SCHOOL

通信欄

2018年度カナダ•バンクーバー語学研修参加者説明会

2018/07/21

今年度から導入されるカナダ・バンクーバーでの語学研修が、いよいよ次週に迫りました

そこで、渡加直前の713()12の研修生とその保護者の方を対象に、最後の参加者説明会を開きました(当初予定の77()が大雨により休校となったための振替実施)。

松井学校長からは先の平成307月豪雨で被災し、亡くなられた方への哀悼とお見舞いの辞の後、「それでもこうして語学研修へ出かけられることに感謝しましょう」、またサッカーワールドカップ会場での日本人サポーターの振る舞いにも触れ、「海外でも日本人としての自信を持って行動してください」と、数々の言葉が贈られました。

さらに、本研修の担当旅行会社の方からは研修中もっとも重要とされるホームステイ先での過ごし方を、過去の事例紹介や具体的な持ち物等のアナウンスも交えながら、最後に念押しの意味を込めてご説明させていただきました。

現地の状況理解や研修での心構え、そして生きた英会話のためのレッスン…4月以来、何度も何度も研修を重ね、万全の準備を進めてきた研修生たちには現地でも臆することなく、しかし気を抜くこともなく、実り多い時間を過ごしてきてほしい。57人の研修生たちは、明後日723()、関西国際空港より空路バンクーバーへと旅立ちます。

なお、83()までの現地での研修の模様は、逐次この学園通信からご覧いただける予定です。保護者と関係者の皆様はぜひご利用ください。