高校2年生

11th GRADE

<通信欄>

高2 「キャリア甲子園2020」準決勝大会進出

2021/01/25

全国から高校生がチームを組み、企業のリアルな課題解決に向けて提案を行う「キャリア甲子園」(主催:株式会社マイナビ)。

このビジネスコンテストに今年度も本校高校生が参加し、1月22日(金)に行われたプレゼン動画審査を1チームが通過しました。

今回は大会テーマ「Breakthrough」のもと、疲弊して打ち手がない現状を突破しろ!とのミッションが下された協賛6企業の各テーマに高1・2の2学年の生徒全員が挑戦。

夏休み明けの授業内で取り組み始め、情報収集から企画、企画書作成、さらにクラス内プレゼンテーション等を繰り返して提案内容をブラッシュアップした後、全158チームが12月に行われた書類審査に応募しました。

以下に、同大会に向けての本校生のここまでの動きと選考過程をまとめましたのでご参照ください。

 

2020年

12月:企画書提出、1次書類審査(本校から高1・1+高2・4=計5チーム通過)

2021年

1月:動画撮影、2次動画審査(本校から高2・1チーム通過)

2月14日:準決勝大会(オンライン大会)

3月14日:決勝大会(東京会場、インターネット生中継+一般メディア広報、以上予定)

 

晴れて今回の準決勝に勝ち進んだのは、高2女子3人のチーム「こみちるりん」。前年度の大会でも準決勝にコマを進めたことで記憶されている方もいらっしゃることでしょう。

捲土重来を期す彼女たちが新たに選んだ企業はピップ。テーマは「今後大きく変わる消費者行動の変化のなかで、スリムウォークの新しいマーケティングプランを提案せよ」。準決勝では同社の代表チームに選ばれるべく、現在オンラインでのプレゼンテーションに磨きをかけている真っ最中です。

今回は本エントリーとなる書類審査段階で過去最多の6,870名、2,009チームが応募。「こみちるりん」はこの競争を勝ち抜いてきた、準決勝大会進出1/48チームです。

激戦に次ぐ激戦が予想されるなか、3人の健闘にどうぞ応援をよろしくお願いいたします。

 

キャリア甲子園2020