沿革

HISTORY
明治40年 三田町長北村万次郎、有馬郡書記有井武之助両氏の斡旋により土地買収
明治44年
9月
本館の建築着工
11月
財団法人設立許可
校名を「私立三田中学校」と定める
明治45年
4月
開校、小寺謙吉初代校長就任
5月
第1寮(紫瀾寮)竣工
大正2年
2月
第2寮(至清寮)竣工
大正3年
4月
今西嘉蔵校長就任
第3寮竣工
大正4年
3月
東館落成、理科教室設備完成
4月
第4寮竣工
大正5年
12月
講堂、第5寮竣工
大正6年
3月
校歌制定
11月
第6寮竣工
大正7年
10月
第7寮竣工
大正8年
4月
第8寮竣工、摂生病舎新築
大正9年
4月
第9寮竣工
9月
校名を「三田中学校」と改称
大正10年
3月
第10寮竣工
10月
創立10周年記念祝賀式開催
大正12年
9月
第2校歌制定
大正13年
12月
東京遊学の卒業生の宿舎、会合所として目黒駒場に桜陵会館落成
昭和9年
4月
工作館完成
昭和12年
8月
創立25周年記念図書館竣工
10月
創立25周年記念式典挙行
小寺校主、今西校長両氏の胸像除幕
12月
相撲場新設
昭和20年
3月
中学校が4年制となったため、4•5年生が同時に卒業
昭和22年
4月
校主小寺謙吉が神戸市長に当選
昭和23年
4月
新制「三田高等学校」「三田中学校」併置
今西嘉蔵高等学校長、倉部勇中学校長就任
昭和24年
9月
校主小寺謙吉逝去、小寺泰子理事長就任
昭和25年
1月
門野茂次高等学校長就任
昭和26年
3月
学校法人三田学園設立許可
10月
苦瓜恵三郎校長就任
昭和27年
11月
創立40周年記念式典挙行
昭和33年
11月
亀岡寛治校長就任
昭和35年
7月
中学2年生、臨海訓練を浜坂町諸寄で再開
昭和36年
4月
創立50周年の新校舎着工
昭和37年
6月
高校新校舎竣工
10月
創立50周年記念祝賀式開催
昭和40年
7月
水泳プール完成
昭和42年
4月
校名を「三田学園中学校」「三田学園高等学校」に変更
昭和43年
4月
梶谷巳嘉校長就任
昭和46年
7月
創立60周年を記念し、高校新館、体育館竣工
第2グラウンド、硬式テニスコート完成
昭和47年
10月
創立60周年記念式典挙行
昭和50年
1月
高校特別教室竣工
昭和52年
4月
後藤光男校長就任
昭和56年
6月
兵庫県高校総体で総合優勝
9月
若林光理事長就任
12月
創立70周年を記念し、中学新本館、柔剣道場、弓道場、食堂竣工
昭和57年
10月
創立70周年記念式典挙行
昭和59年
4月
高校1年に特進クラス設置
12月
高校本館増築
昭和61年
4月
木下儀次校長就任
平成元年
4月
寮生募集停止
平成3年
8月
創立80周年を記念し、KODERA HALL(講堂兼体育館)、中学特別教室着工
平成4年
1月
中学野球場改修、軟式テニスコート完成
4月
住谷昭一校長就任
5月
中学特別教室竣工
6月
西門義博校長就任
8月
KODERA HALL(講堂兼体育館)竣工、弓道場完成
10月
創立80周年記念式典挙行
平成5年
3月
第2寮閉寮、合宿寮となる
6月
高校本館増改築工事開始
8月
諸寄臨海訓練終了
10月
図書館修復工事終了
平成6年
3月
高校本館増築工事竣工
平成7年
3月
第1寮閉寮
阪神淡路大震災により被災した中学本館内装修復工事終了
平成8年
8月
中学本館に資料室完成
平成10年
4月
中学本館、記念図書館、国の登録有形文化財に指定
平成11年
3月
全館(中・高)教室に冷暖房設備完備
4月
西門義博理事長就任、山口義雄校長就任
平成14年
3月
創立90周年事業として、運動部部室竣工
中学本館、東館、記念図書館等改修工事終了
平成15年
8月
中学本館に第2資料室完成
10月
創立90周年記念式典挙行
平成16年
4月
森田静重校長就任
平成18年
4月
辰巳章校長就任
平成20年
4月
創立100周年記念事業に伴う施設整備開始
平成21年
1月
桜陵館(同窓会室・食堂)竣工
3月
中学新館増築部(職員室・家庭科教室)、硬式テニスコート(砂入り人工芝)竣工
4月
上中一雄校長就任
中学入学生より男女共学開始
8月
図書情報棟竣工
平成23年
10月
高校女子更衣棟竣工
平成24年
4月
高校入学生より男女共学開始
10月
創立100周年記念式典挙行
平成25年
4月
裏井勝也校長就任
6月
北畑隆生理事長就任
平成26年
4月
北畑隆生校長就任(理事長兼任)
中学・高校全学年男女共学完了
9月
人工芝グラウンド竣工
平成27年
4月
松井忠幸校長就任
中学コース制導入
平成28年
5月
高校本館中庭完成