高校2年生

11th GRADE

<通信欄>

3月3日のHR

2021/03/06

 昨今、インターネットやSNS上での人権侵害が問題になっています。本校では差別や偏見について、HRや講演などで学習してきています。(講演の様子はこちら)

 一方で、特定の人たちを対象に攻撃する差別団体もあります。自分が行動を起こそうとすることで、そのような差別団体からSNS等で攻撃される可能性も出てきます。

 今回のHRでは、そのような事態になったとき、どう行動すべきなのかを考えました。「攻撃されるのが怖いので、行動しない方がいいのではないか。」「自分はいいけど、家族に迷惑がかかってしまうのはイヤ。」「差別に屈してはいけないので、行動するべきだ。」などいろいろな意見が出ましたが、その思いの程度はさまざまでしょう。

 行政や企業には、攻撃された被害者を支援・救済する対策がとられています。差別や偏見に直面したとき、ふと立ちどまり考えることが大切です。そして、困ったときは自分ひとりで抱え込まず、まわりの家族・友だち・知人そして先生に相談しましょう。きっといい解決策が見つかるはずです。