理念

PHILOSOPHY

建学の精神

質実剛健
親愛包容

「質実剛健」とは自らを飾らず、たゆまぬ努力で鍛えること。
「親愛包容」とは他者に、あたたかく包み込むような心構えで接すること。

明治45 年(1912年)の創立以来、三田学園のすべての教育活動の根本に一貫して流れてきたのが、この建学の精神でした。今日この精神は、「知・徳・体」のバランスのとれた全人教育に具体化され、教育理念として生徒たちに脈々と息づいています。

校祖紹介

教育と政治の両面に大きな足跡を残した、
国際性あふれる明治の賢人

学問への情熱と国際的視野、そして“公”への献身

三田学園の創立者・小寺謙吉先生は、旧三田藩士であった小寺泰次郞の長男として明治10年(1877年)、神戸に産声をあげました。その父からは、質実剛健な気風とつねに“公”のために尽くすという厳しい倫理観を受け継ぎ、また幕末に西洋文明を積極的に取り入れていた旧三田藩からは、広く海外の知識や学問に目を向けることの必要性を学びました。
20歳からの10年間、米国のコロンビアン大学とジョンズ・ホプキンス大学を皮切りに、ハイデルベルク大学、ウィーン大学、ジュネーブ大学、ケンブリッジ大学と欧米各国で国際法の研鑽を積み、世界的視野に立って日本の未来を考える姿勢を身につけました。
こうして、小寺先生は帰国後には国政に進出し、31歳の初当選から6期にわたって衆議院議員として活躍。その間には立憲民主政党の要職に就くなど、大きな足跡を残しました。また、後に神戸市長にも就任しています。

理想の全人教育を実現するために三田学園を設立

一方で、小寺先生が帰国後すぐに着手したのは、「知育、体育と併せて生徒の徳性の涵養を主とする教育」を目指し、英国の名門イートンカレッジを模範とした郷里・三田での学校の設立でした。「国を興し、民生を豊かにするには教育しかない」との信念から明治45年に創立されたこの学校は、やがて三田学園と呼ばれ、中高6年間の一貫教育で全国的にも知られるようになりました。
自らを律することに厳格だった小寺先生は、生徒や教師とのつながりをとても大切にし、「質実剛健・親愛包容」という建学の精神をあらわしました。三田学園はこの精神のもと、勉学と部活動の「文武両道」による全人教育を創立以来今日までしっかりと受け継いでいます。
大学と見間違うほどに広大で自然豊かな、三田学園のキャンパス。そこでは、今日も生徒たちが小寺先生の教えを胸に心身を鍛え、自らの可能性を伸ばしていくなかで、おおらかで豊かな人間力を互いに高め合っています。