SCHOOL

<通信欄> 緊急事態宣言の発令に関連する本校の方針は、こちらからご確認ください。→ 緊急事態宣言発令を受けて クラブ活動について  

東京2020オリンピック聖火リレー「兵庫県 2日目」

2021/05/26

既報(本校HP・広報だより「4月のメディア記事ご紹介」2021/5/1発信)どおり、5月24日(月)に「東京2020オリンピック聖火リレー」が開催されました。

これは全国巡回される同リレーから「兵庫県 2日目」で出走予定だったランナーを、当初の県下リレー・ゴール地点だった篠山城跡三の丸広場(丹波篠山市)に集めて行われたもの(三田市内での記念イベント等は中止になりました)。

当日は小雨そぼ降るあいにくの天候だったものの開催に支障はなく、85人と3組28人の計113人に上るランナーが、トーチを片手に同会場内に設けられた1周280m・1区間20mのコースをリレー走行し、聖火を次々に託していきました。

本校からは元弓道部の卒業生・田中希望(きらり)さん(104回生、現関西学院大学1回生)と、今春から本校高校生となったばかりの西岡 瞳さん(107回生、高1)の先輩後輩女子2人が参加。

北京五輪銀メダリストの朝原宣治さんや元プロテニスプレーヤーの沢松奈生子さんら多くの著名人ランナーに混じりながら、これ以上ない晴れやかな笑顔で指定コースを颯爽と走り抜け、アスリートの祭典に華を添えてくれた姿からは、本校関係者も思わず誇らしい気持ちになりました。

当日はリレーの様子がネット上でライブ配信され、各メディアでも報道されたことから、すでにご覧になられた方も多いことかと存じます。

本校ゆかりの田中さん・西岡さん2人への応援をありがとうございました。

 

田中希望さん、西岡 瞳さん2人の聖火リレー当日の様子を動画でご覧いただけます。

東京2020オリンピック聖火リレー ライブストリーミング

 

地元新聞の記事にも取り上げられました。

城跡のリレー聖火つなぐ 丹波篠山市の1日に密着

※記事は途中から会員限定記事になります。ご了承ください。

聖火リレー2日目 紀平梨花さんら113人がつなぐ 兵庫県

聖火リレー2日目 丹波篠山で午後1時スタート