中学1年生

7th GRADE

<通信欄>

オンライン英会話

2021/06/18

今年度より、英語Aの授業の一環として、フィリピンのセブ島在住の英会話講師の方々とのオンライン英会話プログラムを始めました。このプログラムは学期に1回行われます。英語Aの45分間の授業中に、21名のフィリピン人講師それぞれが2名の生徒を25分間指導します。生徒たちは様々な写真やイラストを見ながら、最近学んだ What food do you like? といった質問やそれに対する答え方を何度も使っていました。事後アンケートでは、95% の生徒が「楽しかった」という回答をしています。良い経験をたくさん重ねて、自信をつけてもらいたいものです。

畑作業 vol.2

2021/06/15

6月7日(月) に2回目の畑作業として『苗植え』をおこないました。今年は「トマト」「さつまいも」「黒豆」を栽培します。各クラスの畑委員を中心に、水やり・雑草抜き・わき芽とりなどをしながら、夏休みには真っ赤なトマト、秋には大きなさつまいも、ぷくぷくに膨らんだ黒豆が収穫できると願っています。感染状況が改善していれば、2学期には収穫した野菜をつかって、ぜひ調理実習を行いたいと思います。

「世界に1人しかいない、かけがえのない自分」

2021/06/04

 先週の5月28日  5時間目から 小寺ホールにて
 つぐみ助産院助産師・越山茂代先生を講師としてお招きし、「思春期の体と心」と題して、性教育講演をしていただきました。
 3日前に先生が携わった、妊婦さんの写真や出産後の写真から始まり、妊娠中のエコーの動画、赤ちゃんが産まれた瞬間の写真、出産の記録が書かれている母子手帳、陣痛を起こすのは赤ちゃんなどなど、生徒は身を乗り出すように見入っていました。
 自分の体や心が、大人へと変化していく事を分かりやすく説明していただきました。その中で、個人差や男女差など一人ひとりの個性を尊重する大切さに気付いた生徒も多くいました。また、偶然ではなく必然として、奇跡のような確率で自分が生まれてきたことを知り、自尊心が育まれるようなあたたかいお話もしていただきました。

教育実習生による保健指導

2021/05/28

先週5月17日より14名の卒業生が教育実習として母校に帰ってきています。その中のひとりで養護教諭をめざす武中先生が、朝のSHRで衛生に関する授業を行ってくれました。コロナ禍の現在、全員が着用しているマスクの正しい外し方や取り扱いについて、イラストを使いながらわかりやすく説明していただきました。今一度扱い方を再確認できた大切な時間になりました。武中先生ありがとうございました。

乗車マナーについて

2021/05/15

5月13日
 6・7限は鉄道会社にお勤めの卒業生(75回生)芝さんに来校していただき、小寺ホールにて「乗車マナーについて」講演していただきました。
 中学1年生となり電車で通学する生徒が増え、また中学生は大人料金で電車に乗ります。社会の一員となる上で相手のことを考えた乗車マナーについて分かりやすく講演していただきました。
 生徒は「日々の生活で、当たり前のことが当たり前に出来るように取り組んでいきたい」と感じたようです。

前の10件へ