学園通信

BLOG

2019NPO法人アイセック・ジャパン高校出張授業

2019/07/16

昨年度、本校高校1•2年生の希望者を対象に行いましたNPO法人アイセック・ジャパン(以下、アイセック・ジャパン)様の出張授業を、今年度も開催しました。

AIESEC(アイセック)は126の国と地域に及び、7万人のメンバーを擁する世界最大級の学生組織。その日本支部、アイセック・ジャパン(各務茂夫代表、国内学生メンバー数1,600人、国内大学数25校)様は国内の学生や法人への働きかけを通じて、海外インターンシッププログラムへの参加機会を提供しておられます。

今年度の出張授業は79()、図書情報棟で実施。担当していただいたのは神戸大学在学中のメンバー9人の方々で、本校からは1学期末試験が終わったばかりの高1•19人、高2•5人の計24人が参加しました。

授業は、アイセック•ジャパン神戸大学委員会の村田隆範氏によるAIESECの概要紹介からスタート。受講生はすぐさま9つのグループに分かれ、それぞれに担当者がつくかたちでグループ内での自己紹介からアイスブレイクへと進みました。

場の雰囲気もすっかり和んだところで、この日の授業本編へ。まずはAIESECの主要4活動から受講生それぞれがやってみたい活動を選び、担当者の方々からブリーフィングを受けたり、自分の意見を述べたり。AIESECって何?AIESECの活動とは?理解が進むに従い、受講生たちも気分はすっかりアイセックメンバーになっていきました。

その後は、この日のテーマ「決断する」に沿って進行。高校卒業後に変わることを考え、決断する場面を想定し、そこで迷うことや悩むことをピックアップ。それらの“迷いごと”を目の前の大学生の先輩に相談するスタイルで、受講生は自分自身の大学生さらに社会人となってからの姿をシミュレーションしました。

一所懸命に聴く、自分で考える、一生懸命に話して伝える──。アクティブラーニングの醍醐味を体験するなかで、受講生たちは自分自身の将来に関する考察を深められたことでしょう。

この日、刺激を受けた本校生たちのなかから、いつの日か世界のリーダーとなれるような人物が生まれることを願っています。

NPO法人アイセック・ジャパン(AIESEC in Japan

 

2019東京研修事前研修 #2

2019/07/12

82()より23日で実施予定の東京研修。その事前研修2回目を710()、研修生24人全員の出席のもとに図書情報棟で行いました。

前回の事前研修で出されていた「現地での目標を決める」という宿題は、すでに研修生各人がタブレットを使って提出。そこで、この日は現地でお世話になる企業様とその研修内容に関しての理解を深めました。

研修先の丸紅株式会社様は総合商社にあたることから、研修生はまず総合商社の定義から勉強。そのうえで、同社の企業精神、社会や人に対する思い等を掘り下げて学びました。

こうして学んだことを実際の研修課題に取り組む際にはどう結び付けていくか。グループワークで互いの意見を交換するうちに、研修初日の様子が誰もにイメージできたのではないでしょうか。

同社からはすでに3つのビジネスプランが研修課題として提示されていますが、どれを選ぶか考えることが次回の事前研修までの宿題。なお、次回に決められるグループが東京で研修本番に臨む際のグループになります。

「東京体験」までカウントダウン…研修を実り多いものとするための学びは、まだまだ続きます。

2019東京研修

実施日:82()4()

訪問先:1日目 丸紅株式会社(講座、ワークショップ、オフィス見学)

    2日目 早稲田大学(オープンキャンパス)または東京大学

    3日目 フィールドワーク

中高別 集会(中学)

2019/07/10

7月10日(水)、中学でも集会が行われ、表彰伝達、全国壮行会等が行われました。

表彰者

陸上競技部

島 真之介(中3)

第73回兵庫県民大会 第72回兵庫県郡市区対抗陸上競技大会

○男子中学生 400m  第2位

第65回全日本中学校通信陸上競技大会 兵庫大会

○男子共通 400m   第2位

 

全国大会壮行者

弓道部 第16回全国中学生弓道大会

 ○男子個人の部  北山 晴登(中3)

 ○男子団体の部

 ○女子団体の部

<会場> 東京都 全日本弓道連盟中央道場

<日程> 2019.8.17(土)~18(日)

 

陸上競技部 第46回全日本中学校陸上競技選手権大会

 ○男子400ⅿ  島 真之介(中3)

<会場> 大阪市 ヤンマースタジアム長居

<日程> 2019.8.21(水)~24(土)

中高別 集会(高校)

2019/07/10

7月10日(水)、中学、高校それぞれで集会が行われ、表彰伝達、全国壮行会等が行われました。非常に多くの表彰者がいました。

(全国壮行者に向けて)

激励の言葉として

松井校長より

全国大会出場、おめでとう。サッカー部は、高校総体(兵庫県予選で)初優勝ですね。この優勝は過去の先輩方が築かれてきた歴史の上に達成された偉大な結果であると思います。また、全国大会の常連である卓球部、弓道部は、「今年も全国に行くのだろう」と当然のごとく思われるプレッシャーの中、よく頑張ったと思います。

サッカー部が学校で試合をしている時に、何度か見に行かせてもらいました。プレーをしている選手はもちろんのこと、本当に熱のこもった応援をしている部員の素晴らしさを目にしました。卓球部、弓道部も同じだと思いますが、試合に出た選手だけで成しえた全国大会出場ではないと思います。支えてくれる人、君たちの仲間、クラブ全員がいて初めて成しえたことであると思います。部員、全員に言いたいと思います。全国大会出場、本当におめでとう!!

生徒会長より

全国大会出場、おめでとうございます。本当に皆さんのことを尊敬しています。全国大会でも、日々の練習は裏切らないと思うので、頑張ってきてください。

返礼として

サッカー部 森田キャプテン

支えてくれた多くの人たちに感謝の気持ちをもちつつ、頑張ってきたいと思います。全国という大きな舞台を楽しんでプレーし、優勝を目指して頑張ります。

表彰者

自転車部

【チーム】

○県民大会

・チーム・スプリント 第3位

 本荘丹(高1)・太田敦也(高1)・西山央泰(高1)

○兵庫県自転車連盟会長杯

・4㎞チーム・パーシュート 第3位

 新谷僚大(高3)・本荘(高1)・太田(高1)・西山(高1)

○県高校総体 

・4㎞チーム・パーシュート 第3位

   新谷(高3)・本荘(高1)・太田(高1)・西山(高1)

【個人】

 新谷僚大(高3)

 ・1㎞タイム・トライアル          第3位

    ・3㎞インディヴィデュアル・パーシュート  第3位

 

陸上競技部 

○県高校総体

・400m        第3位  増田潮音(高3)

・4×400mリレー  第3位

   伊藤将永(高3)・遠近正陽(高3)・上野綾汰(高2)・増田潮音(高3)

 

卓球部

○県高校総体

・女子団体  第2位

・女子シングルス

 第1位  福岡 乃愛(高2)

・女子ダブルス

 第1位  福岡 乃愛(高2)山下 楓夏(高3)

 第3位  笠井 香伸(高3)稲山 さゆり(高2)

○ITTFジュニアサーキットゴールド・タイオープン

・女子団体 第2位  福岡 乃愛(高2)

 

ハンドボール部

○県高校総体 第5位

 

テニス部

○県高校総体  ・女子団体 第5位

 

サッカー部

○県高校総体  第1位(高3)

・優秀選手賞  指川 大輝(高3)高川 海亜(高3)

        石野 蒼(高3) 廣畑 晴揮(高3)

 

ワンダーフォーゲル部

○県高校総体 第3位

  古川凜太朗(高3)・柴田祥門(高3)・堺谷啓人(高2)・寶角勇哉(高2)

 

弓道部

○県高校総体

・男子団体 第2位

 岸本和磨(高3)・本田光騎(高1)・荒神陽向(高3)

 三井晃寿(高2)・宮之原健斗(高3)・崎本知椰(高3)

・男子個人

 第2位 岸本 和磨(高3)

 第7位 宮之原 健斗(高3)

 第8位 本田 光騎(高1)

・女子団体 第1位

 田中希望(高2)・亀井真地(高3)・松原もえ(高2)

 山本文香(高3)・松吉麻貴(高2)・山口友里華(高1)

・女子個人

 第1位 田中 希望(高2)

 第2位 亀井 真地(高3)

 

物理部

○ロボカップジュニア・ジャパンオープン2019和歌山

・NIPPON Leagueサッカー

 第1位 中村智央(高1)、西涼太朗(高1)

 

放送部

○第66回NHK杯全国高校コンテスト兵庫県大会

 TVドキュメント部門 奨励賞

 

全国高校総体壮行者

☆全国高等学校総合体育大会(インターハイ)出場者

卓球部

女子シングルス

 福岡 乃愛(高2)

女子ダブルス

  山下 楓夏(高3)/ 福岡 乃愛(高2)

     笠井 香伸(高3)稲山 さゆり(高2)

<会場>鹿児島市 鹿児島アリーナ

<日程>2019.8.15(木)~20(火)

 

サッカー部

<会場>沖縄県国頭郡 金武町フットボールセンター

<日程>2019.7.25(木)~8.1(木)

 

弓道部

○男子個人 岸本 和磨(高3)

○女子個人

 田中 希望(高2)、亀井 真地(高3)

○女子団体

 田中希望(高2)・亀井真地(高3)・松原もえ(高2)

 松吉麻貴(高2)・山口友里華(高1)・澤田咲良(高2)

<会場>都城市 早水公園体育文化センター弓道場

<日程>2019.8.7(水)~10(土)

2019東京研修事前研修 #1

2019/06/25

大学進学に社会人…高校生が将来のビジョンを描くうえで大きな選択肢の一つとなる「東京」。この日本の首都へ出向き、そこで大手企業や有力大学を直接的に体験することで、本校高校生のキャリア形成に役立ててもらおう。

そんな主旨から始め、3回目を迎えることになりました東京研修を、今年も実施します。

対象は高1•2生の希望者、行程は8月初旬の23日。すでに高1•7人、高2•17人の計24人が参加することになりましたが、本研修に先駆けての事前研修1回目を624()、図書情報棟で行いました。

担当教員から冒頭、「この研修では、具体的な目標は皆さんそれぞれが設定してください。皆さんが共有するのは、東京でそれぞれに目標を達成するということだけです」と、この研修があくまでも生徒の主体性に基づくものであることを説明。その後、行程を詳細に紹介しました。

後半では研修生たちが4×6グループに分かれ、早速「研修の目標」をグループ内プレゼン形式で発表。大手商社や都内の国立大•私立大を訪問先とし、最終日には本校独自のオリジナルフィールドワークも予定されている研修で、自分はいったい何を学び、得てくるのか?もちろん、目標がまだ定かではない研修生も多いため、質疑応答を交えながら各人が自らの考えをまとめることに集中しました。

現地での目標を決めるという宿題を残し、予定時刻よりも早く終了した事前研修でしたが、研修生には本研修の「目的」がしっかりと伝わったのではないでしょうか。

残念ながら昨年は台風の影響で本研修自体が中止されてしまいましたが、今年は彼ら彼女たちの気持ちがきっとお天気の神様にも通じるはず。

なお、研修生はあと2回の事前研修を経て、「東京体験」への準備を万端に整えます。

2019東京研修

実施日:82()4()

訪問先:1日目 丸紅株式会社(講座、ワークショップ、オフィス見学)

    2日目 早稲田大学(オープンキャンパス)または東京大学

    3日目 フィールドワーク

前の5件へ