ&ジュリエット』の英語劇を披露してくれました。日本語字幕を舞台上部にプロジェクターで投影する工夫をしてくれていました。

吹奏楽部は、2022年上半期ヒット曲メドレーなどを披露し、会場を盛り上げてくれました。演奏に合わせて口ずさんでいる生徒たちの姿も微笑ましかったです😄

各部とも中3生は最高学年として、中学最後の舞台を精一杯頑張っていました。

生徒会執行部をはじめ、保健委員、風紀委員、評議委員、学級自治委員の皆さんも中学の最高学年として、後輩の委員の皆さんと文化祭の裏方として、頑張ってくれていました‼️

中学最後の年に、保護者の方にもご覧いただける文化祭を開催することができたことを、嬉しく思います。

⭐️中3 校内文化祭⭐️

2022/10/28

中3ですが、ある意味、"初"文化祭です😆

"ドキドキ💓ワクワク"

今日から文化祭。今日は生徒たちだけの校内祭です。

 

この中3生は1年の時から新型コロナウィルス感染症のせいで、様々な活動が制限されてきました。文化祭もその一つです。昨年、一昨年と無観客での文化祭であったため、教室展示などの経験もありませんでした。今年は、はじめて保護者の方にも見ていただける文化祭となり、各クラス、派手さはありませんが、学習展示をすることにしました。

展示内容は、国語の時間に書写の一環として取り組んだ、心のこもった「俳句」、英語の時間にスピーチコンテストを開催した際に、各自が今持つ最大限の英語力を注ぎ込んだ「英作文」、美術の時間に脅威の集中力で一心不乱に取り組んだ「点描画」、そして、11月の京都郊外学習に向けて各班で楽しくワイワイ取り組んだ「京都校外学習で行く予定の神社仏閣について簡単に調べてみたもの」です。

見学の様子を見ていると、後輩たちに、自分の作品を見られることに少し緊張している様子も見受けられました。後輩たちに、やっぱり先輩はすごいな、と思ってもらえてたらいいですね😊

午後からは、ホールでの発表を見学します。そちらの様子も改めてアップする予定です。

発表する部活の三年生たちの活躍を期待しています‼️

中3 英語スピーチコンテスト決勝大会🎊

2022/10/25

😆Good Performance🎉

"We Are Proud of You."

24日(月)に、昨年に引き続き、小寺ホールにおいて「※田中杯英語スピーチコンテスト」を実施しました。先週に各クラスで予選を実施し、その選考の結果、各クラスの代表者6名が選出されました。代表生徒6名は中3生全員を前に、ホールで堂々とスピーチをしていました。

スピーチのテーマは、教室での学習に有効的なものは紙の教科書か、タブレット端末か」、「小学校からの英語教育をした方がいいかです。

どの生徒も、クラス予選からの数日間に、アイコンタクトやジェスチャー、抑揚や間の取り方など、様々な工夫をしながら練習し、非常にレベルの高い発表ばかりで、とても感動ものでした。

審査の結果、2名の生徒が最優秀賞、優秀賞に輝き、トロフィーの授与を受けました。

今回のスピーチは、代表ひとりひとりにとって大きな自信になっただけではなく、聴衆の生徒全員にも刺激になったことと思います。これからのさらなる成長に期待しています。

※「田中杯」とは、学年主任に由来して名付けられたものです。

中3 進路講演会📝

2022/10/20

⭐️成績上昇者の特徴の1つは、、、

   "朝ご飯を毎日食べている"

 

中学3年生は、2学期が始まってすぐにBenesseの「学力推移調査」(模試)を受験しました。

そして、その結果を本日、生徒たちに返却することになっていました。

どうしても、このような模試を返却すると、生徒たちは得点や偏差値、順位といった数値にばかり気をとられてしまい、肝心の振り返りが疎かになってしまうことが、ありがちです。

そこで、本日は、この模試の返却のタイミングに合わせて、Benesseの小林様にお越しいただき、「学力推移調査」の振り返りのポイントを分かりやすく解説していただきました。

また、模試の振り返りの話しだけにとどまらず、生徒たちの希望進路実現に向けた、お話しもしてくださいました。生徒たちは、熱心に耳を傾けておりました。

 

 

前の10件へ