学園通信

BLOG

2019 David先生の英会話教室 2nd Season #1

2019/11/14

体育大会に桜陵祭…2学期はビッグイベントが目白押し。

そのため、日程の調整がなかなか難しかった「David先生の英会話教室」ですが、桜陵祭も終わったこのタイミングでの開講が決まり、11月11日(月)にはその1回目を開きました。

2019年の2nd Seasonとなる今期ですが、期間の短さから全2回の開催。会場も高校新館から桜陵館食堂に移し、参加対象も中3〜高3に拡大しての募集となりました。

そして、この日集まってくれたのは高2男子2人、高1女子2人の計4人。オーストラリア語学研修の事前研修と重なったことでの少人数レッスンになりましたが、海外語学研修参加者やESS部員…中身の濃い会話が期待できるメンバーに囲まれ、David先生も張りきってのスタートになりました。

なお、次回11月18日(月)のレッスン参加者を引き続き絶賛募集中です。参加してみよう!という本校生は担任の先生に申し出てもらえば、あとは当日、桜陵館食堂まで直接来てください。

お待ちしています!

Are you happy? Let's have a good English conversation with us. Join us now!

 

“What does Mr.David say?”──今期、受講生募集時に使ったポスターはDavid先生の発音する口元がビジュアル。導入でその話題を取り上げましたが、写真から正解のわかった人はいったい何人いたのでしょう(笑)。

前半“Travelling”テーマで、レッスン初参加の彼。“what is the most interesting city to visit in your country?”──彼が口にしたのは九州の一地方都市でしたが、思い入れを身振り手振りで一所懸命に伝えてくれました。

後半はレッスン名物のボードゲーム。“Rock-scissors-paper,1,2,3!”──じゃんけんに勝った人がボードの指示どおりにコマを進めていく万国共通のゲーム形式ですが、この日も場は最初から“heat up”の様相です。

“Have you ever been abroad?”“How many countries have you visited?”──止まったコマのQから会話していきますが、珍答奇答揃いの高校生たち。おっと!David先生と受講生のこの表情!!何があったんでしょうね(笑)。

進行するほどに、Qの内容も深まっていくのがこのゲームの醍醐味。“Do you miss japanese when you are abroad?”──受講生やDavid先生と会話の応酬を続けるうちに、彼女もこんな素敵な笑顔になりました。

そして、ゲームもいよいよ終盤。“What is your favorite city in Japan? Why?”──名物のとり天が美味しいからと、好きな街でも先程の九州の都市を挙げてくれた彼は、ノリノリのままレッスンを最後まで楽しんでくれました。

第69回 桜陵祭1日目 校内祭

2019/11/01

三田学園秋の二大行事、11月恒例の桜陵祭から本日111()は校内祭を開催しました。

小寺ホールのステージと各校舎での展示を、高3生(任意の観覧は)を除く中高全生徒が観覧する主旨の1日目。

小寺ホールでは午前に高校生が、午後は中学生が鑑賞の席に着き、吹奏楽部ダンス部ESS軽音楽部の4つの部活の渾身の演技を満喫しました。

また、中学3学年が各教室に展示する日頃の学習成果や気合の入った各文化部の展示等も、ステージ鑑賞の合間に多くの生徒たちが楽しみました。

明日112()の一般際では、高12が主体となっての高校各校舎でのイベントや高校体育館での模擬店が本格的に開催。一般祭限定の特別企画として、学園通信では既報のPM(プロジェクションマッピング)プロジェクト上映や、高2女子によるケニア国際ボランティア体験報告等、学外の皆様にもぜひご覧いただきたい充実のコンテンツが目白押しです。

明日の三田市の天気は快晴。最低気温7℃、最高気温22℃、降水確率は0%

これまでも雨に降られることが滅多になかった本校の文化祭ですが、明日も気候は最高のコンディション。

ご家族やご友人と一緒に、深まる秋の一日を、ぜひ三田学園桜陵祭でお楽しみください。

ご来校を心よりお待ち申し上げております

 

桜陵祭(文化祭)一般祭【見学自由】

112() 10:0015:00

中学本館他各校舎、記念図書館、小寺ホール、特設野外ステージ

ご来校される方へのお願い

・個人情報、肖像権の問題がありますので、当該生徒の保護者もしくは、学校から直接許可された方以外は写真(ビデオ)撮影はご遠慮ください。撮影されている場合、確認させていただくことがありますので、ご協力をお願いします。

・当該生徒の保護者の方であっても写り込み等で他の生徒が写っている場合、SNS等への画像、映像のアップロードについては十分にご配慮ください。

 

桜陵祭の準備

2019/10/31

 

三田学園秋の二大行事のトリを務める第69回桜陵祭。まだまだ先だと思っていたこのビッグイベントが、今週末にいよいよ迫ってきました。

明日11月1日(金)は校内祭、明後日2日(土)は一般祭(校外祭)を開催します。

本校中高生が日頃の学習の成果やクラスの絆を、また文化部を中心とする各部活はこの一年間の研究や制作・練習の賜物を。それぞれに工夫を凝らした展示や持てる力を120%発揮してのステージ等を通じて、保護者の皆さんをはじめ学外の方々に広くご披露します。

今日10月31日(木)はそんな桜陵祭に向けて、体育大会終了直後から取り組んできた準備の総仕上げの日。

中高各生徒そして文化部等の当該部員たちが、表情を輝かせながら奮闘した一日を写真とキャプションでお届けします。

明後日2日には、学園通信をご覧の皆様もぜひご覧になりにお越しください。

 

■桜陵祭(文化祭)一般祭【見学自由】

11月2日(土) 10:00〜15:00

中学本館他各校舎、記念図書館、小寺ホール、特設野外ステージ

ご来校される方へのお願い

・個人情報、肖像権の問題がありますので、当該生徒の保護者もしくは、学校から直接許可された方以外は写真(ビデオ)撮影はご遠慮ください。撮影されている場合、確認させていただくことがありますので、ご協力をお願いします。

・当該生徒の保護者の方であっても写り込み等で他の生徒が写っている場合、SNS等への画像、映像のアップロードについては十分にご配慮ください。

 

2019桜陵祭ステージ予告編

※BGMが流れます。音量にご注意ください。

 

午前

今日は終日準備日。中高ともに教室を念入りに清掃した後は、机やイスを撤去して展示用パネル台等を搬入。年間の最大行事を迎えた生徒会執行部も大活躍で、高校では団結式も行いました。

教科ごとの作成物を切ったり、貼ったり、並べたり…。中学ではどのクラスも展示物の準備に大わらわ。高校では待望の教室イベントの用意が、さすがは先輩!見る見る進んでいきました。

 

午後

昼いちばんに模擬店の食材が到着。会場となる高校体育館も生徒会執行部がしっかりと検分。そうしている間にも、中高それぞれの会場では展示やイベントの準備が着々と進んでいきました。

一方、文化部の展示準備は中高部員が一丸となって取り組み。一年間の集大成だけに、一つひとつの作品には言葉にならない思いも。人気部活も多く、毎年この展示は満員御礼が続出します。

一般祭当日、会場の各校舎では笑顔の本校生がお出迎え。高校本館ベランダには体育大会のバックシートも賑やかにお目見え。知的好奇心と娯楽欲求を満たしてくれる一般祭に、ぜひお越しください。

【本講座編】2019三田学園プロジェクション・マッピング講座 #5・6

2019/10/30

桜陵祭一般祭が今週末の11月2日(土)に迫り、PM講座「本講座」の制作はいよいよ大詰め。

今回の桜陵祭出品生5人(中1・1人、中2・2人、中3・1人、高1・1人)も、緊張した面持ちで5日目10月2日(水)、6日目10月26日(土)の残る講座に臨んでくれました。

まず、5日目は会場内での各作品の上映位置を決定するため、一般祭当日とまったく同条件で機材を設置。加えて、映像素材の完成を急ぎました。

中間考査のために3週間余りが空いた後の6日目には、完成した作品をシミュレーション上映。本番に向けて作品の最後の調整に入りました。

試験に宿題、部活等々、日々やらなければならないことに囲まれながらも、なんとか時間を工面し、自分の創造力のありったけをぶつけての日々。

悪戦苦闘もあっただろう受講生たちのこの1カ月を、いつものように写真とキャプションでご報告します。

 

■2019三田学園PMプロジェクト【桜陵祭当日の上映イベント】

イベント名:2019三田学園PMプロジェクト

作品発表日:2019年11月2日(土) 一般祭当日 10:00-15:00

会   場:高校本館2階5-5教室

 

【動画】2019PMプロジェクト予告編

 

5日目/10月2日(水)

制作の進捗状況は、受講生それぞれ。映像素材を撮影する生徒、原画の進め方を相談する生徒…初めてのことばかりに戸惑いながらの作業が続きます。

一方で、機材の設置場所を確定するのもこの日の重要なミッション。個々の作品を会場全体を見渡して配置し、さらに所定位置で微調整していきます。

モチーフに合わせてトリミングした映像素材は、ここで試しに投影。アニメーションは動くかな?映像の造形や色味はどうかな?試行錯誤にドキドキです。

写真左の作品を制作中の彼は、予期せぬアナログ手法でビッグバンを表現。自由なアートだけに、制作手法にもそれぞれのこだわりがあります。

平野先生に教職員も交えての合評。アート制作の基本が、他人の意見も採り入れながら作品を客観視してブラッシュアップすることだと理解しました。

 

6日目/10月26日(土)

6回連続の本講座もこの日が最後。平野先生が個別指導にあたられている間、機材を設置する受講生の手つきにもさすがの段取りの良さを感じます。

ちょうど1週間後が、桜陵祭一般祭の日。指導する平野先生、制作する受講生はともに真剣な眼差しで、少しでも良い作品に!という気概が伝わります。

PMの完成度を左右する最重要チェック項目の一つが、モチーフと映像素材の位置合わせ。この日の受講生たちに「妥協」の2文字はありませんでした。

今年の桜陵祭には、夏期集中講座で制作したイラスト&カットアウト作品も出品。習作とはいえ、PM空間を賑やかに盛り上げてくれるはずです。

窓外が暮れていくに従い、新しい4作品からは光と色彩の織り成す幻想的な空間が。学園通信をご覧の皆様も、11月2日はぜひ本校桜陵祭でお楽しみください。

前の5件へ