学年だより 高校2年

BLOG

韓国領事館訪問

2019/07/18

去る7月9日、神戸の韓国領事館を訪問しました。領事館の役割やその仕事について総領事より説明を受けました。国際機関に就職を希望する生徒たちにとって、将来の自分の進路について考えるよい機会となりました。

学年通信 No.4

2019/07/17

本日で、一学期が終了いたしました。

有意義な夏休みにできるような内容を選び、学年通信No.4作成いたしました。

ご参考にしていただければと思います。

〇JICA講演
〇探究講演 高大接続サポータ―(大阪大学学生)
〇スタディサプリ講師 山内恵介氏 講演会
〇オープンキャンパスに行こう
〇2年生夏休みの過ごし方

についてまとめています。

☞_こちらから拡大できます(表) 

☞ こちらから拡大できます(裏)

 

7月16日 課題研究

2019/07/16

本日の1,2時間目は、「課題研究」でした。自分の研究テーマについての「リサーチクエスチョン」をみんなで考えました。

自分の進路と関係づけて設定する者、普段から疑問に思っていたことの解決を図ろうとする者、十人十色の問いを設定していました。

 

看護出前授業

2019/07/12

7月8日(月)の午後、高1・2年生の希望者(24名)を対象に国立病院機構・兵庫中央病院で看護師として活躍されている方をお招きし、看護の出前授業が行われました。
内容は、
 ・看護師の仕事内容
 ・看護師への道
 ・看護技術の体験
でした。
本職の看護師の方を前にして、はじめは緊張した表情をみせていましたが、実際の病院での様子などを聞かせていただくうちに、食い入るようにお話を聞いていました。
後半には、聴診器・血圧計などを使った実習もさせていただいたり、授業終了後も個別でいろいろな質問にもお答えいただき、ぼんやりとしか知らなかった看護師の世界の一端を知ることができました。

スタディーサプリ人気講師 山内恵介氏 講演

2019/07/11

7月11日(木) リクルートが運営する「スタディーサプリ」の人気講師山内恵介氏に講演していただきました。主な内容としては、

「学校」は、共通する友人と、先生で「学び」が磨かれていく唯一無二の空間である。自分以外の人々と「共創」することで活用できる知識が、足し算ではなく、掛け算になる。

 授業は、しっかり聞くのではなく、「受ける」(takeする)ものである。そこには、受身の要素はゼロである。能動的な批判的思考により、学びが確かなものになる。

知識をインプットの次は「復習」が鉄則。繰り返しによって、知識は定着する。アウトプットを前提にして、インプットすることが大切である。学びにおけるアウトプットとは「説明できること」である。「説明できる」前提に、「理解」があるからである。

今後の学習に活かせる内容が盛りだくさんの講演でした。

 

前の5件へ