SCHOOL

通信欄

コミュニティFM 2016年6月番組の収録

2016/06/01

毎月、三田学園生の元気な声を電波に乗せてお届けしている地元FM局の番組。勉学に、部活動にと、生徒たちがますます活発な日々を過ごしている6月は、鉄道研究部が登場し、収録を5月31日(火)、いつものハニーFMのスタジオで行いました。

さて、この学園通信をご覧の皆さんは鉄道研究部というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?世間一般には「てっちゃん」等と呼ばれるややマニアックな印象の鉄道ファンが集ったクラブ…というところでしょうか。本校の鉄研(鉄道研究部の略)にも、もちろんそうした探究心旺盛な生徒たちが集まっていますが、実は部活としての歴史は40年にも及び、今日のような鉄道ブームが起こる前から地道な活動を続けてきた由緒ある文化部のひとつです。

そんな鉄研の活動は部室での情報交換や研究の範囲を遥かに超えて、学校行事での展示やコンクールへの応募も盛んなジオラマづくり、さらには毎年長期休暇の恒例行事となった「鉄道の旅」まで実に多彩で、部員たちは休む間さえ惜しむほどの充実ぶりです。

今回マイクに向かってくれた高2・1人、高1・1人、さらに受験を控えて引退した高3・2人の男子計4人の部員たちも、鉄道に興味をもったきっかけから日頃の活動内容、今だから言えるとっておきの秘話、そして鉄道の奥深い魅力と、これまで募らせてきた思いの丈をマイクに向かって思いきりぶつけてくれました。

ハニーFMのDJ・戸川さんが鉄道好きだったということもあり、トークは収録の開始から終了までテンポよく、途切れることもなく、始終ヒートアップ。スタジオの熱気が手に取るように伝わってくる、そんな番組となりました。

リスナーの方にも鉄道ファンの方は少なくないと思われますが、夕方のひととき、少し手を休めて楽しんでいただきたい放送。明日6月2日(木)のオンエアです。

■今後のオンエア予定

6月2日(木) 17:15~17:45「ハイスクール特派員登場!」(鉄道研究部、毎月第1週放送)

ハニーFM 周波数82.2MHz(周波数82.2MHz、エリア内人口約30万人)