SCHOOL

通信欄

校祖 命日

2020/09/25

9月27日は、三田学園の校祖である小寺謙吉先生のご命日です。27日は日曜日ですので、本日25日に各教室で映像配信の形の全校朝礼を行いました。

校長より

「校祖小寺謙吉先生の命日ですので、先生のことをお話したいと思います。先生の家はとても裕福な家庭であったそうですが、父親の泰次郎(たいじろう)さんから『一度決めたことは最後までやり遂げなさい』『人間の一生は長い。その間にお金はあてにはならない。今日巨万の富を持っていても、明日一文無しにならないとも限らない。頼りになるのは、自身の体力と意力である』と言われて育ったそうです。

 小寺先生が35歳の時に、現在の三田学園である三田中学校を開校されました。そして、46歳の時に、先生の弟である壮吉(そうきち)さんが経営されていた「小寺洋行」が、第一次世界大戦後の混乱とロシア革命後のルーブル暴落で致命的な打撃を受け、連帯保証人となっていた先生は多額の負債を抱えることになりました。その返済のために先生のご自宅(現在の相楽園)などを売却されました。銀行からは三田中学校の閉校も提案されましたが、『この教育事業は自分の命を賭した事業だから、それは断じて承認できない』ときっぱり断られたそうです。小寺家の危機に際しても、三田学園を守られた先生のご意志は父親泰次郎さんの教えがあったからかもしれませんね。

 先生のご命日に際し、改めて私たちは三田学園建学の精神である『質実剛健、親愛抱擁』について、今一度考えたいものですね。」

最後に小寺先生のご遺徳を偲び、生徒、教職員全員で黙祷を捧げました。

【特集】第106回 体育大会1【写真編】

2020/09/24

気持ちの良い秋晴れが広がった9月15日(火)。

三田学園秋の二大行事から、先陣を切って「第106回 体育大会」を催しました。

既報のとおり、今大会はプログラムと開催手順の大幅な縮小、そして保護者や学外からの一般観覧者の方にご遠慮いただく「無観客」。さらに、中高全生徒へのマスク着用(発声抑止)と応援時の拍手の励行、毎年会場を華やかに彩る高校生観覧席としてのバックシート利用の中止(全観覧席のテント利用)等、さまざまな制約が課されるなかでの開催となりました。

演技の練習時間やバックシートの制作時間も、決して十分とはいえなかったかもしれない。

それでも、当日の主役たる本校生たちは元気いっぱい!

与えられた環境下でそれぞれがベストを尽くすだけでなく、とりわけ、中学生、特に中1生たちの競技や演技に上級生たちが精一杯の拍手をもって応援する等、例年以上にハートウォーミングなシーンが随所に見られ、本校生たちは学校が一体となって過ごす時間を心の底から楽しんでくれたように思います。

今年が例年とは異なる特別な年であることは、誰もに異存のないところでしょう。

友人や学校の意義・価値といったものを自発的に感じ取り、だからこそ貴重な機会には全力で臨み、大切に取り組んでくれた三学生たち。

彼ら彼女たちの秋の一日を、合計600点近い写真や動画から選りすぐった静止画像=写真で以下に再現します。

当日は人工芝グラウンドでご覧いただけなかった保護者・一般観覧者の皆様も、若いエネルギーと情熱がほとばしる名場面・迷場面の数々を、ぜひお楽しみください。

なお、当日は八景中学校様、アメニス城山体育館様からテントをお借りしました。厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

◼︎演技「競技決勝」

 

【特集】第106回 体育大会2【写真編】へ続く

三田警察署「一日警察署長」

2020/09/22

既報のとおり、9月21日(月•祝)、本校高3の田中希望(たなか きらり)さんが三田警察署の「一日警察署長」に任命され、秋の全国交通安全運動に関する広報キャンペーン活動を無事に終えました。

当日、田中さんは三田警察署に到着すると、早速警察官の制服に着替え。この日用意されていたのはセレモニー時にしか着用しないとされる特別な制服と制帽で、いつもの道着袴姿とはまた違った凛々しさを醸し出しながら、その後に続く任務にあたってくれました。

以下、当日のスケジュールに沿いながら、慌しくも充実していただろう彼女の一日署長としての足取りを写真とキャプションで再現します。

14:30 委嘱式/三田警察署

パトカー&白バイとともに事前の記念撮影を終えた田中さんは、署長室へ。道家利幸三田警察署長からこの日の一日警察署長を任じられた後は、署長デスクに着席しての記念撮影。制服姿がすっかり堂にいった佇まいからは、この日限りとはいえ、署長としての違和感がまったく感じられませんね。

15:00 市内広報•街頭キャンペーン/三田駅ペデストリアンデッキ「キッピースクエア」

この日の主要任務、交通安全街頭キャンペーンは三田駅前広場で。三田市交通安全対策委員会、三田交通安全協会、三田警察署の関係者の方々とともに広場に立ち、紹介された後は、反射用標識材を封入した啓発グッズを道行く市民の方々に配布。手渡された方たちも、思わずニッコリです。

16:00 生番組出演/ハニーFM

もう一つの主要任務は、本校もお世話になっている地元コミュニティFM局•ハニーFMでの生番組出演。道家署長とともに秋の全国交通安全運動と三田警察署の取り組みに関して紹介する内容。「身が引き締まる思いです」とこの日の感想を述べながら、交通安全メッセージを力強く伝えてくれました。

秋の全国交通安全運動は今月9月30日(水)まで。この日の一日警察署長の思いが一人でも多くの市民の方に伝わり、地元•三田でも交通安全がますます進むよう、願うばかりです。

田中さん、秋の一日に大役、お疲れさまでした。

また、大変お世話になりました三田警察署、さらに三田市交通安全対策委員会と三田交通安全協会の皆様には、心より感謝申し上げます。

 

秋の全国交通安全運動の詳細は、三田市ホームページでご覧ください。

三田市/秋の全国交通安全運動

また、この日のハニーFM生番組出演の様子は、以下の同局アーカイブ放送からお聴きいただけます。

HONEY FM 82.2MHz>HONEY SOUND CA FE>【ゲスト】三田警察署の道家署長、一日三田警察署長を務めた田中さん

看護・医療ガイダンス

2020/09/18

今年は春先からの新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、医療への関心と医療従事者への感謝がかつてないほどに高まった年といえます。

本校でも将来、医療や看護の道へ進みたい、人の命を救い、健康の維持に寄与したいという希望を持った生徒が例年以上に増えたかもしれません。

そんな時代背景、社会環境の変化もあったなかで、中3〜高2の3学年の希望者を対象に、看護・医療ガイダンスを本日9月18日(金)、例年同様に開催しました。

今年度は近隣の医療看護系大学から6大学にご協力いただき、「看護」「薬学」「歯学」「医療総合」「臨床検査」「診療放射線」の6分野で開催。

社会的にオンラインでのミーティングやガイダンスが一般化してきたこともあって、5大学ではオンラインによる双方向型の説明が行われました(1大学は図書情報棟で対面によるガイダンスを実施)。

高校本館の各教室で待ち受ける受講生たちは、タブレットを介して黒板上のスクリーンにスライドや大学担当者の方の姿が映し出されると食い入るようにお話を傾聴。オンライン学習にすっかり慣れていることもあり、わずか40分程度のガイダンスでしたが、最後は納得の表情を浮かべていました。

2020年という一つの区切りの年に、このガイダンスがきっかけとなって、彼ら彼女たちがそれぞれの夢に邁進していけるよう応援せずにはいられません。

ご協力いただいた各大学関係者の皆様には、厚くお礼申し上げます。

また、本日のガイダンスでは株式会社さんぽう様に運営上のご尽力をいただきました。ありがとうございました。

本校では今後もICT等を駆使しながら、時代に即したキャリア教育を適宜行ってまいります。

前の10件へ